Multilingual
背景色
文字サイズ
猫の飼い方などの相談について
猫の飼い方


 猫はペットとして多くの方に飼われている愛玩動物です。
 しかし、その一方では、
「フンや尿で庭を荒らされて、困っている」
「無責任に野良猫に餌を与えている人がいる」
などの苦情が寄せられています。
 近年の動物愛護に関する意識の変化により、「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、さらには「家庭動物の飼養及び保管に関する基準」が定められました。
 内容については、次のようになっています。


○室内で飼いましょう
フン尿などの被害の防止・交通事故・感染症の危険から猫を守るため。


○身元の表示をつけましょう
飼い主のいない猫と識別するため、首輪・名札などで身分表示をしましょう。


○不妊去勢手術
増やす予定がなければ、不妊去勢など繁殖制限をしてください。 




(動物の愛護及び管理に関する法律 第44条より抜粋)
愛護動物を殺傷した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金、虐待又は遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処せられます。
 
 猫には、登録制度や係留の義務がありません。飼い主の知らないところで、他人に迷惑をかけている場合もありますので、責任を持って飼育しましょう。 


※その他、猫の飼い方などの相談は、下記にご相談下さい。


埼玉県動物指センター南支所
  
所在地:さいたま市桜区在家473
電 話:048-855-0484 
音声ファイル:再生する
更新日:2017年02月23日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ