Multilingual
背景色
文字サイズ
緊急通報システム

 

緊急通報システム画像写真

対象者

①65歳以上の脳疾患・心疾患を有するひとり暮らし高齢者及び高齢者世帯。又は、90歳以上のひとり暮らし高齢者及び、90歳以上の高齢者世帯。

②65歳以上のひとり暮らし又は、高齢者世帯及び日中独居で日常生活に心配、不安のある高齢者。 
※担当者が自宅へ訪問し、現状を確認した上で利用の可否が決定されます。
内 容

急病や災害時等に緊急ボタンを押すと、緊急通報センターの看護師につながり、速やかな救急活動等が行われます。

相談ボタンを押すと、不安や悩み事を看護師に相談することができます。

なお、毎月1回緊急通報センターから「お元気コール」があります。
※インターネット接続や、IP電話等を利用している場合には、正常に通報が届かないことがある為、設置出来ないことがあります。

利用料

①の対象者は通話料・電気代は利用者負担
緊急通報電話の設置代及びレンタル料・保守点検料は町が負担します。

②の対象者は通話料・電気代、毎月のレンタル料 825円(消費税込)は利用者負担(緊急通報電話の設置代・保守点検料は町が負担します)。
生活保護世帯及びそれに準ずる世帯は無償。

相談窓口

                        
高齢介護課
高齢者福祉担当(内線317318)        


 

 

 







音声ファイル:再生する
更新日:2022年05月19日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ