Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      各手当の申請
      (1)特別児童扶養手当
      対象者
      次のいずれかに該当する20歳未満の障がい児を養育している父母又は養育者です。
      (1)身体に重・中度の障がい又は長期にわたる安静を必要とする人。(概ね身体障害者手帳の等級1級から3級と4級の一部)
      (2)精神の障がいであって、(1)と同程度以上の人。
      (3)身体又は精神の障がいが重複する場合であって、(1)又は(2)と同程度以上の人。
      支給制限
      (1)障がい児が施設に入所中の人。
      (2)障がい児が児童の障がいを支給事由とする公的年金を受給している場合。
      (3)前年の所得が一定額以上の場合。
      支給額
      重度障がい児1人につき月額51,500円(平成28年4月現在)
      中度障がい児1人につき月額34,300円(     〃     )
      必要書類
      ・請求者及び児童の属する世帯全員の住民票(本籍地、続柄が記載されているもの)
      ・請求者及び児童の戸籍謄(抄)本
      ・障害者手帳(取得している人)
      ・認定診断書(省略できる場合もある)
      ・請求者の預金通帳
      ・印鑑
      ・請求者の個人番号カード(12桁のマイナンバー、顔写真付き)
      (個人番号カードがない場合、個人番号通知カードまたは個人番号記載の住民票と官公署発行の本人確認できるもの)
      ・請求者の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)
      ・児童および同居する扶養義務者の個人番号カードまたは個人番号通知カード
      ・委任状(請求者以外の方が申請する場合)
      窓 口
      子育て支援課 子育て支援担当

      (2)児童手当
      子どもを養育している人に手当を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う子どもの健全な育成及び資質の向上に資することを目的として支給されます。
      対象者
      中学校3年生までの子どもを養育している人。
      支給制限
      所得制限あり(H24.6月~)

      扶養親族等の数所得制限限度額(万円)
      0622
      1660
      2698

       ※扶養親族数の数が3人以上の場合の限度額は、扶養親族2人の限度額に一人につき38万円加算した額。


      所得が上記の額以上の場合、特例給付として児童1人当たり月額5,000円を支給します。
      支給額
      0歳~3歳未満(一律)          月額15,000円
      3歳~小学校終了前(第1子・第2子)  月額10,000円
          〃       (第3子以降)   月額15,000円
      中学生(一律)              月額10,000円
      「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。
      必要書類
      ・請求者の健康保険証または年金加入証明書(厚生年金加入の方)
      ・請求者名義の預金通帳やカード(振込先がわかるもの)
      ・印鑑
      ・転入の方は請求者と配偶者の所得証明書
      ・請求者の個人番号カード(12桁のマイナンバー、顔写真付き)
      (個人番号カードがない場合、個人番号通知カードまたは個人番号記載の住民票と官公署が発行した本人確認できるもの)
      ・請求者の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)
      ・委任状(請求者以外が申請する場合)
      ご家庭の居住状況等により、別途提出書類が必要になる場合がございます。
      窓 口
      子育て支援課 子育て支援担当

      (3)児童扶養手当
      対象者
      父母の離婚、父または母の死亡などによって父または母と生計を同じくしていない児童の世帯に手当を支給するもので、父または母が重度障がい者である場合、児童を監護している父母又は父母に代わり児童を養育している人にも支給されます。支給は18歳になった年度末(3月31日)までとなります。一定の障がいのある児童については20歳に達するまで支給されます。
      支給制限
      前年の所得が一定額以上の場合又は老齢福祉年金以外の公的年金を受けている場合。
      支給額

      平成28年8月現在の手当額

      児童1人の場合 月額42,330円(全部支給の場合)

                 月額42,320円~9,990円(一部支給の場合)
      児童2人の場合  1人の場合の月額 +10,000円  

                                 月額9,990円~5,000円(一部支給の場合)

      児童3人目から  1人につき月額6,000円を加算

                 月額5,990円~3,000円(一部支給の場合)

      児童扶養手当は、所得制限があります。

      所得制限額は、扶養親族等の数に応じて額が変わります。

      また、申請する方やその配偶者、及び同居等生計を同じくしている

      扶養義務者(申請者の直系血族、兄弟姉妹)の所得により、

      手当の支給に制限があります。

       

       

      所得制限額等詳細については、お問い合わせください。

       

      必要書類

      ・請求者及び児童の戸籍謄本
      ・請求者及び児童の世帯全員の住民票(本籍地、続柄が記載されているもの)
      ・印鑑
      ・年金手帳
      ・請求者名義の預金通帳
      ・請求者の個人番号カード(12桁のマイナンバー、顔写真付き)
      ・請求者の個人番号カードがない場合は、個人番号通知カード(12桁のマイナンバー、顔写真なし)および官公署が発行した顔写真付きの本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)
      ・児童および同居する扶養義務者の個人番号カードまたは個人番号通知カード
      ご家庭の居住状況等により、別途提出書類が必要になる場合がございます。


      窓 口
      子育て支援課 子育て支援担当


      必要書類をご用意いただき、子育て支援課の窓口に申請してください。
      ※手続きには、申請書類をご記入いただくため、10分~30分程度時間が掛かる場合がございます。


      音声ファイル:再生する
      更新日:2017年03月29日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ