Multilingual
背景色
文字サイズ
杉戸町のISO/EMS入門
環境配慮活動や環境配慮意識に関した話題で、よく取り上げられるキーワードが「ISO14001」や「環境マネジメントシステム」。では、そのキーワードと共に、そこから派生する更なるキーワードについて、解説いたします。

≪「ISO14001」とは?≫

Q1ISO」とは何ですか?
A1
ISO」とは「国際標準化機構」のことです。世の中には皆さんが使い易いように共通のマークや物の大きさ等(非常口マーク、ネジ)がありますよね。それを決める機構のことです。

Q2
「ISO14000」シリーズとは何ですか?
A2
ISO」が定めた「環境マネジメントシステム(以下、EMSという)規格」のことです。つまり、皆さんで使える「環境管理の基準」のことを言います。

Q3
ISO14001」とは何ですか?
A3
環境管理の基準の内、「EMSの仕様と利用の手引き」のことです。つまり、「環境管理の仕組みの作り方・使い方」を言います。「環境方針、目標を設定して、それを達成するためにはどう したらよいか等」が書かれています。

Q4
EMS」とは、どのような方法のことを言うのですか?
A4
EMS」では、「P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Act)」サイクルを用いて効率的に運用管理を行います。この「P・D・C・A」サイクルの4ステップを繰り返し、じっくりと環境を改善していくのです。

ISO/EMS入門ピクチャー①














≪「認証取得」とは?≫

Q1ISO14001」の認証取得をするには、どうしたらいいのですか?
A1
それには、「環境管理の仕組みの作り方・使い方」にある「要求事項(すべき事)」を満たす必要があります。

Q2
認証取得」とは何のことですか?
A2
「審査登録機関」が、企業や自治体に対して「要求事項をこなしているか」を審査し、合格すれば「ISO14001の認証取得をした」ということになります。すると登録証が与えられるわけです。

ISO/EMS入門ピクチャー②


≪「審査登録機関」とは?≫

Q1審査登録機関」とはどのような機関ですか?
A1
審査登録機関」は適切な能力を必要とします。よって、「審査登録機関」もまた「認定機関」から審査を受け、認められる必要があります。

Q2認定機関」とはどのような機関ですか?
A2認定機関」とは、各国1機関と決められていて、日本では(財)日本適合性認定協会(JAB)がこれにあたります。

Q3
審査登録機関」のすることとは何ですか?
A3
審査登録機関」は、「ISO14001」の「認証取得」を希望する組織に対して、その組織が作り上げたEMSが「要求事項(すべき事)」を満たしているかどうかを審査します。

ISO/EMS入門ピクチャー③
















≪ISO14001を取得してどうなるの?≫
地球環境への効果(環境保全率先実行計画の推進、グリーン購入の推進等)
 
・庁内での電気やガソリン等の燃料の消費削減/紙や建築資材等の資源の消費削減。     
  → 環境への負荷を減らす事が出来ます。
 ・再生紙や低公害車等、環境への負荷が少ない製品に置き換える率先行動。
  → 次代を担う環境取組の推進が図れます。
 ・環境関連計画(環境保全率先実行計画等)に掲げる施策、目標の具体的な進捗管理。
  → 「計画を作って完了!」ではなく「計画の進捗を見届ける」事が出来ます。

組織内部での効果
(環境基本計画の推進、行政改革の推進)
 
・環境施策全般に対する職員意識の向上。  → 環境行政の推進が図れます。
 ・プログラム策定作業により、業務の作業手順や根拠法令の文書化、マニュアル化。
  → 事務の効率化が図れます。
 ・全庁的な組織体制、責任体制の構築。 → 行政事務の安定性が確保されます。
 ・システム構築により、体制及び責任が明確化。
  → 事務引継ぎの徹底化。事務の継続性が確保出来ます。
 ・PDCAサイクルを繰り返す事により、より良い行政サービス提供。→ 職員の意識改革が図れます。
 ・外部機関による審査 → 継続的な緊張感が確保されます。


住民や事業者に対する効果(自治体の場合)
 ・自治体が率先して環境保全活動 → 取組の住民や事業者へ紹介が図れます。
 ・住民や事業者等に対する普及啓発/マネジメントシステム運用のノウハウを会得。
  → 事業者に対して適切な支援、指導を図れます。

 

   ■関連ページ  杉戸町、ISO14001認証取得・返上、そして・・・独自EMS運用へ ■

   ■「杉戸町のISO/EMS入門」は、PDFファイル(88KB)でダウンロード可能です。■

更新日:2008年10月09日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ