Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    インフルエンザの予防に努めましょう

     

     

    インフルエンザは、日本では例年11月~4月に流行します。いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が広がります。特に、乳幼児や高齢者、免疫力の低下している人では、重症になることがありますので注意が必要です。

    手洗い・うがい、マスク使用の徹底などにより、予防に努めましょう!

     

          インフルエンザとはどんな病気?

       

     

    普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状
     が中心ですが、
    インフルエンザは、38℃以上の発熱、全身のだるさ、
     頭痛、関節痛、筋肉痛などの
    全身症状が突然現れることが特徴です。
     併せて、普通の風邪と同じような症状も見ら
    れます。時には、急性脳
     症や肺炎などの合併症を伴い、重症になることもあります。

      インフルエンザウイルスの主な感染経路は、インフルエンザにかか
     った人の咳、く
    しゃみ、つばなどのひまつ(飛沫)と共に放出されたウ
     イルスを、のどや鼻から吸い込
    むことによって感染します(飛沫感染)。

        

                                         

          インフルエンザにかからないためには?

         

     

     

    *         流行前(12月上旬頃まで)にインフルエンザワクチン接種

    *         外出後の手洗い・うがい  

    *         適度な湿度(50%~60%)の保持              

    *         十分な休養とバランスの良い食事

    *         人込みや繁華街への外出を控え、外出する際はマスクの着用

                                     

     
      <咳エチケット> 

     咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から
    顔をそむけ1
    m以上離れる。

     鼻汁・痰などを含んだティッシュをすぐに蓋付きのゴミ箱に捨てら
     れる環境を整える。

     咳をしている人にマスクの着用を促す。症状のある人は、正しくマ
    スクを着用し、感染防止に努めましょう。

         マスクは、一般の薬局で市販されている、ウイルスの飛散を防止
    する効果の高い
    「不織布(ふしょくふ)」製のものを使うことを
    お勧めします。)



         インフルエンザの流行状況は?


     
            

       一週間ごとに医療機関から感染症発生情報を収集し、流行状況に
    関する調査が行われています。

       流行状況については、下記のホームページをご覧下さい。

     

    埼玉県感染症情報センターホームページ   
    http://www.pref.saitama.lg.jp/b0714/surveillance/srv-flu.html
    国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ  
    http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html


     

     

     

        インフルエンザに関する情報

                                    

     

    厚生労働省ホームページ

        http://www.mhlw.go.jp/index.html

    国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ

                http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html 

     

     

         新型インフルエンザとは? 

                新型インフルエンザは、毎年ヒトの間で冬に流行するインフルエン 
      ザとは異なり、
    動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスがヒトに感  
      染し、ヒトの体内で増えることができるように変化し、ヒトからヒト
      へと効率よく感染できるようになったもので、このウイルスが感染し
      て起こる疾患が新型インフルエンザです。

       新型インフルエンザウイルスはいつ出現するのか、誰にも予測することはできません。人間界にとっては未知のウイルスであり、ほとんどのヒトは免疫を持っていないため、このウイルスは容易にヒトからヒトへ感染して広がり、急速な世界的大流行(パンデミック)を起こす危険性があります。

       現時点で、こうした性質を持つ新型インフルエンザの発生は確認されていません。

      

     厚生労働省ホームページ

     http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

     
    更新日:2015年01月07日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ