Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      「出前らくらくかんたん体操」講師派遣打ち切りについて(H29.4.20)

      (質問概要)

      地域のグループで、月1度の体操専門の講師の指導のもとで体操をしてきました。今年度から講師の指導がなくなってしまい残念に思っております。事前に説明もなかったので、理由も分かりません。どのような事情だったのでしょうか。

       出向かなくても、地域で講師の指導を受けられるのがメリットだったのに…。今年度は無理でも来年度に復活させてください。

       

      (回  答)

       まず、●●様のお手紙にあります「体操」は、「出前らくらくかんたん体操」のことと推察されます。

       介護予防の体操については、これまで利用者の方の身体の状態に応じて、一次予防・二次予防といった区分のもと事業が行われてまいりました。その後、平成27年度の介護保険法の改正に伴い、新たに一般介護予防事業として65歳以上の方すべてを対象として拡大し、この区分が取り払われたことから、町においても平成29年4月より対応をしたところです。

       そんな中、「出前らくらくかんたん体操」は、各団体に対して月1回講師を派遣しておりましたが、団体によって週1回の体操を継続しているところもあれば、講師が派遣された時しか体操をやらないところもあり、目的は一緒でも地域差が生じ、参加団体も固定化している状況でありました。

       そこで、活動が月に1度に満たない団体にも、介護予防につながる取組をしていただくための検討を重ねたところです。

       地域には65歳を超えた方でも元気な方が沢山おられ、そのような方にも体操の指導役などを通じて「支えられる側」から「支える側」となって頂くことで、コミュニケーションや地域のつながりが生まれ、介護予防にも一層の効果があると考えられます。

       このことから、現在、指導役の養成をするとともに、だれでも簡単に、週に1回定期的に継続できる「げんきSUGI体操」を町全体に広げ、介護予防に役立てて参りたいと考えておりますので、ご理解いただければと存じます。

       なお、平成29年度の取組として、「げんきSUGI体操」を継続して行う団体に対しては、理学療法士などの専門職を講師として派遣する方策を検討しておりますことを、申し添えます。

                           

      (所管部署)

      高齢介護課

      音声ファイル:再生する
      更新日:2017年05月08日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ