Multilingual
背景色
文字サイズ
新型コロナワクチンの高齢者施設等における「巡回接種」について
 杉戸町では、国が示す新型コロナワクチン接種の手順に従い、2回目接種終了から原則8か月以上が経過した18歳以上の方を対象に、3回目接種(追加接種)を1回実施しています。
 なお、変異株(オミクロン株等)の感染拡大に伴い、高齢者施設等におけるクラスター発生のリスクを早期に抑制するため、高齢者施設等の入所者および従事者の方は、接種間隔を8か月から6か月に短縮することとなりました。
 つきましては、該当の杉戸町内高齢者施設等には、令和4年1月7日付けで文書を送付しましたので、1回目・2回目接種(初回接種)と同様に、医師が高齢者施設等を訪問して接種を行う、いわゆる「巡回接種」を希望する場合は、必要書類の提出をお願いします。

1 「巡回接種」の対象となる高齢者施設等(一部抜粋)
 対象となる高齢者施設等は、高齢者が入所する以下の施設区分を範囲とします。
〇介護保険施設
介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
〇居住系介護サービス
特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護
〇老人福祉法による施設
養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム
〇高齢者住まい法による住宅
サービス付き高齢者向け住宅
〇生活保護法による保護施設
救護施設、更生施設、宿所提供施設
〇障害者総合支援法による障害者支援施設等
障害者支援施設、共同生活援助事業所、重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)、福祉ホーム
〇その他の社会福祉法等による施設
社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)、生活困窮者・ホームレス自立支援センター、生活困窮者一時宿泊施設 等

2 「巡回接種」における接種対象者
(1)杉戸町内の高齢者施設等に入所・入居する方で、2回目接種終了から6か月が経過し、接種日までに「接種券」を入手できる方
(2)高齢者施設等の従事者で、2回目接種終了から6か月が経過し、接種日までに「接種券」を入手できる方

「接種券」が届いていない場合は、「高齢者施設等で接種を受けるので接種券を発行して欲しい」旨を、住民票所在地の市区町村にお伝えください。
なお、杉戸町に住民票を有する方で、令和3年6月中に2回目の接種を終えた方は令和4年1月14日(金曜日)に、令和3年7月・8月中に2回目の接種を終えた方は令和4年1月下旬に、「接種券」を発送する予定です。

「巡回接種」の場合は、杉戸町以外の市区町村に住民票を有する方であっても、「住所地外接種届」を提出する必要はありません。

当該高齢者施設に併設された居宅サービス事業所等の従事者についても、接種対象者に含めることができます。


4 提出期限
医療機関との日程調整等が完了し、提出書類の準備が整ったら、速やかに御提出ください。

5 提出先
杉戸町健康支援課 新型コロナワクチン接種担当 宛
※提出書類の電子データをダウンロードして、電子メールにて提出してください。
※電子メールアドレスは、送付した文書に記載しています。

6 その他
 「巡回接種」までの全体の流れと、高齢者施設等における事前準備等につきましては、送付した文書(別紙『「巡回接種」に向けての事前準備・注意事項』)をご確認ください。
 

音声ファイル:再生する
更新日:2022年01月07日
担当:杉戸町コロナワクチンコールセンター
電話(内線):0570-021-567(平日 9時~17時)

アクセスカウンタ