杉戸町立西小学校
平成28年度 学校経営について
          平成28年度 学校経営方針

                                                                                                                                                    杉戸町立西小学校    
1 学校教育目標  ○「すすんで学び すすんで実行」 -生きる力の確立-    

2 目指す学校像 「勢いのある西小学校」「チーム西小」

○児童にとって 「楽しく学びたくなる西小学校」
 
○保護者にとって「通わせたくなる西小学校」
 
○教職員にとって「心から勤めたくなる西小学校」

 ◎西小学校「あ・い・う・え・お」作戦   

    いさつが元気にできる学校   
    じめのない学校   
    つくしい学校   
    がおがあふれる学校   
    もいやりのある学校    
 
 ・5つのゼロ作戦の励行・徹底   
   
    ○交通事故ゼロ   
    ○不登校ゼロ   
    ○朝食欠食ゼロ   
    ○むし歯ゼロ  

3 目指す教師像 「人間性豊かな教師」   

    ○児童のよさをほめて伸ばせる教師   
    ○温かさと厳しさと優しさのある教師
  ○しなやかな感性をもち、常に学び続ける教師

4 目指す児童像

  ○自ら考え、判断し、豊かに表現できる児童
  ○互いに尊重し、思いやりのある児童   
    ○夢に向かって本気で努力する児童  

5 本年度の経営方針

  ◎夢いっぱい 笑顔いっぱい 感動いっぱいの西小っ子の育成   
      ~自ら学び 自ら考え 未来を切り拓こうとする西小っ子の育成~  
     
 日々変容する児童の具体的な姿により、
「児童にとって、行(生)きがいのある学校づくり」
「保護者・地域にとって、行(生)かせがいのある学校づくり」
「教職員にとって、ともに磨きあい高めあい、行(生)きがいのある学校づくり」の推進

〈目指す学校像〉
「保護者や地域とともに力を合わせ、子どもたち一人一人を確かに成長させる学校」

〈目指す教職員像〉  
・教育者としての使命感と愛情を持つ  
・教育者としての専門的指導能力と向上心を持つ  
・社会人としての常識を持ち、組織人として行動する  
 
6 経営の重点

(1)学習指導要領の趣旨に基づき、確かな学力をつける実践に努める。

・児童を主体とした質の高い授業の実践と授業の中での自己実現に努める。
・「わかった、できた!」といった感動の共有と学びの実感ある授業を展開する。

(2)全教育活動を通して、心豊かな道徳教育の実践に努める。

・道徳の時間を核として心に響く授業の実践に努め、資料の共有化を図る。
・道徳教育推進教師を中心に道徳的実践の視点を明確にした実践に努める。

(3)安心・安全を確保し、潤いと清潔感あふれる環境づくりに努める。

・言語活動の整備、花と緑とあいさつのあふれる教育環境づくりに努める。
・教育効果を高める施設・設備の充実と予算を有効に執行する。

(4)地域のニーズを的確に受け止め、地域・保護者との絆を深める。

・学校応援団
・おやじの会等を活かした教育活動の工夫改善に努める。
・家庭・地域との連携を深め、開かれた学校づくりに努める。

(5)教育機器の活用と共に学校の情報化に努める。

・メール配信システム、ホームページを通して、広く教育情報の提供に努める。
・児童・保護者・教職員の個人情報の漏洩防止の徹底を図る。

(6)「学び続ける教師」として、指導力・資質を高めあう研修に努める。

・教職員一人一人の持ち味やよさが発揮できる環境の醸成に努める。
・謙虚に学ぶ姿勢と子どもの目線に立った授業の実践に努める。
・「西小学校教師塾」を基盤に、先輩教師が後輩教師を教え育てる。

  7 特色ある具体的な取組

 ◎学年・学級経営の充実を図り、温かい人間関係を構築し学級経営力を高める。
 ◎小・中学校9カ年を見通した教育計画を作成し、小・中学校の連携を図る。
 ◎体験活動を重視した教育活動を展開し、児童に満足感・成就感を味わわせる。
 ◎児童一人一人のよさをほめて伸ばす指導を徹底し、自己肯定感を高める。
 ◎心に響く道徳教育の充実に努め地域連携を拡充し、地域の教育力を高める。
 ◎学校図書館を情報センターとして、総合的な学習の時間や読書活動等の充実を図る。

  8 指導の重点

(1)学習指導の充実

    学級経営力の充実...授業は学級経営が基盤、授業の中での自己実現
    基礎基本の確実な定着...学習規律の確立、板書の工夫改善、家庭学習の習慣化言語活動の充実、読書指導の充実、指導法の工夫改善「読み、書き、計算」の徹底
    「つなぎ」を大切にした授業の充実...「教師と児童をつなぐ、児童同士をつなぐ」
    教育相談的手法を活かした授業の充実...児童のつぶやきや本音を引き出す授業

(2)生徒指導・教育相談、特別支援教育体制の一層の充実

    「時を守り、場を浄め、礼を正す」...率先垂範、まず教師が手本を示す
    基本的な生活習慣(規律ある態度)の確立...心を育てる、家庭へ啓発
    積極的な生徒指導と不登校児童ゼロ...「報告 連絡 相談 見届け」の徹底
    生徒指導上の課題...担任一人で抱え込まない 組織・チームで対応
    特別支援教育的視点に立った教育...ユニバーサルデザインの積極的な活用

(3)心の教育の充実

    心に響く道徳授業の充実と実践的態度の育成...失敗談を語れる教師
    人権教育の推進...人権感覚の研鑽、いじめ問題は学校全体で対応
    特別活動等を通して異年齢集団活動の充実...縦割り活動の積極的な導入等

(4)体力向上の充実

    体育授業の充実と指導法の工夫・改善...学習規律の徹底、運動量の確保
    年間を通した業前運動の推進...すこやかタイムの工夫・改善
    運動遊びの日常化の推進...業前や休み時間の外遊び、なわ跳び等の奨励
    健康教育の推進と全校児童欠席ゼロ日の達成...「早寝・早起き・朝ごはん」の徹底

(5)安全教育の充実

    安全な生活を送るための習慣化...けがの防止、「自分の命は自分で守る」
    交通事故防止...安全指導の徹底、交通安全教室の実施、「自転車の乗り方」等
    防災体制の見直しと改善...多様な危機管理意識の指導・高揚
    防犯意識の高揚...不審者、不審電話への対応への継続的な指導

(6)教育環境の整備・充実

    教職員「一人1改善」の推進...学校改善(学習環境、施設、設備等)
    掲示教育の充実...季節感を考え、(校舎内外の掲示物の工夫、教室掲示の工夫)
    校舎内外の美化活動の推進...清掃活動の充実・見届け、学校・学年花壇の有効活用

(7)家庭・地域との連携

    家庭とのきめ細やかな連絡と情報の共有...連絡帳、電話、随時の家庭訪問等
    学校・学年・学級だよりの発行と児童の活躍等の積極的な情報発信
    学習支援ボランティア・ゲストティーチャーの積極的な導入と人材バンクの整備
    「家庭学習のススメ」...家庭学習の啓発と奨励、保護者との連携の強化
    保護者アンケート・学校関係者評価の実施と成果・改善の説明
    学校応援団との連携・推進...おやじの会、防犯協力員、交通指導員等との連携

(8)適正な服務

    教育公務員としての自覚や責任と誇りを持った適正な職務の遂行
    教育公務員としての自己の健康管理・服務・勤務の厳正
    教職員事故防止の徹底と服務規律の遵守
    日々危機管理意識を持って行動-多種・多様な危機管理課題への研修・研鑽の奨励
    児童・保護者事故対応...「真摯・迅速な対応」-「管理職への報告・連絡・相談」  


      「凡事徹底」



9 教職員の自己チェック十ヵ条

1 基礎・基本を、確実に習得させているか。
2 評価を蓄積し、指導に活かしているか。
3 学習習慣や学習意欲・読書習慣を育成しているか。
4 規範意識や公共の精神を育成しているか。
5 児童の体力の実態を把握し、向上に努めているか。
6 配慮の必要な児童への適切な対応に努めているか。
7 自己申告を意図して教育活動を進めているか。
8 指導力向上のために不断の研修に努めているか。
9 情報モラルと情報活用能力の伸長に努めているか。
10 教育公務員として服務の厳正に努めているか。
 
10 平成28年度の西小の合い言葉

(1)一歩前進      

 これまでの西小の様々な教育活動をさらに充実させるために、現状維持に甘んずる事なく昨年より一歩前進という攻めの姿勢で取り組む。

(2)変える勇気と変わる覚悟(教職員の意識改革と参画意識)

 変革の時代である。子ども、家庭、地域社会が変わってきている。社会の変化と新しい教育の流れに対応できる柔軟な思考と自己変革のために積極的に研修に取り組もうとする旺盛な研修意欲を持つ。そして、学校運営への参画意識を持ち、コミュニケーションを大切にし、優れた取組を広げ、ベテランと若手教員が融合して学校全体の教育力(学校力)を高めていく。 自分たちの育てた子どもたちが、やがて日本を支える。  

作成日:2016年04月16日
更新日:2016年07月21日

アクセスカウンタ