Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    永福寺
    永福寺
    「どじょう施餓鬼」の行われる寺。

    地図情報はこちら
    【永福寺】

    永福寺
     永福寺は、真言宗豊山派(総本山奈良県桜井市長谷寺)で、もともとは長福密寺と名のっていましたが、徳川五代将軍綱吉がわが子に「長福」と名付けたため、それに遠慮して永福寺と改めました。
    【永福寺鐘楼】
    永福寺鐘楼
     毎年八月二十二・二十三日に行われます特別施餓鬼法要(いきものや生前に悪事を行って地獄に落ちたものを供養する行事)では、人々が放生(いきものを放ってやる行事)として池にどじょうを放す習慣があることから、通称「どじょう施餓鬼」と呼ばれ、関東三大施餓鬼のひとつにあげられています。当日は露店なども並び、近隣や遠方からたくさんの人が訪れ、法要が行われます。










    更新日:2008年02月25日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ