Multilingual
背景色
文字サイズ
建築物の解体などをする際には石綿(アスベスト)にご注意ください
建築物の解体などを依頼する方、解体工事を請け負う事業者の方々へ
 石綿(アスベスト)が使用されている建築物は、その建築物の床面積・構造等にかかわらず、石綿が飛散しないように解体しなければなりません。
建築物の解体を依頼する方は、石綿等の使用の有無を調査し、解体工事などを請け負う事業者の方に伝えなければなりません。
解体は各種法令に基づき、適切に行ってください。
解体などを行う作業員には防じんマスク、作業衣等を着用させなければなりません。
石綿を含む廃棄物の処理は、知事等の許可を受けている業者に委託して行ってください。

アスベストを使用している建築物の解体・補修時には届出と対策が必要です!
 石綿を使用している建物解体・補修時には、以下の区分ごとに各種法令に基づく対策が必要です。届出の方法、必要な石綿対策等の詳細については、下記連絡先にご相談ください。
建築物解体・補修に関する届出一覧
解体する建築物の種類
石綿に関する必要な対策
関係法令
問合せ先
(届出先)





綿

吹き付け石綿、石綿含有吹き付け材が使用されている全ての耐火・準耐火建築物
・届出(作業の14日前まで)
・作業場の隔離
・吹き付け石綿等の湿潤化 等
労働安全衛生法
(労働安全衛生規則、石綿障害予防規則)
春日部労働
基準監督署
吹き付け石綿・石綿含有吹き付け材が使用されている全ての建築物(耐火・準耐火以外)
・届出(あらかじめ)
・作業場の隔離
・吹き付け石綿等の湿潤化 等
石綿(又は石綿含有吹き付け材)の吹き付け面積が50m2以上かつ床面積500m2以上の耐火・準耐火建築物
・届出(作業の14日前まで)
・作業場の隔離
・集じん・排気装置の設置
・吹き付け石綿の湿潤化 等
大気汚染防止法
埼玉県
東部環境
管理事務所
石綿含有保温材、石綿耐火被覆材、石綿含有断熱材が使用されている全ての建築物
・届出(あらかじめ)
・石綿含有建材等の湿潤化 等
労働安全衛生法
(石綿障害予防規則)
春日部労働
基準監督署
石綿含有スレート(屋根材)、サイディングボード(外壁材)等が使用されている全ての建築物
・石綿含有建材等の湿潤化 等

 労働安全衛生法、大気汚染防止法については、建築物の解体をしないで石綿等の除去工事のみを行う際にも届出等が必要ですので、ご注意ください。
 なお、床面積80m2以上の建築物(石綿等の使用の有無を問いません)の解体を行う際には作業の7日前までに建設リサイクル法に基づく届出を埼玉県杉戸県土整備事務所に提出する必要があります。
連絡先
各法令、届出に関することや、不明な点は下記までお問い合わせください。

石綿障害予防規則に関すること
 埼玉労働局(048-600-6206
 春日部労働基準監督署(048-735-5226
大気汚染防止法に関すること
 埼玉県青空再生課(048-830-3058
 埼玉県東部環境管理事務所(0480-34-4011
廃棄物の処理に関すること
 県廃棄物指導課(048-830-3135
 埼玉県東部環境管理事務所(0480-34-4011
建設リサイクル法に関すること
 県技術管理課(048-830-5190
 埼玉県杉戸県土整備事務所(0480-34-2381
音声ファイル:再生する
更新日:2017年12月07日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ