Multilingual
背景色
文字サイズ
自宅でできる!確定申告

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、自宅で確定申告する方法をご紹介します。混雑した会場へ行くことなく、待ち時間なく申告書の作成・提出が可能です。この機会に、ぜひチャレンジしてみてください。

確定申告の詳細は、お近くの税務署や国税庁ホームページにてご確認ください。(ページ下部にリンクを掲載しています)


広報すぎと1月号(PDF)「自宅でできる!確定申告」

本ページと同内容を掲載しています。


 


確定申告とは


毎年1月1日から1231日までの1年間に生じたすべての所得の金額から所得税の額を計算し、源泉徴収※された所得税の額と比べて多ければ還付、少なければ納付することで、精算する手続きのことです。


※源泉徴収って何?

給与や年金の支払いの時に支払者があらかじめ所得税を差し引いて納付する制度です。税額は月々の支払明細や源泉徴収票に記載しています。

 


主に確定申告が必要な人


●事業所得や不動産所得がある人


●一定の年金受給者

年間400万円を超える金額を受給している(控除内容によっては、受給額に関わらず申告したほうがよい場合もあります(下記参照))。

公的年金以外に所得があり、その所得が20万円を超える(年金+給与など)。


●土地や家屋の売却などによる一時的な収入があった人

 収入の額によっては申告が不要な場合もあります。


●初めての住宅ローン控除を受ける人


 2年目以降は会社等での年末調整に提出すれば大丈夫です。


●一部の会社員

会社員であれば、年末調整という形で会社が申告を行ってくれるため、基本的に申告は必要ありません。しかし、以下のケースに該当する場合は申告が必要です。

  • 給与で2,000万円を超える場合

  • 給与以外での所得が20万円を超える場合

  • 2か所以上から給与をもらっている場合

  • 年末調整で出し忘れた書類がある、書き漏れをしてしまった項目がある場合

  • 医療費控除や寄附金控除など、年末調整できない控除がある場合


当てはまらない方も申告する場合があります

上記に該当せず、確定申告の必要はない方でも、所得の額や控除の内容によっては、申告をすることで払いすぎている税金が戻ってきたり、納税金額が減ったりする場合もあります。

詳しくは、税務署や税務課までお問い合わせください。

お問い合わせ時は、源泉徴収票等をお手元にご用意ください。



自宅でできる!確定申告 4ステップ


ステップ1
 書類を集めておきましょう


申告前にそろえておきたい書類があります。例えば、源泉徴収票保険料控除証明書医療費の領収書寄附金の受領証など、収入や支出の金額などを証明するものです。申告するときには、これらの書類を見て数字を入れることになります。また、証明書として提出するものもありますので、入手したら保管しておきましょう。

→申告書や手引き等は1月中旬から税務署や税務課窓口で取得できます。


ステップ2 添付書類の作成も忘れずに


収入の種類や控除の内容によっては、申告書以外に資料を作成し、申告書に添付する必要があります。


例1:営業・農業・不動産等の収入がある →売上や経費の内訳を記載する「収支内訳書」

例2:医療費控除を受ける →医療費をまとめた「医療費明細書」


申告時にあわてないように、日頃から帳簿などを付けてまとめておきましょう。


ステップ3 いよいよ申告書の作成です


自宅で確定申告する場合に活躍するのが、パソコンやスマホです。国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内通りに所得などの金額を正しく入力すれば、自動で計算をして申告書を簡単に作成することができます。いつでも好きな時間に確定申告書が作成できます。

→令和3年分の申告書作成コーナーは、1月上旬に公開予定です。


ステップ4 自分に合った提出方法を選択


申告書の作成が済んで、必要な添付書類もそろえたら提出します。提出方法は主に以下の4つです。


①税務署に提出   時間外収集箱もあります。

②役場税務課窓口や申告会場にある箱に投函  申告期間中に限ります。

③郵便で税務署へ郵送  宅配便やメール便は使えません。

e-Taxで送信する


▶▶自宅にプリンターがない場合

作成した申告書データはPDF形式で保存できるので、スマホに送ったり、SDカードやUSBメモリ等に移して、お近くのコンビニエンスストアなどで印刷することができます。


e-Taxの手順の概要



 


電子メールのように提出できる「e-Tax(イータックス)」


スマートフォンやパソコンを使用し、印刷せずそのまま送信して提出したい場合は、「e-Tax」というシステムを使うことになります。この方法は、還付金が早く振り込まれるなどのメリットがあります。「e-Tax」での提出方法は下記の2つ。インターネット環境下にあればどちらでも提出可能です。


1.マイナンバーカード方式


①パソコンを使って申告

パソコンにICカードリーダライタを接続してマイナンバーカードを読み取る、またはスマホでマイナンバーを読み取る(2次元バーコード認証)。


②スマートフォンを使って申告

マイナンバーカードに対応しているものであれば読み取りから送信までスマートフォンのみで完結します。


2.ID・パスワード方式

  申告する前に最寄りの税務署に行き、e-TaxIDとパスワードを発行してもらいましょう。

  ※申請時には、職員による本人確認がありますので、本人確認書類を持参しましょう。

 

 

関係リンク(外部サイト)

 

春日部税務署(杉戸管轄税務署)


 国税庁ホームページ


 国税庁 確定申告書等作成コーナー

  e-Tax 国税電子申告・納税システム

  2次元バーコード認証


音声ファイル:再生する
更新日:2022年01月04日
担当:税務課 町民税担当
電話(内線):242.243.436

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ
新着トピックス
    よくある質問