Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    【国際交流】”サカベコ”の絵付け体験をしました

     杉戸町国際交流協会姉妹都市委員会では、7月26日(水)に、JIM-NETの企画の一環として、姉妹都市であるオーストラリアのユニフォームのサカベコの絵付けを行いました。

     サカベコには、それぞれの思いやメッセージを書き、個性のある作品が出来上がりました。


    JIM-NETとは?

     JIM-NETはイラクで増加するガンや白血病の子どもたちへの医療支援や、福島県への支援を行っている団体です。

     平成28年度の杉戸町平和企画展(町主催・国際交流協会共催)では、イラクの子どもたちの描いた絵画や、事務局長 佐藤 真紀氏の講演などでご協力を頂きました。

    サカベコとは?

    JIM-NETが行う企画で、福島県の「赤べこ」に各国のサッカーのユニフォームの絵付け・メッセージを書き、各国の現状を伝え、友好を深める企画です。




     今回は、831日(木)に、オーストラリアと日本が、サッカーワールドカップアジア最終予選で対戦することから、福島県内でのオーストラリアと姉妹都市になっている市町にスポットを当てて、活動をしているとのことで、オーストラリア・福島県(富岡町)の両方に交流がある杉戸町でも絵付け体験を行いました。

     

     

    作成したサカベコは、88日(火)のこどもアートにて展示されますので、ぜひご覧ください!

    また、その他の情報は、JIM-NETHPからご覧になれます。


    音声ファイル:再生する
    更新日:2017年08月04日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ