Multilingual
背景色
文字サイズ
【交通安全】スタントマンが事故を再現!自転車交通安全教室開催!(H30.9.20)
平成30年9月20日(木)、「スケアード・ストレイト教育技法による自転車交通安全教室 」が、東中学校校庭にて開催されました。
教室の様子はコチラから。

 

スケアード・ストレイト教育技法による
自転車交通安全教室

※『スケアード・ストレイト(恐怖の直視)教育技法』とは、学習者に『恐れ』を体感させることにより、社会通念上望ましくない行為を自主的に行わせないようにする教育技法です。これを交通安全教育に適用し、「ヒヤリ・ハッと」する場面を体験させることを通じて、交通安全意識を高め、自転車事故を未然に防ぐことを目的としています。


日時
 
920日(木)1330分~(約1時間)

会場 杉戸町立東中学校
  
(所在:杉戸町大字椿250番地 ☎0480-38-2005


内容
 
自転車による交通事故疑似体験学習
  
(スタントマンが交通事故を再現します。一部刺激的な場面を含みます。)

ポスター・チラシはコチラ(PDF765KB)
下記画像からもポスター・チラシを確認できます。

 


その他 申込不要・見学自由
※雨天の場合、一般の方の見学は中止とさせていただきます。
※駐車場は東中学校をご利用ください。
※駐車スペースに限りがありますので、乗り合い、または自転車でお越しください。


主催 埼玉県警察(杉戸警察署)  共催 杉戸町


協力
 杉戸町立東中学校


教室・内容に関する問合せ 
 杉戸警察署 交通課 ☎0480-33-0110
見学・観覧に関する問合せ 

 杉戸町役場 くらし安全課 交通・防犯担当 ☎0480-33-1111 内線284

恐怖』を体感!
ヒヤリ!ハッと!』を目の当たり!
交通安全意識を高めましょう!!

音声ファイル:再生する
更新日:2018年09月20日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ