Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
      平成25年度 杉戸町子どもにやさしい街づくり推進会議 会議録
       
      【審議会名】  平成25年度子どもにやさしい街づくり推進会議
      【開催日時】 平成25年7月25日 13:30~15:30
      【開催場所】 杉戸町役場第一庁舎3階会儀室

      【会議の議題】
      (1)委員の変更に伴う副会長の選任について
      (2)委員の変更に伴う専門委員の指名について
      (3)次世代育成支援行動計画平成24年度実施状況及び平成25年度実施計画について 

      【公開・非公開の別】 公 開(公開の場合傍聴者数 なし)
       

      【出席委員氏名】
      清水信武会長・高橋恵子委員・鈴木惠子委員・加藤信幸委員・新井義久委員・難波京子委員・水野順子委員・野口正次委員・新井ツナ子委員・泰樂秀一委員・岡﨑宏子委員・麻生雅彦委員・立岡猛委員

       ■1 審議事項
      (1)委員の変更に伴う副会長の選任について
      (2)委員の変更に伴う専門委員の指名について
      (3)次世代育成支援行動計画平成24年度実施状況及び平成25年度実施計画について

       ■2 主な意見等
      審議事項(1)各委員:異議なし
       

      審議事項(2)各委員:異議なし


      審議事項(3)

      委員
       12ページの『目標事業量』の実績の「一時預かり事業」の目標人数が6ヵ所で2,000人となっていますが、子供の数も減っています。24年度の利用人数が1,068人であるが、これが、杉戸町としてのニーズなのではないでしょうか?目標量の見直しが必要な場合もあるのでは?

      事務局
       
      一時預かりサービスとして6ヵ所で2,000人は事業計画当時に掲げた目標であります。需要と供給を考えて、年間2,000人受入れられるようにと目標を設置しました。

      委員
       
      病児・病後児保育事業において、利用者数が平成23年度は732人で、平成24年度は532人と減っています。目標量が400人と目標量を上回っているが、町内の利用252人です。こちらも目標量の見直しが必要なのでは?

      事務局
       
      まず、平成24年度は、流行的な病がなかったことが、利用数が前年に比べて減った要因だと考えられます。また、年間利用人数の532人のうち町内の利用者は252名ですが、理由としては、『とんことり』が広域的な施設ということです。他市町には、この様な施設がないところもあり、他市町の住民の方の受入れも行っております。

      委員
       
      必要のない数字を掲げて、その目標達成のために力を注ぐのは、必要でしょうか?場合によっては目標量の見直しが必要なのかと思います。

      事務局
       
      地域性も考慮して、行っていければと思います。

      委員
       
      世間では、待機児童を減らすために、受入れ拡大などを行っています。設備は整っているが、保育士が不足しているという現状もあります。杉戸町ではどうでしょうか?

      事務局
       
      低年齢児の需要は増加傾向にあります。保育士の確保が困難というのもあります。保育園以外にも、子育て支援センターなど保育士の資格が必要な施設があり、そういった施設に流れてしまっているところもあります。現在、各園に年々お願いをし、困難な中、対応を図らせてもらっています。

      委員
       
      保育士が集まらない理由のひとつは賃金が挙げられると思います。設備があっても保育士が不足していては問題解決にはならないと思います。

      委員
       
      町の財政状況もあるかと思います。決められた賃金で有能な人材が確保出来れば良いのですが。

      委員
       
      現在、杉戸町の待機児童は何人ですか?

      事務局
       
      現在の杉戸町の待機児童は、1歳児が2名となっております。保育園の協力のもと色々と工夫をして待機児童を減らす努力をしていきたいと考えております。

      委員
       
      杉戸町では他市町の児童を預かっているのですか?

      委員
       
      杉戸町として断るのは難しい場合もあると思います。その場合は、何か補助などはあるのでしょうか?

      事務局
       
      認可保育園の場合、入所基準がございます。杉戸町民が他市町の保育園に子どもを預ける場合、杉戸町を通してその預けたい保育園がある市町に協議委託します。ただ、優先順位は低くなります。逆の場合も同じで、杉戸町が他市町の児童を受け入れる場合も、まず町内の児童が優先となります。

      委員
       
      他市町からもいいね言われる様なものを積み上げて作って行かなければと思います。自分たちの関わりのある所から考えていってくだされば、よりよいものになっていくと思います。 
      更新日:2013年08月23日

      この情報はお役に立ちましたか?

        

      返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


      アクセスカウンタ