Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    納付方法について


    個人町民税の徴収方法には、「普通徴収」と「給与からの特別徴収」と
    「公的年金からの特別徴収」の三つがあります。


    普通徴収                               

    役場から納税者あてに直接送付される納税通知書によって、通常6月、8月、10
    月、翌年1月の4回の納期に分けて各個人が納める方法です。


    給与からの特別徴収                               

    給与の支払者を通じて納める方法で、6月から翌年の5月までの12回に分けて、
    給与から差し引かれます。


    公的年金からの特別徴収                            

    65歳以上の公的年金受給者の年金所得に係る住民税を、4月・6月・8月
    ・10月・12月・翌年2月の年6回、公的年金の支払者が年金の支払の際
    にその人の年金から差し引いて納める方法です。

    <個人住民税の公的年金からの特別徴収制度の実施について>

    更新日:2009年07月15日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ