Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      10月の動き
      10月の町長の公務状況を紹介します
      10月30日(金)生涯学習フェスティバルが開催されました










      さいたまスーパーアリーナにて生涯学習フェスティバル「まなびピア埼玉2009」が開催され、古谷町長・輪島教育長・上原議長が出席しました。

      開会式には、秋篠宮殿下もご出席されました。

      会場には杉戸町を紹介するブースも設置され、流灯祭の灯籠の実物や写真展示などをおこないました。


      10月30日(金)埼葛各町民生児童委員連絡協議会研修会が開催されました










      埼葛地域6町の民生児童員委員約200人が一同に会し、研修会がカルスタすぎとで実施されました。

      民生委員とは、厚生労働大臣が委嘱する公務員で、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って
      相談に応じ、必要な援助を行うとともに、市や社会福祉協議会などが行う福祉サービスと地域住民とを結び付けるパイプ役となって活動しています。また、民生委員は、児童委員の職を併せ持っおり、民生委員児童委員といいます。

      開催町を代表して、古谷町長があいさつしました。

      研修会では、総務省や県立精神保健福祉センターからの講習などが実施されました。


      10月27日(火)杉戸町戦没者追悼式が挙行されました










      杉戸町遺族会主催による「戦没者追悼式」がすぎとピアにて挙行されました。
      追悼式は1年おきに行なわれており、この日も多くの関係者が出席して行なわれました。

      古谷町長は「一人ひとりが、 かけがえのない命を大切にし、二度と戦争の悲劇は繰り返さないと決意する中、唯一の被爆国として、世界の恒久平和の確立を願う この強い気持ちは、片時も変わるものではありません。」とあいさつしました。

      10月26日(月)下野地内「南側水路整備計画」県施工区間説明会に出席しました










      下野地内の県道さいたま・幸手線沿いの「南側水路整備計画」の地元説明会が杉戸県土整備事務所により実施され、古谷町長及び町担当も出席しました。

      この工事は南側整備と県道の歩道整備を同時に行なうもので、かねてから下野地区や町から県に要望していた工事です。

      説明会では県及び町の担当者から工事の概要と予定について詳細な説明をいたしました。

      10月24日(土)シルバー祭りが開催されました










      シルバー人材センターでは、従来より事業の一環として、「文化祭」が開催されておりましたが、より多くの町民の方にシルバー人材センターを知っていただくために、今年から、「シルバー祭り」として、開催場所も、すぎとピアに移し開催いたしました。
       
      シルバー祭りでは、シルバー会員の皆様によるステージでのアトラクションや出店屋台、作品展示などがあり、大勢の人で賑わう盛況でした。

      古谷町長もあいさつの後、アトラクションや展示などを視察し、屋台では焼き芋の手伝いをするなど、会員と一緒に祭りに参加しました。


      10月23日(金)公民館[文化祭]を開催しました










      杉戸町の各公民館で23日(金)~25日(日)の間、「文化祭」を開催しました。

      「文化祭」には、各種サークルの展示やステージ発表など、多くの方が参加し盛大に開催されました。

      古谷町長も全ての公民館を視察し、作品を見て回ったり、出展者から意見を聞いたりしていました。


      10月19日(月)出前座談会を実施しました










      「杉戸町聴覚障害者協会」「杉戸手話サークル」「杉戸町要約筆記サークルつくし」の3団体出席の出前座談会をすぎとピアで実施しました。

      町からは、古谷町長、事務担当者等が出席し、町の現状や政策等の説明が行なわれました。

      座談会では、聴覚障がい者のための要約筆記が行なわれ、活発な意見交換が行なわれました。

      10月18日(日)トイレ&川の駅サミットに参加しました










      千葉県松戸市で開催されている「川の駅・トイレ/ジョイントフォーラム」の一環として、江戸川、利根川沿川のまちづくりを進めている市町村長の参加のもと、トイレや水辺整備の方策などを話し合うシンポジウム「トイレ&川の駅サミット」に参加しました。

      サミットのパネリストには古谷町長をはじめ、宮内庁長官、松戸市長、浦安市長、取手市長、文部科学省生涯学習局長、地域交流センター代表など、トイレや水辺整備などについて活発な意見交換を行ないました。

      10月17日(土)すぎの子意見意見発表会、福祉ボランティア祭が開催しました










      第11回すぎの子意見発表会がカルスすぎとで開催しました。小学生6人、中学生3人、高校生1人の計10人が意見発表を行ないました。
      また、アトラクションとして泉保育園園児による歌とダンス、杉戸中学校弦楽部による演奏、白百合幼稚園鼓笛隊による演奏もあり、多くの来場者がありました。

      第2回杉戸町福祉ボランティア祭がすぎとピアで開催しました。
      杉戸町内のボランティア15団体の参加協力のもと、模擬店などが出店や、防災・保健のイベントが行なわれ、多くの方が参加しました。

      上写真:すぎの子意見発表会表彰式
      下写真:福祉ボランティア祭

      10月15日(木)「埼葛人権を考える集い」が開催されました










      第18回埼葛人権を考える集いが春日部市民文化会館で盛大に開催され、古谷町長も出席しました。

      「夢 希望・・・10万人の願い」と題された今回の集いには、同和問題をはじめとするあらゆる人権問題の早期解決に向けて、地域住民の人権意識の高揚と正しい理解を啓発することを目指し、埼葛各市町長をはじめ、多くの関係者や住民が集まりました。

      杉戸町からも、関係団体や町民が多数参加し、また、劇団「ポップコーン」の演劇や「杉戸マジッククラブ」のステージ、「れんげそう作業所」「じりつ」の展示・出展、小中学生からの人権メッセージなど、多くの方々の協力があり、大好評でした。


      10月13日(火)地域安全・暴力排除推進大会が開催されました










      杉戸警察署管内「地域安全・暴力排除推進大会」が「すぎとピア」で開催されました。

      会場には古谷町長や杉戸警察署長をはじめ、多くの関係者や町民が集まりました。

      大会では杉戸町と宮代町の地域安全を図るため、専門家による講演や、地域安全・暴力排除に功績のあった功労者・功労団体の表彰などが行なわれると伴に、安心安全の地域づくりのための大会宣言が行なわれました。

      10月12日(月)杉戸民謡連合会25周年記念発表会が開催されました










      杉戸町民謡連合では、毎年、発表会を開催していますが、今年で25周年を迎えることにより盛大に発表会が開催されました。

      会場となったすぎとピアには、多くの民謡ファンが集まり発表会が始まりました。
       
      古谷町長をはじめ多くの来賓の方も出席し、発表される民謡を聞いていました。

      10月11日(日)町民体育祭が開催しました










      快晴の中、第29回町民体育祭が開催しました。
      各行政区やスポーツ団体、小中学校など多くの団体や個人など2,000人以上の方々が参加し、数々の競技を行ないました。

      杉戸小学校鼓笛隊と杉戸中学校吹奏楽部の演奏に乗って、多くの選手・参加者が入場行進し、20競技にも及ぶ競技を行ないました。
       
      古谷町長も上原議長と伴に競技に参加しました。

      体育祭は1位26区、2位33区、3位2-2区の結果となりました。

      10月10日(土)杉戸白百合幼稚園・高野台こどもの家保育園の運動会に参加しました










      杉戸白百合幼稚園の親子大運動会では、多くの父兄が見守る中、園児が日頃の練習の成果を見せるべく一生懸命、走ったり踊ったりしていました。
      子供と一緒に親たちも夢中で競技に参加していました。

      高野台こどもの家保育園では、アットホームな雰囲気の中、一生懸命ガンバル子供達の成長を確認するかのように、親たちも運動会を楽しんでいました。
       
      古谷町長は、子供達に元気に頑張ってくださいとあいさつしました。

      10月9日(金)テレビ埼玉の番組「勝手にキャッチコピー」が杉戸町で収録!










      テレビ埼玉の番組「ひるたま・ごごたま」(11:30から12:30、16:30から18:00)木曜日の企画で、県内の市町村を巡り、名所や名物などを見ながら、「キャッチコピー」を勝手に付けてしまおうという「勝手にキャッチコピー」という番組が取材に来ました。

      レポーターは「だいまじん」さんと、浜崎慶美さん。

      「カルスタすぎと」や「アグリパークゆめすぎと」を取材した後、役場にて古谷町長にも取材しました。
      この番組は11月5日(木曜日)に放映されます。

      10月5日(月)町民体育祭実行委員会が開催されました










      10月11日(日)に開催される「町民体育祭」の役員会議である実行委員会が西公民館で開催されました。

      「町民体育祭」の役員には、町体育協会・体育指導員をはじめ、関係団体や役場職員など233名の役員により運営されます。

      実行委員会では大会会長(町長)より実行委員を代表して委員長(教育長)に、大会役員の委嘱を行なうとともに、安全な大会運営に向けて話し合いが行なわれました。

      10月3日(土)4日(日) 幼稚園・保育園で運動会が開催されました










      3日(土)は町立の中央・中央第二・西・南幼稚園及びわかば保育園、高野台こどもの家保育園で運動会が開催されました。
      町長は中央第二幼稚園とわかば保育園の運動会に参加しまた。

      途中、雨の降る天候となってしまいましたが、園児たちは元気いっぱい頑張っていました。

      4日(日)は東幼稚園の運動会が開催され、町長も参加しました。
      昨日とはうってかわって晴天の中、園児たちは多くの父兄たちに見守られて、数々の競技に夢中になっていました。

      10月1日(木) 女性消防団員12名が誕生しました










      杉戸町消防団では、女性消防団員を募集し、このほど女性消防団員辞令交付式が、町長ほか多くの関係者の参加の下で盛大に実施され、団本部付けの女性消防団員12名が誕生しました。

      女性消防団の主な役割は、防災意識の普及・啓発活動や防火・防災指導、応急処置指導など、女性ならではのきめ細やかさ、やさしさ、ソフトさなどを活かして地域に根ざした防災活動を目指していきます。

      入団後は各種研修のほか、消防団員としての基本的な心構えや基礎知識、訓練礼式、応急手当等を学び、平成22年春には本格的な活動を開始する予定です。

      10月1日(木) 赤い羽根共同募金にご協力をお願いします










      第62回赤い羽根共同募金が10月~11月の期間で開始されています。10月1日と2日については、早朝から東武動物公園駅東口にて街頭募金を実施し町長も参加しました。

      街頭募金には、民生委員をはじめ、社会福祉協議会、杉戸農業高校の生徒も参加し、通勤・通学する方々に募金を呼びかけていました。 明日の駅前での街頭募金には、杉戸高校や昌平高校の生徒も参加することになっています。

      みなさんのご協力をお願いいたします。

      町長の動きにもどる

      更新日:2010年03月04日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ