Multilingual
背景色
文字サイズ
多面的機能支払交付金について

◎多面的機能支払交付金制度とは

 農業・農村は、食料の生産だけでなく、治水や環境の保全などの多面的機能を有しています。しかし、近年の農家の高齢化や非農家との混住化に伴い、地域の共同作業によって支えられてきたこれらの機能に支障が生じている状況となっています。
 このような事から杉戸町では、農地が農地として維持され、将来にわたって多面的機能が十分に発揮されるように地域の共同活動に対し支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進しています。

 杉戸町では現在、5組織が多面的機能支払い交付金制度を活用し、農家による農道・水路の維持管理、水路の簡易補修、子供会を含めた環境美化活動を行っています。

◎地域への支援内容

 ①農地維持支払交付金
  基本単価 田:3,000円/10a 畑:2,000円/10a
  多面的機能を支える共同活動を支援します。
  ・農地や水路等の基礎的な保全活動(草刈、水路の泥上等)
  ・保全管理構想の策定等

 ②資源向上支払交付金
  基本単価 田:2,400円/10a 畑:1,440円/10a
  地域資源の質的向上を図る共同活動を支援します。
  ・施設の軽微な補修(施設の機能診断、水路の部分補修等)
  ・農村環境保全活動(植栽による景観形成等)
  ・多面的機能の増進を図る活動(遊休農地の有効活用等)

◎農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律

 杉戸町農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する計画 区域図
 多面的機能発揮促進事業に関する計画の概要


音声ファイル:再生する
更新日:2020年08月18日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ