Multilingual
背景色
文字サイズ
子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種についてのお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)予防接種の
積極的勧奨を再開します

 HPVワクチンの定期接種については、接種後の副反応の発生頻度等がより明らかになるまでの間として、平成25年6月14日から国の方針に基づき、積極的勧奨を差控えてきました。この度、国の検討部会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、積極的勧奨の差控え状態を終了し、令和4年4月より接種対象者に対する個別の接種勧奨を再開することとなりました。

※下記で厚生労働省サイトをご参照ください。

※接種を希望または検討したい方は、保健センターにご連絡ください。


【接種対象者】 小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子
          (標準的な接種時期:中学校1年生)

【接種回数・接種間隔】 3回
 ※2種類のワクチンがあり、どちらか一方のワクチンを3回接種する
 ・サーバリックス(2価)
    ①1回目から1か月以上あけて2回目
    ②2回目から2か月半以上あけて3回目 
    ③かつ3回目は1回目から5か月以上あける(標準6か月以上)
 ・ガーダシル(4価)
    ①1回目から1か月以上あけて2回目(標準2か月)
    ②2回目から3か月以上あけて3回目
    (標準的:3回目は1回目から6か月以上あける)

【接種費用】接種対象者は無料(杉戸町の予診票使用)

【接種方法】契約医療機関で個別接種

【予診票配付方法】中学1年生・高校1年生相当の女子には、令和4年4月中に予診票・リーフレットを郵送しました。それ以外の接種対象者で接種を希望する方は保健センターへ
連絡してください。予診票・リーフレットを郵送します。同封のリーフレット等を見て、ご検討ください。

 

【厚生労働省サイト】
ヒトパピローマウイルス感染症とは
子宮頸がん予防ワクチンの関するQ&A
予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について
・キャッチアップ接種のご案内

<リーフレット>
HPVワクチン接種の対象年齢のお子様と保護者の方へ(概要版)
HPVワクチン接種の対象年齢のお子様と保護者の方へ(詳細版)


 
 
問合せ  保健センター(健康支援課) 電話 34-1188 

音声ファイル:再生する
更新日:2022年08月30日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ
新着トピックス