Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      裁判員制度

      saibaninbanar




      裁判員制度の紹介


       平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、平成21年5月21日から裁判員制度がスタートしました。
       裁判員制度とは、国民(町民)のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい、被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度です。
       原則として、裁判官3人、裁判員6人という構成で裁判を行います。


      ○導入の理由

       国民のみなさんが刑事裁判に参加することにより、裁判が身近で分かりやすいものとなり、司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待されています。
       国民が裁判に参加する制度は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア等でも行われていますが、具体的内容は国によって様々です。




      saibaninPR 
       





















































       裁判員の仕事や役割


        裁判員に選ばれたら、次のような仕事をすることになります。



      1.公判に立ち会う


       裁判員に選ばれたら、裁判官と一緒に刑事事件の法廷(公判といいます。)に立ち会い、判決まで関与することになります。
       公判は、連続して開かれます。公判では、証拠書類を取り調べるほか、証人や被告人に対する質問が行われます。裁判員から、証人等に質問することもできます。


      2.評議、評決


       証拠を全て調べたら、今度は、事実を認定、被告人が有罪か無罪か、有罪だとしたらどんな刑にするべきかを、裁判官と一緒に議論し(評議)、決定する(評決)ことになります。
       評議を尽くしても、意見の全員一致が得られなかったとき、評決は、多数決により行われます(ただし、裁判官、裁判員のそれぞれ1名以上の賛成が必要)。
       有罪か無罪か、有罪の場合の刑に関する裁判員の意見は、裁判官と同じ重みを持ちます。


      3.判決宣告・裁判員の任務終了


       評決内容が決まると、法廷で裁判長が判決を宣告することになります。
       裁判員としての役割は、判決の宣告により終了します。




      裁判員の選任資格及び辞退事由


       衆議院議員の選挙権を有する人(20歳以上の日本人)であれば、原則として誰でも裁判員に選ばれます。ただし、欠格事由、就職禁止事由、不適格事由に該当する人は裁判員になれません。
       また、裁判員になることを自由に辞退できませんが、国民に過度な負担を与えないため、一定の事由がある場合には辞退することが認められています。例えば、育児・介護や仕事の都合で、どうしても裁判員の仕事をすることができない場合には辞退が認められます。



      裁判員の選ばれ方 

      ◆裁判員はこうして選ばれます


      1.裁判員候補者名簿を作ります(各地方裁判所)

      ①各地方裁判所は、翌年に必要な裁判員候補者の人数を決めて、管内の市町村及び特別区ごとに割り当てます。

      yajirusiaoshita


      ②市町村の選挙管理委員会は、くじで選挙人名簿から割り当てられた人数の裁判員候補者予定者となる名簿を作ります。

      yajirusiaoshita


      ③各地方裁判所は、翌年度の裁判員候補者名簿をつくり、名簿に記載された人に対してその旨を通知します。併せて就職禁止事由、客観的な辞退事由(70歳以上の人等)の調査票も同封します。

      yajirusiaoshita
       

      2.事件ごとにくじで、裁判員候補者が選ばれます

      ④事件ごとに、裁判員候補者名簿の中からさらに抽選でその事件の裁判員候補者を選び、呼び出し状が発送されます。その際、質問票も一緒に送付されます。
      選ばれた方には、裁判所にお出でいただく日時等をお知らせします。

      yajirusiaoshita




      3.裁判所で、候補者から裁判員を選ぶための手続が行われます

      ⑤裁判長から、被告人や被害者と関係がないかどうか、不公平な裁判をするおそれがないかどうか,辞退希望がある場合はその理由などについて質問されます。
      検察官や弁護人は、その質問の結果などをもとに裁判員候補者から除外されるべき人を指名することができます(双方4人まで理由を示さずに、指名することができます。)。

      yajirusiaoshita



      4.裁判員が選ばれます

        
      ⑥除外されなかった候補者の中から、裁判員がくじで選ばれます。



      裁判員制度のシンボルマーク(2005.6.29決定)

       最高裁判所では、国民の皆さんに裁判員制度について、より親しみを持っていただけるよう、裁判員制度を象徴するシンボルマークを作成しました。
       このシンボルマークは、今後実施する各種の広報活動に利用する予定です。このシンボルマークを通じて、国民の皆さんに裁判員制度を広く知っていただければと思います。

         【シンボルマーク】



























      裁判員制度Q&A


      裁判員制度のQ&Aです。
      答えは、PDFファイルとなっていますので、ダウンロードしてお読みください。



      ○裁判員制度とは

      Q1.裁判員制度とはどのような制度ですか?                       A- 1 (118kB)
      Q2.どのような事件を扱うのですか?                           A- 2 (72kB)
      Q3.どのような人が裁判員に選ばれるのですか?                   A- 3 (109kB)



      ○裁判員に選ばれるまで

      Q4.裁判員になれないのは、どのような人ですか?                   A- 4  ( 66kb)
      Q5.裁判員はどのようにして選ばれるのですか?                   A- 5  ( 79kb)
      Q6.候補者名簿に記載されたら、必ず裁判所にいくことになるのですか?      A- 6  (101kb) 
      Q7.裁判員(候補者)は、どこの裁判所に行くのですか?                A-7  (113kb)
      Q8.裁判員等に選ばれる確立はどのくらいですか?                   A- 8  (119kb)
      Q9.裁判所に行く日のどれくらい前に、その日時を知らせてもらえるのですか?  A- 9 (110kb)
      Q10.裁判員を辞退することはできないのですか?                   A-10 ( 77kb)
      Q11.仕事が忙しいという理由で、辞退はできますか?                A-11 (113kb)
      Q12.自宅に要介護や養育が必要な子供がいる場合、辞退できますか        A-12 (133kb) 
      Q13.育児中に裁判に参加する場合、辞退できますか?               A-13) (107kb)
      Q14.裁判員(候補者)として裁判所に行くために会社を休むと、
          会社内で不利益を受けませんか?                       A-14  (122kb)



      ○裁判員に選ばれてから

      Q15.交通費や昼食代などは支給されますか?                   A-15 (121kb)
      Q16.裁判員は何日間くらい裁判に参加するのですか?               A-16 (118kb)
      Q17.裁判員裁判は1日何時間くらいかかりますか?                 A-17 (116kb)
      Q18.裁判が1日で終わらない場合、裁判員は自宅に帰ってもよいのですか? A-18  (109kb)
      Q19.裁判員になったことを家族や親しい人に話してもよいのですか?      A-19 (114kb)
      Q20.上司に裁判員(候補者)になったことを話してもよいのですか?       A-20 (111kb)
      Q21.トラブルに巻き込まれたりしないですか?                    A-21  (126kb)




      ○実際の裁判では

      Q22.裁判はどのよな流れで進むのですか?                     A-22 (168kb)
      Q23.裁判員は、法廷で何をするのですか?                     A-23 (118kb) 
      Q24.評議では何をするのですか?                           A-24 (117kb)
      Q25.法律の知識がなくても大丈夫ですか?                     A-25 (119kb) 
      Q26.評議では、必ず意見を言わなければいけませんか?             A-26 (111kb)
      Q27.議論を尽くしても、全員の意見が一致しなかったらどうなるのですか?   A-27 (117kb)
      Q28.裁判員は、その事件に関するニュースや新聞を見てもよいのですか?   A-28 (115kb)
      Q29.見聞きした事実について、話してもよいのですか?              A-29  (117kb)
      Q30.どうして守秘義務が課されているのですか?                  A-30 (123KB)
      123kb
            すべての質問・回答を一度に見たい方は、こちら             答え全て  (3185kb)




         top

      選挙管理委員会のトップへ

      back
      検察審査会へ

      NEXT
      監査委員会へ



      更新日:2010年02月15日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ