杉戸町立泉小学校 杉戸町立泉小学校
H29ー林間学校(5年)
H29(2017)林間学校(5年生)

7月21日(金)・初日

6:45林間学校初日。とても良い天気です。子供たちが集まり始めています。7:00開校式です。当日の欠席はゼロです。7:05リバティーに向かい学校出発しました。7:18バス2台リバティー出発しました。お見送りの皆様ありがとうございました。7:36幸手ICから高速道路に入りました。順調です。8:38波志江PAでトイレ休憩です。8:53出発しました。ほぼ予定通りです。9:15渋川・伊香保ICで高速を降りました。バス内は、クイズやゲームをしたり、音楽を聞いたりしています。10:25群馬県長野原でトイレ休憩、お弁当積み込みです。山道を抜けて来ましたが、みな元気です。10:38長野原を出発。順調です。外の気温は29度。11:00草津を抜けました。外の気温は24度。雲はありますが、晴れていて天気の心配は無さそうです。11:15バスは白根山。外の景色は溶岩や硫黄の岩肌が続いています。硫黄のにおいが車内にもただよいます。11:35町や低い山を下に見ながら、バスは高い所まで登ってきました。山田峠の日本国道最高地点を通過した時は雲の中を突っ切りました。バスはいよいよ志賀高原です。11:55ハイキング出発地点に到着です。天気も良く、みな元気です。12:10長池で昼食です。みなしっかり食べています。このあと休憩、健康観察してハイキング開始です。12:50ハイキング出発。全員参加です。13:10ハイキング中。けっこう急な山道につき、コメントいったん休止します→急な登り下り、段差や岩道、細い道などを超えて、湿原に出ました。ワタスゲやニッコウキスゲがきれいに咲いています。14:00湿原の木道を渡り、目的地の木戸池に到着。途中のリタイア、一人もなく、みな歩き終えました。池をバックに皆でクラス写真を撮り、宿舎に向かいます。14:10宿舎に到着。14:15入館式、宿舎の方にあいさつしました。15:00近くの清流でマス捕り体験です。水のきれいさ、冷たさに歓声があがっています。水に入り、手づかみでマスをとらえますが、苦労してつかまえても逃げられてしまいます。でも、みな大喜びです。15:50マスつかみを終えて健康観察です。16:00係会議がおこなわれました。17:00入浴です。一日の疲れを落とします。少し疲れが出てる人もいましたが、全員が入浴しました。18:00夕食です。全員、食堂に集合して食べています。今日のメニューはしゃぶしゃぶです。それから、先ほどつかまえたマスが塩焼きで出ました。みな楽しそうに、おいしそうに食べています。片付けもしっかりできました。19:15キャンプファイヤーが始まりました。火の神から、火の精に4つの力がもたらされました。炎を囲んでフォークダンスで盛り上がっています。20:10キャンプファイヤーを終えて、ホタル見学に出かけました。この地の「ほたる温泉」の名のとおり、無数のホタルを見ることができました。街灯ひとつ無い暗闇をホタルが舞う光景は神秘的で、子供たちも感動の声がもれます。20:35本日予定のすべての行動を終えて部屋に戻りました。このあと就寝準備です。ここまでのすべての行動、参加者全員誰も欠けることなく本日を終えようとしています。21:30予定も順調で繰り上がり、早めの消灯準備です。21:45各部屋、消灯して休んでいます。楽しくても体に1日の疲れは残っているので、早めに休んで明日のハイキングにそなえます。※本日の速報はここまで。また明日の朝より、二日目の速報をお知らせします。






7:00朝の集合・出発式。







 

 

 

 

 11:00バスは曲がりくねった山道を走ります。白根山の付近では外の景色は溶岩と硫黄の岩肌、硫黄のにおいが車内にもただよいます。酔う人がいないように、バス内はクイズやゲーム、歌などで楽しみます。

 

 

 

 

 

11:50ハイキング出発地点。

 

 

 

 

 

昼食(お弁当)。

 

 

 

 

 

12:50ハイキング開始。池の中、樹木の間、草むらの中・・・・豊かな高原の自然を満喫しています。草むらに、木の葉そっくりなカエルを見つけました。

 

 

 

 

 

 山道を歩いていきます。岩だらけの道や、細い道、急なのぼりくだりがありますが、みながんばって歩きました。ワタスゲの草原。茎が細いので花が宙に浮いているように見えます。






木道を歩いていきます。大きな岩から生えている大木や、岩をよけて曲がりくねった幹などにも驚きの声があがっています。キノコを見つけました。






山道を抜けて湿原に出ました。ニッコウキスゲがきれいに咲いています。14:00目的地の木戸池に着きました。途中でリタイアする人もなく、みな歩ききりました。




 

 

 14:10宿舎に到着。14:15入館式、宿舎の方にあいさつしました。 


 



 

 

 


 

 

15:00 清流でのマスつかみ体験。水のきれいさ、冷たさに歓声があがっています。水に入り、手づかみでマスをとらえますが、苦労してつかまえても逃げられてしまいます。でも、みな大喜びです。










 


18:00楽しい夕食の時間。本日のメニューはしゃぶしゃぶです。先ほどの、皆でつかまえたマスも塩焼きでいただきました。











19:15キャンプファイヤーが始まりました。

 

 

 

 

 

ホタル見学に出かけました。あたりは、ごらんのとおり。街灯一つない真っ暗闇です。

 

 

 

 

 

暗闇の向こうに無数のホタルが光ったり舞ったりしています(残念ながら写真には写りませんでした)。右の写真は飛んできて足下にとまったホタル。これで本日予定の行動は終了です。部屋に戻って就寝準備をします。


7月22日(土)・二日目

皆さん、おはようございます。林間学校2日目の朝、志賀高原は晴れています。6:00起床。各部屋、起床して布団の整理や健康観察を進めています。6:30宿舎前に集合して、朝の集いです。部屋に残る人は無く全員が参加しました。みなでラジオ体操で頭と体を目覚めさせました。6:45全員、食堂に移動して朝食です。7:45ハイキングに出発します。体調のわるい人は大事をとって宿舎に待機して、午後のコースにバスで先まわりして合流する予定です。9:20山道をハイキング中。電波状況わるくリアルタイム速報できません。9:50急な山道を上ったり下ったりしています。ネーチャーガイドさんの案内で、志賀高原の自然を学びながら、みながんばっています。9:55下りの坂道、というより、ほぼ階段を苦労して降りています。でも、目的地の大沼池のコバルトブルーの水面が眼下に広がり歓声があがっています。元気が出ました。12:00電波、回復。大沼池での昼食を終えて、登山道の降り口へ向かっています。順調です。12:15大昔の溶岩、冷風の抜ける風穴、珍しい葉の植物など、説明を聞きながら歩いています。13:00昼食場所を出発してから、こまめに休憩しながら1時間45分、「疲れたぁ」「足がいたくなってきた…」「ゴールまだ〜?」と言いながらも、頑張ってます。ゴールまで、あとわずかの地点まで来ました。13:20清水口登山口に到着。ゴールです。トイレ休憩のあと、山から自然に流れ出る清水でのどを潤して、疲れをいやします。13:50待っていたバスに乗って宿舎に帰ります。林間学校二日目の登山終了です。14:10予定よりずいずん早く宿舎に帰ってきました。お世話になったネーチャーガイドさんにお礼のあいさつをして部屋に戻ります。日程が順調に進んでいるので、次のジャム作り体験まで部屋でゆっくりします。15:30ブルーベリーのジャム作り体験が始まりました。全員が元気に参加しています。ブルーベリーを煮込んで砂糖を好みで加減しながら作っています。できたジャムは持って帰ります。ご家庭でぜひ味わってください。16:15入浴、17:00売店で買い物です。順調に進んでいます。18:00夕食です。今日のメニューはすき焼きです。19:45大広間てレクリエーションが始まりました。二日目の夜も終わろうとしています。21:00就寝準備や荷物の片付けをしています。21:40予定より早めに消灯・就寝です。ここまでの疲れをとるためにしっかり休みます。明日は、いよいよ林間学校三日目。埼玉へ帰ります。

 




 

 

6:00起床の様子






 

6:30朝のつどい。ラジオ体操をおこないます。

 

 

 

 

 

6:45朝食。登山に備えて、しっかりと食べます。

 

 

 

 

 

7:45本日の案内人、ネーチャーガイドさんと合流します。最初にリフトに乗って出発地点に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山(ハイキング)が始まりました。もとは野生動物の住む自然林です。動物たちのエリアに「入らせていただきます」との気持ちでスタートしました。さっそく食虫植物のモウセンゴケを見つけました。粘液で虫をからめとってしまうそうです。歩いているこの道は、冬は雪で2メートルを超えるほどの高さまで埋まってしまうそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


珍しいものや貴重な植物が見つかります。足下に気をつけて、山道をのぼったり、湿原の木道を歩いていきます。


 

 



途中にあった神様をまつる鳥居。3mをこえるほどの高さですが、良くみると鳥居の上部に本物のお金が刺さっています。夏は普通に通れるこの道も、冬は雪に閉ざされて鳥居の上部まですっぽり雪にうまってしまうそうです(!)。冬の登山者は鳥居の下を通れないので、雪にうまった鳥居の上を通ることになります。その失礼をおわびする気持ちと、無事に帰れるよう願いをこめて、お賽銭がわりの小銭を、雪の中からわずかに見えている鳥居の上部に供えて(刺して)いくそうです。鳥居までが雪にうまる自然の厳しさと、地元の登山者の方が志賀高原の山を敬う気持ちが伝わるお話です。






休憩をとりながら山道をのぼりおりしていきます。目的地の大沼池が見えてきました。











昼食場所の大沼池に到着しました。コバルトブルーとエメラルドグリーンと2色に見える水面がきれいです。水面をわたってくる風が、とても気持ちよいです。昼食をとり、また元気に出発しました。(大沼池で、きれいな黄緑色のチョウの幼虫を見つけました)

c





高いところから大沼池を見下ろす絶景ポイント。しかもここから「ヤッホ!!」と叫ぶと、声が正面の山にはね返り「ヤッホッ、ホッ、ホッ・・・・」とやまびこが返ってきます。


 



 

大沼池をバックにクラス写真を撮ります。


 

 

 

 

 

 




ネーチャーガイドさんの説明を聞きます。葉の先だけ色が違うのは、今年生えた若い葉だからだそうです。道ばたの大きな岩は、火山の噴火で飛ばされてきた大岩、葉の形が亀に似ているオオカメノキはカモシカの好物なので食べられた跡があります。マタタビの葉が白く変色するのは、もうすぐ花が咲く合図、等々、いろいろなお話を聞けました。











谷の間に雪が残っているのを見つけました。この時期まで残雪があることに驚きの声が上がります。そして、皆が立ち止まって、岩の間をのぞきこんでいるのは・・・・・・「風穴(ふうけつ)」。冷たい山の空気が積み重なった岩の間を冷風となって抜けてきます。「本当だっ!」「つめた~い」「クーラーみたい」「冷蔵庫だ」と声があがりました。自然のしくみにびっくりです。









岩の奥で蛍光色に光っているのはヒカリゴケ。写真だと全体が明るく写ってしまいましたが、暗い岩の奥であざやかな蛍光色をはなっているヒカリゴケは美しいです。そして、登山を終えてゴールの清水口まで到着しました。

 

 

 

 

 

山からわき出る清水を手ですくって飲みました。硬水・軟水・中間と三種類の水があります。飲み比べたり、冷たさやおいしさを味わいました。一日の登山の疲れがいやされます。このあと、バスで宿舎に戻りました。









 

 






 


15:30宿舎でブルーベリージャム作り体験です。ブルーベリーの実を煮詰め砂糖を加えて手作りのジャムができます。甘さや粒の大きさは自分たちの好みで、オリジナルのジャムができました。ビンにつめておみやげとして持ち帰ります。ぜひ家庭で味わってみてください。17:00から買い物がありました。おみやげを買って帰ります。





 

17:30班長会議です。聞いたことをしっかりとメモして班員に伝えます。






 

 




18:00夕食です。今日のメニューはすき焼きです。どのテーブルも楽しそうに食べています。












19:45大広間でレクリエーションです。クイズやゲームで楽しい時間を過ごしました。林間学校二日目の夜もふけていきます。このあとは部屋に戻って就寝準備です。林間学校も、残すところあと一日。明日はいよいよ埼玉へ帰ります。


7月23日(日)・三日目(最終日)

皆さん、おはようございます。林間学校3日目の朝、志賀高原は雨が降ったりやんだりしています。6:00起床。各部屋、起床して布団の整理や健康観察を進めています。朝の集いです。途中で雨が降ってきたため、ラジオ体操を途中でやめ、食堂へ向かいます。6:30朝食です。雨が強くなってきました。7:20各部屋で帰る準備をします。雨が強いので、昨日から同宿の他市の小学校は本日のハイキングの中止を検討しています。8:20雨のため、宿舎前ではなく館内の大広間で、お世話になった宿舎の方に感謝の集いをおこないました。8:40雨の中、宿舎を出発しました。9:15地獄谷・野猿公苑の駐車場に着きました。ここでは猿を飼育しているのではなく、山にいる猿が河原まで降りてくるので野生の生態が観察できます。ただ天気によっては猿が山から降りず、姿を見ることはできないそうです。到着時は雨が降っています。9:50バスに残る人は無く全員で公苑に向かいます。野猿公苑までの林道の坂を登り、入り口に着きました。雨が降っています。猿の姿はひとつもありませんん。みごとに一匹もいません。係の人の説明を聞いているうちに雨が強くなりました。猿が来るはずの河原、猿が入ることもある温泉などを見ました。猿がまったくいないので、残念ですが、あきらめて帰ることにしました。ちょうど、その時‼︎一匹の猿が山の斜面をかけ降りてきました。見つけた子供たちが歓声をあげます。さらに二匹目、三匹目の猿が続き、さらに数十匹の猿がいっせいに山をかけ降ります。突然の光景に子供たちもびっくり、大喜び、大騒ぎです。あっと言う間に河原に何百匹の猿。猿は平気で子供たちの近くや真横を通過します。子猿や親子の猿もいます。猿の大群が山をかけ降りる光景は大迫力でした。11:45昼食場所に着きました。カレーライスを食べています。この後、買い物をしてから帰路につきます。12:50買い物を終えてバス乗車。みな元気です。あとは、埼玉県・杉戸町へ向かいます。13:45上信越道・横川あたり通過。14:05下仁田あたり通過。14:20藤岡PAで休憩。全員トイレへ行きました。みな元気です。14:30出発しました。道路も順調です。15:06佐野田沼あたり通過。15:10バスは岩舟JCTから東北道に入りました。ここから1時間ほどでリバティー到着の予定です。(メール配信しました)15:25羽生パーキングエリアで最後の休憩です。みな元気です。15:35羽生を出ました。あとは一路リバティーまで。15:45久喜白岡JCTから圏央道に入りました。15:51幸手ICで圏央道を降りました。リバティーまで15〜20分ほどです。16:00芝原の交差点通過。もうすぐ杉戸町に入ります→屏風の交差点通過。泉小が見えてきました。16:03椿の交差点通過。16:05無事にリバティーに到着しました。お迎えの保護者の方々ありがとうございます。林間学校も 二泊三日の予定を全て終了することができました。





 

 





6:30志賀高原・3日目の朝。天気は曇りです。先ほどまで雨が降っていました。宿舎前で朝の集いをおこないました。ラジオ体操の途中でも雨が降ってきたので、中断して食堂へ向かいます。

c










6:45朝食です。この後、部屋に戻り、帰りの準備をします。外は雨が本降りになってきました。


 







 

 

 8:20雨のため、宿舎前でおこなうはずだったお礼の集いを館内の大広間でおこないました。お世話になったホテルの方に感謝の言葉を述べました。


 

 

 

 

9:15地獄谷・野猿公苑の見学です。駐車場から約30分の林道を歩いて野猿公苑に向かいます。雨がパラついています。野猿公苑は猿を飼育しているのではなく、山の猿が河原や温泉に降りてくるので野生の生態を観察できます。








 




9:50野猿公苑に着きましたが、雨のため猿が山から下りてきていませんでした。係の人の説明を聞いているうちに雨が強くなってきました。








 





 



帰りかけた、その時、猿の大群が山から駆け下りてきました。次から次へ、なだれのように山を駆け下りてくる猿の大群は大迫力で、子供たちも大人もびっくりです。猿は、子供たちの真横を平気で通り抜けたり、間近に止まったりしています。さっきまで一匹の姿もなかった公苑が、あっという間に猿の姿で埋めつくされました。



 



目の前で山を駆け下りる猿の大群、子猿を抱えた母猿、けんかする猿、器用にロープや橋を渡る猿、など野生の姿を見ることができました。

 

 

 

 


野猿公苑をあとにして、昼食場所に向かいました。昼食はカレーライスです。その後、買い物をして、あとはバスに乗り込み、埼玉県に向かいます。






高速道路で帰路につきます。窓の外は、雲が低く山の中腹にかかっています。三日間の、志賀高原での林間学校。文字通り、大自然の中で貴重な体験をして、仲間や班で協力した行動ができました。宿舎の生活や館内やバス内のレクリエーションなど楽しい時間も過ごせました。

※ここで紹介した写真や記事は、5年生が体験した林間学校の、ほんの一部分です。一人一人が語り尽くせないほどの多くの思い出を埼玉県に持ち帰りました。

 


作成日:2017年07月20日
更新日:2017年07月26日

アクセスカウンタ

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。