Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    医療保健関連情報

    脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に関する情報
     

     脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは、交通事故やスポーツ外傷など身体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ減少することによって、頭痛、吐き気、めまい、頸部、背部の痛みなどさまざまな症状を引き起こす病気とされています。
      現在この病気については、国の研究班により統一的な診断基準や有効な治療方法の研究が行われている段階であり、診療及び特定の治療法を行っている医療機関の情報を得ることが困難な状況にあります。
     埼玉県では県内の全病院を対象に調査を行い、ホームページによる情報提供をしておりますので、ご確認ください。

    関連情報リンク 

     埼玉県ホームページ
        脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診察・治療が受けられる医療機関

    文部科学省ホームページ
    脳脊髄減少症


    更新日:2015年01月07日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ