Multilingual
背景色
文字サイズ
【防災】防災備蓄物資の贈呈式が行われました。(H30.6.6)

防災備蓄物資の贈呈式が行われました

 

6月6日(水)、杉戸町役場(清地2丁目)にて、特定非営利活動法人フードバンク埼玉から町へ防災備蓄品(トイレ処理セット)240セットを寄贈する「防災備蓄物資贈呈式」が行われました

この寄贈された防災備蓄物資は、役場敷地内の防災倉庫に保管し、有事の際に活用するものです。

なお、贈呈式で、古谷町長は、「防災備蓄物資を御提供いただきましたことは、有事の際の備えとして町民生活の安心・安全に繋がるものであり、町の防災力の向上に大きく資するものと考えております。」と御礼の言葉がありました。

防災備蓄物資贈呈式

トイレ処理セットとは?
 便・尿を固め、臭いを包む簡単トイレ袋で、災害・断水時に使用できるトイレ処理一式で、1セット5回分です。

特定非営利活動法人フードバンク埼玉とは?

包装の破損や印字ミス、賞味期限に近づいた等といった理由から、品質には問題がないにも関わらず廃棄されてしまう食品・食材等を、企業や個人から引き取り、必要としている福祉施設・団体等や生活困窮者へ無償で提供する社会福祉活動『フードバンク』=『食品銀行』を行う団体です。 



音声ファイル:再生する
更新日:2018年06月06日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ