住まいと暮らし 健康・介護・福祉 子育て・学校教育 観光・イベント 行政情報
よく使う手続きへの近道
妊娠・出産
育児・保育
結婚・離婚
退職
死亡
巡回バス
ゴミ
引っ越し
環境
各課のページ
よくある質問
ご意見・お問い合せ
2013年6月の記事

“学びは生きがい”すぎと町民大学開校

2013年06月29日(土)

 古谷町長は、平成25年6月29日(土)、カルスタすぎとで開催したすぎと町民大学開校に伴う、入学式及び公開講演会に出席しました。  古谷町長は、入学式の式辞で「本日ここに、念願のすぎと町民大学の開校が叶い、ご来賓の皆様のご臨席を賜り入学式が開催できますことを大変うれしく思っております。・・・本日、すぎと町民大学に入学されました27名の皆様、入学おめでとうございます。・・・本日入学された、第1期生の皆さんには、町民大学の学習過程の勉強は勿論のこと、学生同士や各指導者とも交流を深めていただき、すぎと町民大学の学生としての自覚を持ち、実り多い学生生活を送っていただくとともに、積極的にまちづくりや地域活動に活躍されることを期待しております。」と述べました。  入学式に続いて、「生涯学習とまちづくり」を演題に、東京国際大学講師の栗原保先生の講演会が行われました。  杉戸町では、生涯学習環境の更なる充実、協働によるまちづくりの促進を図るために、今年度新事業として「すぎと町民大学」を開校しました。これは、様々な学習プログラムの提供や学生による自主活動を通じて町民の学習意欲に応えるとともに、杉戸町発展のための人材やまちづくり、地域づくりのリーダーとなる人材を育成するものです。今年度20回の学習課程が用意されています。

第10回杉戸アースデーが開催されました

2013年06月22日(土)

 古谷町長は、カルスタすぎとで開催された杉戸アースデーを、平成25年6月22日見学しました。  初めてのイベント『小学生環境ポスター展』では、町内の小学生か描いた約230点のポスターが会場内オープンギャラリーの壁面全体に展示され、古谷町長は児童たちの力作を鑑賞しました。また、『杉戸の自然発見と身近な自然エネルギーを考える』をテーマに環境に興味関心を持つ各種団体、町内NPO法人等による様々なエコ展示が設置され、それぞれの説明を熱心に聞いて回りました。

高野台小学校 平成24年度全日本学校関係緑化コンクール入選

2013年06月13日(木)

 高野台小学校川上校長と児童が平成25年6月13日、古谷町長を表敬訪問しました。  同校は、平成24年度全日本学校関係緑化コンクール学校環境緑化の部で入選を果たし、去る5月26日(日)、鳥取県南部町で開催された全国植樹祭において行われた表彰式に、川上敏彦校長が学校代表として出席しました。  古谷町長は、代表で訪問した児童に受賞の栄誉をたたえ、今後も普段からの学校美化・緑化活動に頑張ってくださいとエールを送りました。

杉戸ジュニアテニスの3選手 第30回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会へ出場

2013年06月13日(木)

 古谷町長は、平成25年6月13日、杉戸ジュニアテニス所属の3選手の表敬訪問を受けました。  去る5月12日(日)、熊谷市で開催された「全日本小学生ソフトテニス選手権大会予選会」において、「男子の部」で杉戸ジュニアテニス所属の岡安龍貴 選手(小6)ペアが優勝、後田簾 選手(小5)・竹谷航洋 選手(小5)ペアが4位に入賞し、8月に山梨県甲府市・笛吹市で開催される、「第30回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会」出場の切符を手にしました。  「全国大会で優勝して、またいい結果を報告できるように頑張りたい!」と意気込みを話してくれました。

ふるさと元気村がすぎとピアにオープンしました

2013年06月03日(月)

 古谷町長は、平成25年6月3日(月)、すぎとピアに装いも新たにオープンしたふるさと元気村を視察しました。  ふるさと元気村(高齢者筋力トレーニングルーム)は、旧シルバー人材センターから移転したもので、トレーニングマシンも1台増えて、新規オープンを迎えました。  たくさんの方のご利用をお願いします。  

避難者交流会に出席しました

2013年06月02日(日)

 古谷町長は、平成25年6月2日(日)、エコスポいずみで開催された避難者交流会に出席しました。  古谷町長は来賓の挨拶で「上尾シラコバト団地被災者の会の福島県浪江町の皆様を心から歓迎します。・・・本日の交流会にて集い、語り合って絆を深められることは、大変有意義であると感じるところであります。」と話しました。  この交流会では、東日本大震災で避難されている、福島県浪江町の皆様が来町し、「杉戸元気会」の福島県富岡町の方々と、お互いに近況を報告するなかで、悩みを分かち合い、これからの希望を共有しながら絆を深められていました。

もどる