Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      受動喫煙を防止しましょう

        ~ 受動喫煙を防止しましょう ~


      <受動喫煙とは>
        たばこは、喫煙者だけではなく、その煙を吸ってしまう周囲の人にも、肺がんを始めと多くのがんや、心筋梗塞や脳梗塞などの循環器系疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患等のリスクを高めてしまうなど健康への影響があります。
        たばこの煙には、喫煙者が直接吸い込む「主流煙」とたばこの先から立ち上る「副流煙」があり、副流煙には主流煙に比べて2~4倍の有害物質が含まれています。
      この副流煙を自分の意思とは関係なく、吸い込んでしまうことを「受動喫煙」といいます。

      <健康増進法の一部が改正されました>
        国は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を1つのきっかけとして、健康増進法の一部が改正されました(平成30年7月25日公布法律第78号)。
      改正健康増進法では、望まない受動喫煙の防止を図るため、多くの人が利用する施設等の区分に応じ、喫煙を防止(一定の場所を除く)するとともに、施設の管理者が講ずべき措置等について定めています。

       受動喫煙により健康を損なう恐れが高い人が利用する施設である学校、病院等及び行政機関の庁舎では2019年7月から、原則敷地内禁煙(一定の場所を除く)とすることになりました。

      <3つの基本的な考え方>
      1.「望まない受動喫煙」をなくす。
       屋内において、受動喫煙にさらされることを望まない人がそのような状況に置かれ
      ることのないように「望まない受動喫煙」をなくす。

      2.受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮する。
       子どもなど20歳未満の人、患者等が主に利用する施設(学校、病院等)や屋外について、受動喫煙対策を一層徹底する。

      3.施設等の類型・場所ごとに対策を実施する。
       施設の類型・場所ごとに、喫煙措置や喫煙場所の特定を行うとともに、掲示の義務付けなどの対応を行う。
       その際、既存の飲食店のうち、経営規模が小さい事業者が運営するものについては、事業継続に配慮し、必要な措置を行う。
       
      詳細につきましては、下記ホームページをご覧ください。

        【厚生労働省ホームページ】
          https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html

        【埼玉県ホームページ】
          http://www.pref.saitama.lg.jp/kenko/kenko/zoshin/tabako/index.html

       今後、2020年4月1日までの全面施行に向けて、施設区分に応じた敷地内禁煙や屋内禁煙などの受動喫煙対策義務が段階的に施行されます。

       たばこを吸う人も、吸わない人も受動喫煙がない社会の実現に向け、町民の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

       

       

      音声ファイル:再生する
      更新日:2019年06月04日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ