Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    石綿関連疾患に係る労災請求等
     

    1.「石綿による疾病」で療養や休業を必要とする労働者の方

    「石綿との関連が明らかな疾病」として、①石綿肺、②肺がん、③中皮腫、④良性石綿胸水、⑤びまん性胸膜肥厚があります。
     労働基準監督署で労災保険法に基づく療養補償給付や休業補償給付の請求手続きを行ってください。
     過去の療養や休業についても、2年以内であれば請求できます。
     疾病が仕事上のものと認められた場合には、上記給付の支給対象となります。

    2.石綿による疾病で亡くなられた労働者のご遺族の方

    (1)労働者が亡くなった日の翌日から5年を経過していない場合

       労働基準監督署で労災保険法に基づく遺族補償給付の請求手続きを行ってください。仕事による疾病で亡くなられたことが認められた場合には、上記給付金の支給対象となります。
     遺族補償給付の請求権の時効は、亡くなった日の翌日から起算して5年となっておりますので、お早めに請求手続きを行ってください。

    (2)労働者が亡くなった日の翌日から5年を経過した場合

       労働基準監督署で石綿救済法に基づく特別遺族給付金(★)の請求手続きを行ってください。仕事による疾病で亡くなられたことが認められた場合には、上記給付金の支給対象となります。
     (★)特別遺族給付金は平成18326日までに亡くなった労働者のご遺族の方に限り支給される給付金です。
     特別遺族給付金の請求期限は平成24327日までですので、お早めに請求手続きを行ってください。


    労災保険又は特別遺族給付金についての問い合わせ先

    春日部労働基準監督署  電話:048-735-5226
    埼玉労働局労災補償課  電話:048-600-6207

    更新日:2011年03月10日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ