Multilingual
背景色
文字サイズ
【消防】杉戸町消防団員を募集しています

杉戸町消防団員を募集しています

消防団員は、生業を持ちながら「自分たちのまちは、自分で守る」という使命感のもと、火災や風水害などの災害出場、火災予防広報・各種訓練などの防災活動を行い、住民の生命・身体・財産を守るため活躍しています。

近年、全国的に消防団員数が減少傾向にあり、杉戸町においても定員に欠員が生じています。 
 
ぜひ、あなたの個性を地域に密着した消防団活動の中で活かして充実した時間と今までとは違った新しい自分を発見してください。

  

入団資格

杉戸町内に居住又は勤務している18歳以上の方

志操堅固、身体強健である方 男女は問いません。

募集人数

各分団(地域)により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ

杉戸町役場 くらし安全課 消防・防災担当

電話 0480-33-1111(内線288

  

すぎぴょん消防団 

杉戸町消防団員の活動とは?


火災・台風・地震等の災害時の消火活動・人命救助・避難誘導等

風水害に備えての水防演習

県内の消防団が技術を競い合う消防操法大会への出場

毎年11月実施の消防特別点検
 ※杉戸町消防団の詳細についてはコチラ

 

 杉戸町消防団員に聞きました!「やりがい」とは?


第1分団 池澤団員(平成23年度入団

 

池澤消防団員
▲普段、背広姿でお勤めの池澤団員▲

入団のきっかけ ~愛郷の気持ち、町民に寄り添う活動~

入団したきっかけは、知り合いの消防職員からの勧誘でした。はじめは、戸惑いましたが、私の子どもが災害現場で活躍をする消防車が大好きなこともあり、消防団員として活動することを決意しました。その中で、消防団という存在は、「自分たちの町は自分で守る」ために活動しているのを知り、杉戸町で生まれ育った私は、改めて愛郷の気持ちを再認識しました。

災害発生時には、人命救助や避難誘導、被災者支援など、幅広い場面で杉戸町民の心に寄り添った活動を行うには、地元に精通する消防団の力が不可欠です。普段は杉戸町内で仕事をしつつ、杉戸町の安心・安全のために微力ながら消防団活動をしていきたいと思います。

 

池澤団員
▲日々の訓練を重ね、埼玉県消防操法大会に臨んだ池澤団員▲


貴重な経験と絆 ~消防団操法大会への日々で学んだこと~


私は、杉戸町消防団の代表として操法大会に出場をしました。この大会は、消防団の消防技術の向上と士気の高揚を目的とし、実際の火災現場において使用する消防車両を用いて放水を行い、すばやさや正確性などを競う大会です。

その大会に出場するため、多くの消防職員や杉戸町消防団の皆さんにサポートしてもらい日々訓練を重ねていきました。仲間と辛い訓練の日々を過ごす中で、分団の垣根を越え強い絆を感じることができ、当日も全身全霊の操法を披露することができました。この貴重な経験と絆を災害時に活かして、これからも消防団員として邁進していきたいです。

 

池澤団員操法大会
▲埼玉県消防操法大会にて仲間たちと共に(前列が各分団からの選手の皆さん)▲


・・・・・・・・・・・・・・・


女性消防団員も活躍しています

 

 

 女性消防団員の活動とは?

 

火災予防活動における広報

応急手当訓練の指導

防災教育及び啓発活動

 

 女性消防団員に聞きました!「やりがい」とは?

 

団本部 松本団員(平成27年度入団)

  

「女性消防団員でもあり、お母さん!」 
 
~杉戸町女性消防団(愛称:すきゅーと)~

 

 私が消防団に入団したのは、地域の役に立てればという思いがあり、広報すぎとを見ていたところ『女性消防団員募集』の記事があったので、応募しました。

消防団は「自分たちの町は、自分たちで守る」という精神に基づき活動していることを知り私にも何かできることはないかという思いで入団を決意しました。はじめは、二人の子どものお母さんであり、家事と子どもの世話をする中で活動することに不安はありましたが、地域の為に活動する私の一番の理解者は子どもでした。

 お母さんと女性消防団員の2つの顔を持ちつつ、家族の為にも地域の為にも頼れる存在であるように頑張っていきます。

 


サポートされる側からサポートする側へ ~自助防災の広がりを目指し~

 

正直、はじめは何をしていいのか、わからないことが多くて戸惑いましたが、周りの先輩たちにサポートしてもらいながら、色々な研修や訓練に参加をして消防・防災の知識を学んでいきました。応急救助や包帯法等の訓練は災害時だけではなく日常でも使用することができ非常に勉強になりました。それを活かせるように、地域の防災訓練等に参加をして、応急救助訓練等で私が学んだことを、多くの町民の皆さんに知ってもらい、自助防災に活かしてもらうよう活動しています。

 また、今では、子育ての経験を活かして、幼稚園や保育園で防災についての紙芝居による防災啓発をしています。

 一歩踏み出すのは、なかなか大変なことかもしれませんが、是非、女性消防団に興味のある方がいましたら一緒に活動をしましょう。

  


あなたの個性を地域に活かす
あなたの熱意が地域を生かす


音声ファイル:再生する
更新日:2018年11月10日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ