Multilingual
背景色
文字サイズ
認知症あんしんガイドブックを作成しました

~認知症になっても安心して暮らすために~

 認知症…誰もが一度は耳にした事があると思います。
 しかし、その具体的な症状や対応の仕方を知っているという人は、あまり多くないのではないでしょうか。

 町では、町民の皆さんに、少しでもこの病気を正しく理解していただき、認知症を発症した人やその家族が病気を隠すことなく、地域での生活を笑顔で安心して暮らしていけるようにしたいという願いを込めて「認知症あんしんガイドブック」を令和3年6月に作成しました。

「認知症あんしんガイドブック」は、全14ページ・フルカラーでつくられており、認知症が発症したときから生活する上で色々な支障が出てくる中、いつ、どこで、どのような医療・介護サービスを受けることができるのか、また、どこで、どのような社会資源があるのか、認知症の進行に合わせた適切なサービス提供の流れなどをまとめたものです。

ガイドブックは、杉戸町役場高齢介護課の窓口で配布のほか、各地域包括支援センターでも配布しています。


認知症あんしんガイドブック表紙画像


 

 

 

 

 

 

 

「認知症あんしんガイドブック」のPDF版は、こちらから取得できます。

 

 

 


音声ファイル:再生する
更新日:2021年07月09日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ
新着トピックス
    よくある質問