Multilingual
背景色
文字サイズ
郵便投票の仕方
みんなで一票
 






■郵便等による不在者投票

郵便等による不在者投票とは、身体に重度の障害のある人のために自宅等において投票用紙に自書し、郵便等によってお住まいの選挙管理委員会へ送付することにより行う不在者投票です。
この制度については、平成16年3月1日から利用できる対象者が拡大されるとともに、新たに「代理記載制度」が創設されました。


1.郵便等による不在者投票について

身体障害者手帳、戦傷病者手帳をお持ちの人で、障害の程度が下記の表に該当する方及び介護保険の被保険者証に「要介護5」と記載されている方は、必要な手続きを済ませることにより、自宅などにおいて郵便等による不在者投票を行う事ができます。
「郵便等による不在者投票」を行うためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。この郵便等投票証明書の有効期限は、7年です。また、介護保険に該当する方は、要介護認定の有効期限の末日までです。


 (1)身体障害者手帳をお持ちの方

身体障害者手帳に両下肢、体幹、移動機能の障害の程度が1級又は2級である者として記載されれている者。身体障害者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害の程度が1級又は3級である者として記載されている者。身体障害者手帳に免疫の障害の程度が1級から3級である者として記載されている者。手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、町選選挙理委員会にお問い合わせください。






障  害  名
障害の程度
1級2級3級
両下肢、体幹、移動機能の障害 
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害
免疫の障害



 (2)戦傷病者手帳をお持ちの方

戦傷病者手帳に両下肢、体幹の障害の程度が特別項症から第2項症である者として記載されている者。戦傷病者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害の程度が特別項症から第3項症である者として記載されている者。手帳の記載では該当するかどうか
わからないときは、町選挙管理委員会にお問い合わせください。





障   害   名
障 害 の 程 度
特別項症第1項症第2項症第3項症
両下肢、体幹の障害 
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害



(3)介護認定を受けている方

介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方
介護保険の被保険者証要介護状態区分
要介護5



2.郵便等による不在者投票における代理記載制度

郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、かつ自ら投票の記載をすることができない者として定められた次のような障害のある者(○印の該当者)は、あらかじめ町選挙管理委員会に届け出た者(選挙権を有する者に限る)に投票に関する記載をさせることができます。
ご不明の点は、町選挙管理委員会までお問い合わせください。

(1)身体障害者手帳をお持ちの方

身体障害者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が1級である者として記載されている者。
手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、町選挙管理委員会にお問い合わせください。
身体障害者手帳
障  害  名
障害の程度
1級
上肢、視覚の障害



(2)戦傷病者手帳をお持ちの方

戦傷病者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までである者として記載されている者。手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、町選挙管理委員会にお問い合わせください。
戦傷病者手帳
障   害   名
障 害 の 程 度
特別項症第1項症第2項症
上肢、視覚の障害

※上肢、視覚の障害が1級、特別項症、第1項症、第2項症であっても、郵便等による不在者投票をすることができる選挙人(上記参照)でなければ、代理記載制度によっても郵便等投票を行うことはできません。



3.申請方法(手続き)等

  
(1)郵便等による不在者投票の手続

○郵便等投票証明書の交付申請
投票に先立って、郵便等による不在者投票をすることができる者であることを証明する「郵便等投票証明書」の交付を、選挙管理委員会に申請します。
申請に必要な書類は、選挙人が署名をした申請書、身体障害者手帳又は戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証です。郵便等投票証明書は郵便等により選挙人へ送付されます。


○投票手続
選挙人は町選挙管理委員会に投票用紙・投票用封筒の請求を行います。
請求に必要な書類は、選挙人が署名をした請求書、郵便等投票証明書です。
投票・投票用封筒は郵便等により選挙人へ送付されます。
選挙人は自宅等現在する場所で、投票用紙に候補者名を記載し、投票用封筒に入れた後、その表面に署名して、町挙管理委員会に郵便等により送付します。
    
     
(2)郵便等による不在者投票における代理投票の手続

代理記載の方法による投票を行うためには、郵便等投票証明書の交付申請に加えて、あらかじめ次の手続を行っておく必要があります。これらの手続きは同時に行うことが可能です。
また、代理記載の方法による投票手続は下記のとおりです。


○代理記載の方法による投票を行うことができる者であることの証明手続
郵便等投票証明書に代理記載の方法による投票を行うことができる者である旨の記載を受けます。選挙人は名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に当該記載の申請を行います。
申請に必要な書類は、申請書、郵便等投票証明書、身体障害者手帳又は戦傷病者手帳です。この場合、申請書に選挙人の署名は不要です。代理記載の方法による投票を行うことができる者である旨が記載された郵便等投票証明書は郵便等により選挙人へ送付されます。
なお、この手続を郵便等投票証明書の交付申請と同時に行う場合には、郵便等投票証明書の交付申請書への署名は不要です。


○代理記載人となるべき者の届出の手続
選挙人に代わって投票に関する記載を行う「代理記載人」となるべき者を届け出ます。選挙人は町選挙管理委員会に代理記載人となるべき者の届出を行います。
届出に必要な書類は、届出書、郵便等投票証明書、代理記載人となるべき者が署名をした同意書・宣誓書です。この場合、届出書に選挙人の署名は不要です。代理記載人となるべ者の氏名が記載された郵便等投票証明書は郵便等により選挙人へ送付されます。

○代理記載の方法による投票手続
選挙人、代理記載人は、町選挙管理委員会に投票用紙・投票用封筒を請求します。 請求に必要な書類は、代理記載人が署名をした請求書、郵便等投票証明書です。投票用紙・投票用封筒は郵便等により選挙人、代理記載人へ送付されます。自宅等現在する場所において、代理記載人は、投票用紙に選挙人が指示する候補者名を記載し、投票用封筒に入れた後、その表面に署名して、名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に郵便等により送付します。


※申請書及び添付書類については、町選挙管理委員会へお問い合わせください。

   
      
  
 
top
選挙管理委員会のトップへ

back
投票日に行けない場合へ

NEXT
過去の選挙データへ



更新日:2013年08月13日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ
新着トピックス
    よくある質問