Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      検察審査会(検察審査員)

      検察審査会(黄)





      検察審査会とは


       刑事裁判は、検察官が犯罪の嫌疑を受けている者(被
      疑者)を起訴することで始まります。検察官は、被疑者を
      処罰する必要があると判断したときに起訴をしますが、い
      ろいろな事情から起訴をしないという処分(不起訴処分)
      をする場合もあります。
       検察審査会は、検察官がした不起訴処分の良し悪しを
      審査することを主な仕事としている組織です。
       検察審査員は、選挙権を有する一般の国民の中から、
      それぞれ地域ごとに選ばれた11人で構成されています。
      直接裁判の手続きに携わるわけではありませんが、刑
      事手続きの中に国民の良識を反映させより良い刑事司
      法を実現するために設けられている制度であり、全国20
      1箇所の裁判所の中に置かれています。



       検察審査員とは


       検察審査員は、検察審査会のメンバーであり、一般の
      国民の中からそれぞれの地域ごとにくじで選ばれます。
       まず、選挙管理委員会が、選挙人名簿の中からくじで、
      検察審査員候補予定者を選定します。その中から、司
      法関係者など一定の職務に就いている人などを除いた
      上で、更に検察審査員候補者を選定します。そして最後
      に、検察審査会事務局長がくじで11人の検察審査員と
      11人の検察審査員補充員(検察審査員に欠員が生じた
      場合に、これ代わって検察審査員の仕事をする人)を選
      定します。検察審査員と補充員の任期は6ヶ月で、会議
      に出席した場合には旅費や日当が支給されます。
       これまでに検察審査員や補充員として選ばれた人は、
      約50万人にもなり、多くの人たちが国民の代表として活
      躍しています。検察審査員の具体的な選定は、次のよ
      うな手続きで行われます。
       

      検察審査員(補充員)に選ばれたら・・・ 

       検察審査員や補充員に選ばれると、検察審査会事務
      局から選任された旨と会議期日への出席を依頼する旨
      の書面が届きます。なお、視覚、聴覚、言語などに障害
      のある方や介護が必要な方が検察審査員または補充
      員として選ばれた場合、検察審査会に参加しやすいよ
      うに検察審査会事務局が準備をしますので、事前に検
      察審査会事務局にお問い合わせください。
       ご不明な点がありましたら、発送元の検察審査会事務
      局にお問い合わせください。



      検察審査会の内容


      ○審査は、どういう時に行われるのか 


       犯罪の被害に会った人や犯罪を告訴・告発した人から、
      検察官の不起訴処分を不服として検察審査会に申立て
      があったときに審査を始めます。
       また、検察審査会は、被害者などからの申立てがなく
      ても、新聞記事などをきっかけに自ら審査を始めること
      もあります。


      ○審査の方法は

       検察審査会は、検察審査員11人全員が出席した上
      で検察審査会議を開きます。そこでは、検察庁から取り
      寄せた事件の記録を調べたり、証人を呼んで事情を聞
      くなどし、検察官の不起訴処分の良し悪しを一般国民の
      視点で審査します。
       また、検察審査会義は、非公開で行われ、それぞれの
      検察審査員が自由な雰囲気の中で活発に意見を出し
      合うことができるようになっています。

       


      ○審査の結果は

       検察審査会で審査をした結果、更に詳しく捜査すべき
      である(不起訴不当)とか、起訴をすべきである(起訴相
      当)という議決があった場合には、検察官は、この議決
      を参考にして事件を再検討します。
       その結果、起訴をするのが相当であるとの結論に達し
      たときは、起訴の手続きがとられます。


      ○これまでに審査した事件は

       これまでに全国の検察審査会が審査をした事件は、
      14万件に上ります。
       その中には、造船疑獄事件、サリドマイド薬禍事件、
      水俣病事件、羽田沖日航機墜落事件、日航ジャンボジ
      ェット機墜落事件、薬害エイズ事件、脳死臓器移植事件、
      豊浜トンネル岩盤崩落事件、雪印集団食中毒事件、
      明石花火大会事件といった社会の注目を集めた事件も
      あります。
       また、検察審査会が審議した結論に基づいて、検察官
      が再検討の結果起訴した事件は1200件を超え、その
      中には懲役10年や8年といった重い刑罰に処せられた
      ものもあります。


      審査の申立てについて

       審査の申立てや相談には、一切費用がかかりません。
      最寄の検察審査会事務局までお気軽にご相談ください。 

         【埼玉県内の検察審査会所在地】
         

      審査会名  

      郵便番号

      所  在  地

      電話番号

       

      さいたま第一
      検察審査会

      330-0063

      埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
      (さいたま地方裁判所庁舎内)

      048-863-8714

       

      さいたま第二
      検察審査会

      330-0063

      埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
      (さいたま地方裁判所庁舎内)

      048-863-8714

       

      川越検察審査会

      350-8531

      埼玉県川越市宮下町2-1-3
      (さいたま地方裁判所川越支部庁舎内)

      049-273-3016

       

      熊谷検察審査会

      360-0041

      埼玉県熊谷市宮町1-68
      (さいたま地方裁判所熊谷支部庁舎内)

      048-521-2474





         top

      選挙管理委員会のトップへ


      back
      直接請求へ


      NEXT
      裁判員制度へ



      音声ファイル:再生する
      更新日:2017年01月27日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ