Multilingual
背景色
文字サイズ
スペシャルおはなし会が開催されました。
 町立図書館では、毎週土曜日、幼児親子・小学生を対象とした「おはなし会」を開催し、本に親しみを持つ子どもを育むことを目的に、読み聞かせボランティアによる本の読み聞かせ・紙しばい・手あそび等を行っております。

 そこで、この度、古谷町長を始めとする三役(町長・副町長・教育長)が絵本の読み手となる「スペシャルおはなし会」を下記のとおり開催しました。

 当日の会場は、普段の3倍以上の数(38名)の親子たちの熱気で溢れかえり、三役による珍しくも楽しいおはなし会に、終始和やかな雰囲気でした。


■「スペシャルおはなし会」開催概要

1、目的
 過日、杉戸町名誉町民第1号「上原正吉」氏のご子息である大正製薬株式会社名誉会長上原昭二様よりご寄贈いただいた「上原文庫」の願い『未来を担う子ども達のために』という想いを受けて、古谷松雄町長・坂田直人副町長・伊藤美由紀教育長3名が、それぞれ選定した絵本の読み聞かせを自ら行う。

2、日時 4月22日㈯ 14時~(30分程度)

3、会場 杉戸町立図書館内 おはなしのへや
     (所在:北葛飾郡杉戸町大島477-8  電話:0480-33-4056)

4、対象 乳幼児親子~小学生

5、参加人数 38名(普段の3倍)【参考】平成28年度のおはなし会の平均参加者数13名

6、選定図書

 町長 やさい 町長 おおきなかぶ(大型絵本)
副町長 三びきのやぎのがらがらどん 教育長 どろんこハリー

7、参加者コメント
【子ども】
 「いつものおはなし会と違ってとても楽しかった」
 「本当に町長が読み聞かせをするのー?」等
【保護者】
 「町のトップの人達が読み聞かせを行うなんて面白いと思う」
 「これを機会に子どもたちに本を好きになってもらいたい」等

8、町長コメント
 「読み聞かせをするのは始めてで不安ではあったが、熱心に聞いてくれる子どもたちから、逆にたくさんの元気を貰えた。とてもいい経験になったので、きっかけを作ってくださった上原さんに感謝申し上げたい。また、これからも多くの子どもたちに読書に興味を持ってもらえるような環境を整えていきたい。」

9、当日の動画 
  こちらから(外部サイト)


当日までの様子

 
①読み聞かせの講義を聴きながら絵本を選ぶ。 ②おはなしかいを見学する。
 
 ③・④ おはなしのへやで練習を重ねる。


⑤ 4/22(土)本番当日。⑥38名もの大勢の方が来館。

 ⑦皆さん熱心に聞いて下さいました。⑧来館して下さった皆様ありがとうございました。
(左から坂田副町長、古谷町長、伊藤教育長)


音声ファイル:再生する
更新日:2017年06月13日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ