Multilingual
背景色
文字サイズ
退職者医療制度について

 退職者医療制度は、会社などに勤めていた方が、退職後に、国民健康保険に加入することによって、国民健康保険の医療費負担が増大することを是正するためにつくられた制度です。

 被保険者が、医療機関等を受診した際、後ほど、国民健康保険から、医療機関等に7割分(被保険者が窓口で負担した3割分以外の医療費)を支払います。

退職者医療制度の適用を受けている方の場合、その7割分は、一般の国保被保険者とは別に、退職者医療制度に該当する方の保険税と、加入していた社会保険等からの拠出金で賄うことになっています。

 退職者医療制度が適正に適用されないと国民健康保険が負担する医療費の増大を招き、国民健康保険加入者の保険税負担の増加につながります。

退職者医療制度に該当する方で、届出がお済みでない場合は、お手数ですが届出をお願いいたします。

保険税の計算方法や医療費の自己負担割合は、退職被保険者と   一般被保険者に違いはありません。

※退職者医療制度は平成27年3月末で廃止されました。

ただし、平成27年3月31日(平成26年度末)までにこの制度に該当されている方が65歳になるまでの間は、退職者医療制度の資格が継続します。

【対象となる方】

次の(1)(2)全てにあてはまる方(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象となります。 

(1)国民健康保険に加入している65歳未満の方  

(2)厚生年金や共済組合の老齢年金などを受給されていて、その加入期間が20年以上、または40歳以降の加入期間が10年以上ある方

● 退職者医療制度の被扶養者とは?

 退職被保険者と生活をともにし、主に退職被保険者の収入によって生計を維持していて、次の(1)(3)全てにあてはまる方です。

(1)国民健康保険に加入している65歳未満の方

(2)退職被保険者の配偶者(内縁でもよい)と3等以内の親族 

(3)年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の方

【手続き】

 退職者医療制度に該当する方は、下記のものをお持ちになり、手続きをお願いします。該当日は年金の受給権が発生した日からになります。

 資格が生じて、年金証書を受け取りましたら、14日以内に手続きをお願いいたします。

・年金証書

・国民健康保険被保険者証(既に国民健康保険に加入している方)

・職場の健康保険資格喪失証明書(新たに国民健康保険に加入する方)

・印鑑

・マイナンバーが確認できるもの

・身分証明証(マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、パスポート等)


●保険証

 対象となった方には、退と表示された「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

 65歳を迎えられる年度の保険証は有効期限が65歳の誕生月の末日となります。(1日生まれの方は65歳の誕生月の前月の末日)

 新たな保険証は65歳の誕生月の下旬にお送りします。(1日生まれの方は65歳の誕生月の前月下旬)

●退職者医療制度の職権適用について

 退職者医療制度は届出により認定されるものですが、杉戸町国民健康保険において、年金情報などにより届出事項が確認できた場合は、届出を省略し、退職被保険者として職権適用することがあります。該当される方には保険証を送付します。

 

       担当:町民課国民健康保険担当 内線257・457

音声ファイル:再生する
更新日:2019年03月18日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ