杉戸町立杉戸中学校
学校の概要

■歴史

 杉戸中学校は県内でも有数の伝統ある学校で、開校は昭和22年5月3日である。このときは、杉戸小学校の一部と元青年学校校舎(現高橋屋さん)を使用しており、現在の場所に校舎ができたのは、2年後の昭和24年5月22日である。そして、この日を開校記念日とした。
 その他に昭和32年11月23日第2校舎落成、昭和47年3月14日開校30周年記念事業による「立志の塔」竣工。昭和57年4月1日広島中の新設に伴い分離。昭和62年3月20日特別教室(多目的ホール、技術家庭科室、LL教室、ML教室)改築工事完了。昭和62年7月31日プール建設完了、昭和63年3月31日屋外教育環境、屋外ステージ完成、昭和63年12月31日運動部室が完成、平成4年3月30日用具庫完成、平成6年12月10日体育館改修工事完成。さらに平成7年には、コンピュータ42台を新規導入し、インターネット接続を可能とした。

■特色

 生徒一人一人のよさを見つけ伸ばす教育の推進を通して、「さわやかで活力ある学校」づくりを目指している学校である。
 「協働協調」「学力重視」「師弟同行」「信頼醸成」の4つの学校経営方針の下、学校教育目標「自主自立」を目指して、全教職員が一丸となって日々の教育活動を推進している。具体的には、確かな学力の育成を目指した授業改善、全員班長制を生かした学級経営の充実、総合的な学習の時間の充実、生徒自らの生き方在り方を考えさせる立志式、など意欲的に教育活動を推進している。

  1. 学校経営に関すること
    ア 杉戸中学校アクションプラン及び推進計画に基づく学校経営
    イ 学校応援団による「読み聞かせ」「部活動指導」の実施
  2.  「確かな学力」に関すること
    ア 全教職員一人一回以上の研究授業実施による指導力の向上          
    イ 学習履歴型ドリル(eラインズ)による家庭学習支援
     
  3. 「豊かな心」に関すること
    ア 教育相談担当部会の充実による不登校生徒の未然防止と減少
    イ 「スマイル賞」運動の展開
    ウ 「ふれあいサーズデイ」による教師と生徒の交流活動
    エ 「ふれあい親善大使」による地域への学校だより等の情報提供        

■学校教育目標 「 自主自立 」

  〇自ら求め真剣に学ぶ生徒

  〇自他の人格を尊重する生徒

  〇健康・体力の増進に務める生徒

■日課表
 

朝 の 会

  8:10から  8:20

清    掃

  8:20から  8:35

1 校 時

  8:40から  9:30

2 校 時

  9:40から10:30

3 校 時

10:40から11:30

4 校 時

11:40から12:30

給    食

12:30から  1:05

昼 休 み

  1:05から  1:30

5 校 時

  1:30から  2:20

6 校 時

  2:30から  3:20

帰りの会

  2:25から  2:40
  3:25から  3:40


平成29年度 生徒数・学級編成(4月14日現在)
 

 

男子

女子

合計

学級数

1  年

139

108

247

2 年

126

119

245

3  年

118

107

225

全  体

383

334

717

20



更新日:2017年04月14日

アクセスカウンタ