住まいと暮らし 健康・介護・福祉 子育て・学校教育 観光・イベント 行政情報
よく使う手続きへの近道
妊娠・出産
育児・保育
結婚・離婚
退職
死亡
巡回バス
ゴミ
引っ越し
環境
各課のページ
よくある質問
ご意見・お問い合せ
2013年4月の記事

スポレク祭・ねんりんピック・全国参加選手交歓グラウンド・ゴルフ大会

2013年04月29日(月)

 古谷町長は、平成25年4月29日、国体記念運動広場で開催された「スポレク祭・ねんりんピック・全国参加選手交歓グラウンド・ゴルフ大会」に出席しました。  県内から400人を超える愛好者が集い、腕を競うとともに友好の輪を広げるこのイベントの開催にあたり、来賓として挨拶した古谷町長は「県内各地域より参加されました選手の皆様、ようこそ杉戸町にお越しいただきました。心から歓迎いたします。ここ国体記念運動広場が、平成16年度に開催された埼玉国体のグラウンド・ゴルフ競技会場地として整備され、現在、町民のスポーツ振興はもちろん、健康増進の拠点として利用をいただいているところでございます。・・・日頃の練習の成果を存分に発揮され、充実した一日としていただきたいと思います。」と激励の言葉を述べました。  

まちづくり懇談会を開催しました

2013年04月21日(日)

 古谷町長は、平成25年4月21日、13時30分から深輪産業団地地区センターにおいて、まちづくり懇談会を開催しました。  古谷町長は、「町民の皆様と行政が、全ての分野でよきパートナーとしてみんなで協力し、協働のまちづくりを進めていくため、みんなで知恵を出し合い、同じ目標に向かってよい町をつくっていきましょう」とあいさつしました。  その後、町長自らが平成25年度のまちづくりの方針や予算のあらまし、また自治基本条例の制定への取り組みや町立幼稚園の再編についての考え方を説明しました。  会場の皆様からは意見や質問が多数寄せられ、活発な意見交換が行われました。  なお、平成25年4月24日19時から、すぎとピアにおいて、また4月25日19時からは杉戸町西公民館で開催されます。

杉戸町とJAF埼玉支部 包括協定調印式

2013年04月18日(木)

 古谷町長は、平25年4月18日、JAF、日本自動車連盟埼玉支部と観光情報発信などで協力する包括協定書の調印を行いました。  調印式の席上、古谷町長は、「当町の恵まれた道路環境を観光などの面で活かすためにも、町の情報をドライバーの方々に直接発信していくことは、大変意義深いことで・・・」また、「今回の協定によりまして、農業振興・観光の拠点である「道の駅アグリパークゆめすぎと」を中心とした観光ルートや、わが町は誇る農産物、推奨品を、JAF会員の皆様にPRさせていただくことは、町の観光振興に向けて大きな力になるものと期待を寄せるところでございます。」と挨拶しました。  この協定は、杉戸町とJAF埼玉支部が包括的な連携のもと地域観光の振興、JAF会員向けの良質なサービス提供に関して相互に協力し、地域社会の発展とJAF諸事業の拡充に寄与することを目的とし、JAF会員向けの情報誌などに掲載する内容について企画段階から協力し、ドライバーの観光誘致を図るものです。  

高野台さくら祭りに出席しました

2013年04月07日(日)

 古谷町長は、平成25年4月7日(日)、西公民館で実施された、杉戸高野台さくら祭実行委員会主催による「高野台さくら祭り」に出席しました。  当日は天候の関係で各種イベントが西公民館で実施されましたが、開会のセレモニーでは、古谷町長は「本日は、悪天候のなかでも、皆様の元気な笑顔をみることができて、非常にうれしく思います。・・・今年のイベント内容では、地域の方々や、誰もが楽しめるイベントとして、大道芸や民謡など様々な催しが行われるほか、富岡町の方々がよさこいソーランを披露すると聞いています。どうか、ご来場の皆さま方には、思う存分、楽しんでいただくとともに、関係者の方々におかれましては、より多くの方々に杉戸町の良さをアピールしていただき、『町民みんな』で、杉戸町を元気な町にしていけるよう、願っております。」とあいさつしました。    

富岡町の桜を観る会に出席しました

2013年04月07日(日)

 古谷町長は、平成25年4月7日(日)、幸手市老人福祉センターで開催された、「4月7日、あの桜の下に集まろう」をテーマとした「富岡町の桜を観る会」に出席しました。  来賓として招待された古谷町長は、「今日は残念ながら雨のため「富岡の桜」を観ることはできませんが、このように、各地に避難されている方々と関係者の皆様が集い・語り合うことは、この交流の絆を通じて皆さんの心が癒され、大変有意義であると感じるところであります。私は引き続き、避難者の方々へのご支援に努めるとともに、またいつの日か、皆様と一緒に夜ノ森の桜を観たいと思っております。」と激励のあいさつをしました。  幸手市の権現堂桜堤には富岡町の桜が移植されていることから、杉戸町と友好都市を提携する福島県富岡町の避難住民の方々が中心となり、全国に散った富岡町民や避難者の方々が、この桜の木の下で再会し、友好を深めようと開催したものです。会場に集まった富岡町民の方々は再会を喜び合っていました。

自転車安全教育推進協議会加入の締結式

2013年04月01日(月)

 古谷町長は、平成25年4月1日(月)、一般社団法人 ISM 教育総合研究所と「自転車安全教育推進協議会加入の契約」の締結を行いました。  自転車利用の際に万が一、相手を死亡又は同等の状況に至らしめる事故を起こしてしまった場合には、子ども本人及びその保護者が賠償責任の負担を保険なしで果たすことは困難な状況のなか、古谷町長は、「子育て日本一をめざす本町として、そのような場合に備えて、町内全小中学生を対象とした保険に加入することにより、子どもと、子育て家庭のくらしを守る取組を推進することが大切であると考えております。」と事業の意義を話しました。

もどる