Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
    施設サービスの種類・費用の支払い・低所得の方の負担軽減
    ★施設に入所して介護を受けたい人に★
    施設サービスは「要介護」と認定された人のみが受けられます。「要支援」
    の人は受けられません。サービスには3つの種類があり、治療が中心か、介護
    が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かなどによって入所する施設を選
    択します。
    ●サービスの種類
    ■介護老人福祉施設 (生活介護が中心の施設)
    ■介護老人保健施設 (介護やリハビリが中心の施設)
    ■介護療養型医療施設(医療が中心の施設)

    ■費用の支払い
    施設サービス費の1割または2割のほか、居住費・食費・日常生活費の合計が自己負担となります。

    ■低所得の方の負担軽減(特定入所者介護サービス費)
    ・低所得の方は所得に応じて自己負担の上限が設けられ、これを超える利用者  
    負担はありません。
    ・この負担限度額を超える部分については、申請により「特定入所者介護サー 
    ビス費」として戻ります。
    ・介護施設を利用する方は、申請しないと所得段階が決定できませんので、必
    ず申請してください。
    <自己負担の上限額(日額)>
    対象者
    食費
    居住費
    従来型 個室
    多床室
    ユニット型個室
    ユニット型準個室
    生活保護の受給者の方等
    300
    490円(320円)
    0
    820
    490
    世帯全員が町民税非課税で
    老齢福祉年金受給者の方
    300
    490円(320円)
    0
    820
    490
    合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方等
    390
    490円(420円)
    320
    820
    490
    合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方等
    650
    1310円(820円)
    320
    1640
    1310
    ・( )の金額は、介護老人福祉施設に入所または短期入所生活介護を利用した場合の額です。
    ・該当になると思われる場合は、申請用紙がありますので記入し高齢介護課に申請してください。


    掲載者  高齢介護課 介護保険担当(内線313314315316
    音声ファイル:再生する
    更新日:2016年10月11日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ