Multilingual
背景色
文字サイズ
会議録(平成19年9月10日)
杉戸町情報公開・個人情報審議会会議要録 
1 日 時  平成19年9月10日(月)午前9時から午前10時
2 場 所  杉戸町役場 本庁舎3階第1会議室
3 出席者  飯塚委員、大木委員、浅野委員、田村委員、原田委員、藤
              井委員
古谷委員野口総務財政調整幹、鈴木総務課長、川島
              総務課主幹、小林文書情報公開担当主査
             (説明員)石川学校教育課長、佐藤主査、荒木主任 新井教
              育総務課長 鈴木給食センター所長
4 傍聴人  なし
5 議 事 個人情報目的外利用に係る意見について
     議事1 幼稚園保育料の滞納整理事務に伴う個人町県民税課税台帳及
             び滞納者の実態調査表の目的外利用について
     議事2 学校給食費徴収金の滞納整理事務に伴う個人町県民税課税台
             帳及び滞納者の実態調査表の目的外利用について
6 配布資料   
  (1) 個人情報目的外利用登録票(個人町県民税課税台帳 学校教育課
   分・給食センター分)
    
 (2)
個人情報目的外利用登録票(滞納者の実態調査表 学校教育課分・ 
   給食センター分)
 (3) 資料1 幼稚園施設の概要等
 (4) 資料2 給食センター施設の概要等
7 概要と発言要旨
 1.開 会
 2.あいさつ
(会長) お忙しい中ご参集いただきありがとうございました。今年の夏
 は連日猛暑日が続きことのほか暑かった。気象が最近変わりつつあるの
 ではないかと実感いたしました。
行政も新しいシステムの中動き出した
 ようであります。本日の議事は2件ありますが、鋭意ご審議いただきたい
 との挨拶を行った。
(会長)会議録の署名人を指名する。(大木委員、古谷委員)
資料の確認 
3.議事発言要旨
  
(会長) 条例の規定によりまして、会長が議長を勤めるとなっています
 ので、議長の職を務めさせていただきます。本日の会議は公開といたし
 ます。
早速議事に入らせていただきます。  
諮問書を会長に渡す。        
 議事1と2がありますが、いずれも使用料等の滞納事務によるものと、
 対象となる情報も課税台帳と滞納者実態調査表であり同じ情報を対象に
 していますので、一括担当から説明をお願いします。
(説明員) 資料の説明 学校教育課
(荒木主任)及び給食センター(鈴木所長)から資料に基づき説明する。
(会 長) 事務局の方から説明いただきましたが、この件についてご質
 問があればお願いします。
(藤井委員) 幼稚園の保育料の問題ですが、社会環境・生活環境の変化
 というものもあるのか、先の選挙公報の中にも多くの候補者が子育てに
 ついては無料という記載がある。そうすると一般町民はやはり幼稚園と
 いうものは義務教育的な考え方によって無料だというような錯誤によっ
 て滞納しているのか、または、そういうことでなく滞納しているのか。

 行政当局はどのように認識しているのか。本当に生活に困って滞納して
 いるのか。どのように感じているのか。目的外利用をどのように考えて
 いるのか。
(会 長) ご質問を頂きましたが、一つは行政として滞納の理由はどの
 ように把握しているか、それから今回目的外利用としてこの情報を利用
 する理由は何かの2点の質問ということでよろしいですか。
 
(説明員 石川) 年度別で滞納の状況を説明しますと、ここ数年18、
 17、16年は少なくなっています。これは、いまの担当者が努力して
 少なくなっています。
13~15年は多くなっていて残ってしまってい
 ます。そうしますと既に園には在籍はしていない方で、過年度分でだい
 ぶ経過してしまい連絡しても、義務教育という意識はないものの、だい
 ぶ年数も経っていることから積極的でない方が多いのかなと感じます。
       
 しかし、下の子供が入園している家庭は過年度分においても払っていま
 す。「前の分が残っているのですが。」と言いますと払っていただける
 こともあります。郵送したり、電話をしたりしてお願いをしているとこ
 ろです。
(藤井委員) たしかに担当者としてご苦労されているのはわかります
 が、しかし一般風潮として滞納が多いのは事実だと思います。
       
 その説明が単に電話なのか、個人宅に伺って理解を求めているのかその
 辺は何度も伺って説明すべきと思っています。
(会長) 今のご意見は参考にしていただき、説明があれば 
(説明員 石川) 電話で連絡が取れない場合は家庭に伺って説明してい
 ますが、すべての方に訪問ということではなくまず電話でできる方は電
 話でしています。
通じない場合とか、直接説明の必要な場合ということ
 でやっています。
今回のことについては、監査委員からの指摘もあり
 「事務を行うにあったってはいろいろと資料を集めて把握をしてやって
 いるのか。」との話があった。
私どもとしても電話応対や訪問の際にそ
 の家庭が入園しているときと状況が変わって収入の状況がどうなのか手
 持ち資料として持っていたいということで利用したい。
(大木委員) 全国的な状況からすると杉戸町は滞納は少ないと思う。特
  に平成18年度分は大変努力して集めていると思います。今後、集め方
 が他にないのか考える必要があるのではないか。
納付書を出していると
 思うが、他県の例ではあまりにも滞納が多いため、食券を買うとか極端
 な例ですが、若い保護者の方のモラルが低下していて義務教育だから何
 でも払わなくていいというような考えもあるようだ。
幼稚園の入園の説
 明会などで話してみる必要もあるのではないか。お母さん方の意識を変
 えないとだめなのではないか。
それでいて車に乗ったりいい生活をして
 いるのではおかしいし、何か制裁も必要ではないのか、子供には何の責
 任は無いが「3ヶ月滞納したらどうする」というようなことを親御さん
 にきちんと説明が必要ではないか。
 
(説明員 石川) 幼稚園は今年度に関しては、今までもあったが「3ヶ
 月滞納したら退園になります。」と義務教育ではありませんので言って
 います。
過年度に関しては、「あなた来てはいけないです。」とはでき
 ないので、今年度はきちんと「退園になります」と連絡していますの
 で、そこで収めてもらっているので3ヶ月の滞納はない。
 
(説明員 新井) 給食費については、昨年の段階で給食費の未納につい
 て学校側の調査によりますと、71人中で保護者の責任感・規範意識の
 問題というのが40人と半数を超えている実態があり、その他経済的な
 理由が26人いました。
昨年の秋にマスコミ等で給食費の未納が大きな
 問題になった
杉戸町では1パーセント弱ということでそれほど多いわけ
 ではありませんが、確かに未納があります。生活保護・準要保護なりの
 所得者に対する手当てもありますが、責任感、意識の問題が大きな理由
 になっています。
その解決のために、これまで給食というのは小中学校
 に入学すると自動的に給食を与える形になっていますが、給食の「申込
 書」あるいは「支払いの確認書」というようなものを来年度から書類の
 提出を求めて保護者から給食を申し込んでいる、支払いをするという確
 認をするような手続きを取ろうと思っています。
これまでの滞納につい
 ては各学校任せという言い方は変ですが町内9校の小中学校のうち7校
 の未納の学校があるが、悪質な滞納に関して保護者の所得状況を調査し
 て学校だけでなく給食センター、教育委員会共々学校と連絡を取って訪
 問徴収などもして、できるだけ少なくするようにしたいので個人情報と
 なりますが提供をお願いしたいと考えています。
(会 長) 今、説明を頂きましたが、払いたいけど払えない人と、払え
 るのに払わない人がいて、納入義務者の収入とか資産状況等を調査して
 払えるのか払えないのか把握したいということですね。
(藤井委員) 支払いをしないと言うことは社会常識的にみて無銭飲食で
 すよね。刑事犯に匹敵すようなものではないかと思いますが、そのくら
 い強力にしていかないと、高級車にのっていながら払わないという者も
 実態をみていないのでわからないが、いるのではないか、その辺は刑事
 罰にもっていくぐらいの考え方をもっていないと
確かに未納額の率は少
 ないが0に近づけなかったら意味がないのではないか。
 
(説明委員)100パーセントは転出された方とかいろいろな事情があり
 難しいができるだけ未納がないよう努めて参りたい。
 
(古谷委員) 以前は民生委員の学校への協力というのがあった。滞納者
 の家庭の状況とかを側面から協力していただけないかと。
そこで一番身
 近にいるのが民生委員で地域の状況を知っている。
行政は大変である家
 庭の状況とか全然わからないところに電話をしたりしてるのでは、そこ
 で身近の人の側面の協力が必要なのだろうと思うが、最近、個人情報の
 保護ということから一切情報がはいらなくなった。以前はいろいろなこ
 とで民生委員の確認印というようなものもあったが一切なくなった。そ
 の反面、行政の対応が大変になっているのではないか。
 
(会 長) 個人情報の保護という観点から民生委員さんの職務を徴収に
 協力するということは目的外利用というようなことを心配してそういう
 ことになったのでしょう。
今回は民生委員さんにということでわな行政
 の別の部門がもっている情報を徴収のために使いたいと言うことが諮問
 の目的のようであります。
 
(古谷委員)規範精神の欠如で、ほかのことでもずるい人が得をする世の
 中なってはいけない。
(大木委員) 個人情報の保護がネックになって行政内部同士でもの個人
 情報が使えなくなっている。
(会 長) ただ、それぞれの目的をもって情報を集めているわけで、登
 録制度で集める目的を決めている。そこを自分で縛っているわけで、そ
 こをはずしてしまっては何でも使ってしまっては限度が無くなってしま
 うので、そういった面で条例で規制している。まどろっこしく感じるか
 もしれないが審議会を通して目的外利用することで問題が無いかどうか
 を条例で皆さんご意見を聴いて決めることになっている。
     行
 政サービスのただの不正利用を許さないという考えが強いようですの
 で、徴収には積極的に望むべきだという考えのようですが、本件は情報
 をそのために利用していいかということです。
(藤井委員) ただ個人情報の過剰反応というか世の中おかしくなってい
 る面もある。
(原田委員) 今回の議題の趣旨で情報を利用することには賛成です。
 人情報は個人を守るものでなくてはならものであるが、個人を守ること
 は必要であるが、ずるい人達の隠れ蓑になっては困る。利用しないとど
 うしようもない。
規範意識という以前の問題であるように思う。子供の
 教育の前に親を教育する場が必要ではないかと思う。
PTA活動の中で
 も会費を納めない方がいて、電話してもつながらなっかったり、催促す
 る側の方が低姿勢でお願いするような状況になっています。
(会 長) いろいろご意見を頂きありがとうございました。ご意見を伺
 いましたらこれについては意義はなくて、むしろ納付を促進するよう努
 力してほしいということでした。
諮問がありました議事1・2の目的外
 利用につきましては異議なしということでよろしいでしょうか。
 全員賛成する。     
 諮問のありました議事は以上でございます。ご承認いただきましたので
 以上を持ちまして議事を終了させていただきます。
 
6.その他  なし 
7.閉 会
更新日:2010年07月15日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ