Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
    介護保険はどんな制度?
    介護保険制度
    介護保険制度とは?
    現在、我国の高齢化は急速に進んでいます。世界一の長寿国となった現在、だれもがいつかは介護が必要となる可能性があります。
     そこで、こうした不安や問題を解消するために、介護を社会全体で支え、利用者自らが望む介護サービスを選択し、可能な限り自立した生活を営む事ができるような仕組みとして生まれた制度が「介護保険制度」です。

    ■介護保険制度とはどんなもの
    ●介護保険制度の運営主体は、杉戸町(全国の各市町村)です。
    ●介護保険には、原則として40歳以上の方全員が加入し、保険料を払います。
    ●サービスを利用する場合、町に「要介護認定」の申請が必要となります。
    ●「要介護認定」の申請をすると、町の調査員の調査結果と医師の意見書をもとに、介護認定審査会で介護や支援の必要度を判定します。
    ●サービスを利用した場合、利用者は、かかった費用の一割または二割を負担(施設入所の場合は食費等も負担)することになります。

    ■サービスを受けるには介護が必要であるという認定(要介護認定)が必要です。
    対象者
    ●65歳以上の方(第1号被保険者)
     寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態や、常時の介護までは必要ないが、身じたくなど、日常生活に支援が必要な状態になったときに対象となります。
    ●40歳から64歳までの医療保険に加入している方(第2号被保険者)
      老化が原因とされる病気(下記の16種類)により、介護や日常生活の支援が必要となったときのみ対象となります。
    (きん)萎縮性側索(いしゅくせいそくさく)硬化症(こうかしょう) (こう)(じゅう)靭帯(じんたい)骨化症(こっかしょう)  ・多系統(たけいとう)萎縮症(いしゅくしょう)
    初老期(しょろうき)における認知症(にんちしょう) ・脊髄(せきずい)小脳(しょうのう)変性症(へんせいしょう)  ・脊柱管(せきちゅうかん)狭窄症(きょうさくしょう)
    早老症(そうろうしょう)        ・(のう)血管(けっかん)疾患(しっかん)     ・閉塞性(へいそくせい)動脈(どうみゃく)硬化症(こうかしょう)
    関節(かんせつ)リウマチ     ・慢性(まんせい)閉塞性(へいそくせい)(はい)疾患(しっかん)  ・末期(まっき)がん
    骨折(こっせつ)伴う(ともなう)(こつ)(そ)しょう(しょう)
    糖尿病性(とうにょうびょうせい)神経(しんけい)障害(しょうがい)糖尿病性(とうにょうびょうせい)腎症(じんしょう)及び(および)尿病性(とうにょうびょうせい)網膜症(もうまくしょう)
    進行性核上性(しんこうせいかくじょうせい)麻痺(まひ)大脳(だいのう)皮質(ひしつ)基底核(きていかく)変性症(へんせいしょう)及び(および)パーキンソン(びょう)
    両側(りょうそく)(しつ)関節(かんせつ)(また)(こ)関節(かんせつ)著しい(いちじるしい)変形(へんけい)伴う(ともなう)変形性(へんけいせい)関節症(かんせつしょう)

     
    掲載者 高齢介護 介護保険担当(内線313314315316
    音声ファイル:再生する
    更新日:2016年10月11日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ