Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
    よくある質問
    杉戸町次世代育成支援行動計画『特定事業以外』における平成17年度実施計画及び実施状況
    目標
    No.
    施策・
    事業内容
    担当課平成21年度
    までの計画目標
    平成17年度
    実施計画
    平成17年度
    実施状況
    平成
    17年度達成度
    1-11.乳幼児健康支援一時預かり事業福祉課定員を1日6人まで拡充できるよう検討していきます。民間医療機関に委託して実施1日定員4人、定員増について、委託先と調査・検討病後児保育室「とんことり」の周知を図るため、利用案内を作成し配付

    民間医療機関と増員に向けて調整中
    1-12.一時的保育事業福祉課町立保育園3園、私立保育園3園を含めて定数22人まで拡充します。また、利用の対象範囲の拡大も検討していきます。町立保育園3園にて実施、定数
    14人
    一時的保育事業の周知を図るため、利用案内を作成し配付
    ・町立3園にて1日平均5人を受け入
    ・私立保育園の実施について調整中
    1-13.ファミリー・サポート・センター事業福祉課会員の拡大に取り組みます。会員の拡大に取り組む
    ・依頼会員 
          140人
    ・提供会員
           50人
    ・両方会員  
           20人

       合計210人
    ファミリー・サポート・センターの周知を図るため、利用案内を作成し配付
    また、保健センターの乳幼児健診時にPR活動を実施                   
    平成18年3月末の会員数見込み
    ・依頼会員140人
    ・提供会員 46人
    ・両方会員 14人  
        合計200人
    1-14.放課後児童健全育成事業
    (放課後児童クラブ)
    福祉課すべての小学校への施設設置と4年生まで拡充します。その後、全学年の受け入れ体制を検討します。放課後児童クラブ(学童保育所)公設公営5か所で1年生から3年生まで実施

    今年度泉児館内の泉学童保育所を泉小余裕教室へ移転 
    泉放課後児童クラブの泉小学校余裕教室への移転 
    1-15.保護者の相談事業学校教育課町立幼稚園5園で実施していきます。
    学期1回 全園児対象・随時相談
    町立幼稚園5園で実施

    学期1回

    全園児対象・随時相談
    町立幼稚園5園で実施
    保護者との保育相談を実施
    1-16.子育て相談ダイヤル福祉課町・私立保育園、泉児童館子育て支援センターにて実施を予定します。町・私立保育園、泉児童館にて実施

    支援センターについて調査・検討
    ・子育て相談について周知を図るため、利用案内を作成し配付
    ・町立保育園、泉児童館にて子育て相談ダイヤルを実施
    ・子育て支援センターについては、平成19年度開設に向け調査・検討を開始
    1-17.健康相談保健センター保健センター(随時)要望のある地域にて継続実施します。保健センター 随時実施
    西公民館  隔月実施
    保健センター 随時実施
    西公民館  隔月実施
    1-18.乳幼児健康診査保健センター各健診ともに受診率の向上と未受診児の全数を把握し、実施していきます。各健診月1回実施各健診月1回
    受診率 
    3~4か月児  98.5%
    9~10か月児 98.0%
    1歳6か月児  98.3%
    3歳児     90.0%
    1-19.乳幼児健全発達支援相談指導事業保健センター<個別相談>
    ・言語相談  年42回
    ・療育相談  年12回
    ・心理相談  年36回
    <集団指導>
    ・ラッコ教室 年3回 
     (1コース5日間)
    ・杉の子教室 年3回  (1コース6日間)
    <親の会> 継続して実施していきます。
    (個別相談)
    言語相談 年42回実施
    療育相談 年12回実施
    心理相談 年36回実施
    (集団指導)
    ラッコ教室  年3回
    杉の子教室  年3回
    (親の会)  年5回実施
    (個別相談)
    言語相談 年42回実施 
    療育相談 年12回実施 
    心理相談 年36回実施 
    (集団指導)
    ラッコ教室  年3回 
    杉の子教室  年3回 
    (親の会)  年5回
    1-110.総合的な子育て支援情報提供サービス福祉課総合的な子育て支援情報の提供できる子育て支援センターの設置を検討します。福祉課、保育園、児童館やホームページで情報の提供福祉課、保育園、児童館やホームページで情報の提供
    子育て支援センターについては、平成19年度開設に向け調査・検討を開始
    1-111.ママパパ教室同窓会保健センター年4回実施していきます。年4回実施年4回実施
    1-112.ぽっぽはうす社会教育課公民館や民間施設を活用し継続して実施していきます。利用者増加を図る昨年度同時期10回開催と比較して27回開催
    1-113.空き店舗等を活用した子育て施設の検討福祉課設置については、送迎用の駐車場の問題、保育上の安全性の確保の問題などのを踏まえて検討していきます。調査・検討(福祉課)未調査
    産業課該当施設があった場合は調査(産業課)未調査
    1-21.保育サービスの提供福祉課定員に対して約15%の受け入れ拡大を実施します。認可外保育施設の認可化を推進します。認可外保育施設の指導監督は継続して実施します。定員に対して約15%の受け入れ拡大
    町立3園 
     定員 250人

    私立3園 
     定員 100人
    合計6園 
     定員 350人

    双葉保育園17年4月1日認可化を推進

    認可外保育施設の指導監督の実施
    町立保育園 
     入所児童総数 225人 (平成18年1月1日)
    ・泉保育園       53人
    ・内田保育園     70人
    ・高野台保育園  102人

    私立保育園 
     入所児童総数 113人  (平成18年1月1日)
    ・わかば保育園   70人
    ・高野台子どもの家保育園            22人
    ・双葉保育園    21人

    町外への委託   25人 

    合計        363人

    待機児童 0人
    (平成18年1月1日) 

    双葉保育園17年4月1日認可   

    認可外保育施設の立入調査を実施
    1-22.延長保育福祉課保育園のうち1保育園について、午後8時までの延長保育を実施できるよう検討します。全保育園で午前7時から午後7時まで実施

    午後8間での延長保育について民間保育園を含めて調査・検討
    11月号町広報紙に保育園の入所案内とあわせ開所時間を掲載

    全保育園で午前7時から午後7時まで実施
    午後8時までの延長について調査・検討中
    1-23.休日保育福祉課1園 定員10人で実施できるよう検討します。民間保育園と調査・検討民間保育園と調査・検討
    試行的に双葉保育園にて実施
    1-24.保育サービスの情報提供福祉課継続して実施します。福祉課、各保育園、広報紙、ホームページ等で提供福祉課、各保育園、広報紙、ホームページ等で提供
    1-25.保育園の第三者評価制度の検討福祉課第三者評価制度を検討し、福祉の向上に努めます。調査・検討未調査
    1-26.幼稚園・保育園の連携強化幼保一元化推進室幼児教育、保育の質的向上と子育て支援を推進していきます。幼児教育、保育の質的向上と子育て支援を推進幼稚園、保育園職員の研修会を7月、12月に実施
    1-31.乳幼児健全発達支援相談指導事業連絡調整会議保健センター年2回実施していきます。年2回実施年2回実施
    1-32.児童虐待予防推進事業保健センター関係各課と調整の上、継続して実施していきます。すくすくマップ(子育て情報マップ)を母子手帳交付時と転入者に配布すくすくマップ(子育て情報マップ)を転入者に配布
    1-33.子育て支援センター福祉課地域子育て支援センター3か所の設置を検討していきます。調査・検討平成19年度開設に向け調査・検討を開始
    1-41.放課後児童健全育成事業(再掲)福祉課すべての小学校への施設設置と4年生まで拡充します。その後、全学年の受け入れ体制を検討します。放課後児童クラブ(学童保育所)公設公営5か所1年生から3年生まで実施
    今年度泉児館内の泉学童保育所を泉小余裕教室へ移転 
    泉放課後児童クラブの泉小学校余裕教室への移転 
    1-42.児童館福祉課公共施設等を利用し、児童館的役割を持つ施設を1か所設置することを検討します。調査・検討平成19年度開設に向け調査・検討
    1-43.地域における青少年の活動拠点の推進生涯学習施設建設準備室(仮称)生涯学習センターの青少年活動や社会資源を活用した地域における拠点づくりを検討します。(仮称)生涯学習センターの建設(仮称)生涯学習センターの建設
    1-44.青少年相談員事業福祉課継続実施していきます。青少年対象サマーキャンプ実施青少年相談員により青少年対象サマーキャンプを8月20日、21日の1泊2日で実施
    1-45.わんぱくキッズセミナー社会教育課年5回(参加人数30人)で実施していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    1-46.ラッコ教室保健センター年3回(1コース5日間)で実施していきます。年3回(1コース5日間)実施年3回(1コース5日間)実施
    1-47.杉の子教室保健センター年3回(1コース6日間)で実施していきます。年3回(1コース6日間)実施年3回(1コース6日間)実施
    1-48.児童福祉対策事業福祉課児童虐待の発生予防の観点を重点的に踏まえ、体制の充実に努めていきます。要保護児童地域協議会の設置要保護児童地域協議会を設置
    1-49.集会所整備事業住民参加推進課継続的に実施していきます。17区集会所建設を予定17区集会所を建設
    1-51.つどいの場づくり福祉課NPO法人等の協力を得て、公共施設・空き店舗の活用等を含め拠点を整備し地域の子育てネットワークづくりを検討します。公民館事業で実施(各公民館)

    児童館事業
     (ピヨピヨ広場)

    ぽっぽはうす
     (民間施設)
    公民館事業で実施(各公民館)

    児童館事業(ピヨピヨ広場)

    ぽっぽはうす(民間施設)
    1-52.杉戸町コミュニティづくり推進協議会住民参加推進課継続的に実施していきます。昨年度と同様に実施予定・コミュニティづくり推進協議会総会及び各部会を5月に開催
    ・アグリパーク花壇への植栽及び役場にプランターを設置
    ・あいさつ運動は9月、ウォーキング講座は11月、コミュニティ祭りは、2月に実施
    1-53.なかよし広場学校教育課年間15回(延べ参加人数 860人)で実施していきます。年間15回(延べ参加人数 860人)で実施年間15回延べ参加人数614人で子育て相談を実施
    2-11.健康相談保健センター母子健康手帳交付時の保健師との面接を実施していきます。保健センター(随時)要望のある地域にて継続実施していきます。 母子健康手帳交付時に保健師との面接を実施
    保健センター 随時実施
    西公民館   隔月実施
    母子健康手帳交付時に保健師との面接を実施
    保健センター(随時)
    西公民館(年6回)
    妊産婦 延280人
    乳幼児 延990人(電話相談含む)
    2-12.ママパパ教室保健センター平日クラス年4回(1コース5日間)で実施していきます。日曜クラス年4回で実施していきます。
    年4回で実施していきます。
    平日クラス 
      年4回実施

    日曜クラス 
      年4回実施
    平日クラス 年4回実施
    日曜クラス 年4回実施
    2-13.訪問指導保健センター希望者及びフォロー児等に随時実施していきます。乳幼児健診未受診児の全数把握していきます。新生児訪問 妊産婦訪問
    乳幼児訪問(未受診児他)
    新生児訪問・乳幼児訪問
       (未受診児他) 80人

    妊産婦訪問 50人
    2-14.乳幼児健康診査(再掲)保健センター各健診ともに受診率の向上と未受診児の全数把握していきます。
    9~10か月児健診時パンフレットの全数配布していきます。
    各健診
       月1回実施
    各健診月1回
    受診率 
    3~4か月児  98.5%
    9~10か月児 98.0%
    1歳6か月児  98.3%
    3歳児     90.0%
    9~10か月児健診において事故防止に関するパンフレットを配布
    2-15.予防接種保健センター各予防接種の接種率の向上に努めます。各予防接種の接種率の向上に努め実施集団接種(接種率)
    ポリオ 95.9%

    二種混合2期(小学生)
               90.2%
    ツベルクリン (法改正により廃止)

    BCG 95.4%


    個別接種(接種率)
    日本脳炎1期初回(幼児)
            29.1% 休止

    日本脳炎1期追加(幼児)
            16.9% 休止

    日本脳炎2期(小学生)
            20.6% 休止

    日本脳炎2期(中学生)
            66.8% 休止

    風しん(経過措置) 経過措置終了

    風しん(幼児) 105.0%

    麻しん       98.0%

    三種混合1期初回 74.5%
    2-16.児童福祉対策事業(再掲)福祉課児童虐待の発生予防の観点を重点的に踏まえ、体制の充実に努めていきます。要保護児童地域協議会の設置し体制の強化要保護児童地域協議会を設置し、代表者会議、実務者会議、個別ケース会議を開催
    2-21.食育の推進学校教育課給食の時間、家庭科の時間における指導、栄養教諭(仮称)と学級担任による授業等で実施していきます。給食の時間、家庭科の時間における指導を通して食育を推進給食の時間、家庭科の時間における指導を通して食育を実施
    2-22.ママパパ教室保健センター年4回で実施していきます。年4回年4回
    2-23.離乳食教室保健センター継続実施していきます。年6回年4回
    2-24.栄養相談保健センター月1回で実施していきます。年12回年12回
    2-25.地産地消の推進保健センター今後導入を検討していきます。アグリパークで地域食材を販売して地産地消を推進
    (産業課)
    杉戸産の米を使ってPRを実施
    産業課地産地消の推進(産業課)
    2-31.性教育の推進学校教育課保健、特別活動を実施していきます。保健体育、特別活動の時間を通して性教育を推進保健体育、特別活動の時間を通して性教育を実施している。
    2-32.健康教育保健センター保健センター(随時)において実施していきます。学校関係からの要請(必要時)に応じて実施していきます。
    学校関係からの要請(必要時)に応じて実施していきます。
    学校関係からの要望に応じて実施「赤ちゃんの発達について」 西小学校

    「喫煙と健康について」 杉戸中学校
    2-33.薬物乱用防止教育の推進学校教育課保健、特別活動を実施していきます。保健体育、特別活動の時間を通して性教育を推進保健体育、特別活動の時間を通して性教育を実施
    2-41.乳幼児医療費町民課入・通院対象年齢を就学前までを目指します。また、100%の登録をめざします。登録率100%を目指す平成18年度から通院対象年齢を就学前まで拡大
    対象者登録100%
    2-42.小児救急医療保健センター継続実施していきます。東部第一地区病院群輪番制運営事業(3市9町)による小児救急医療支援事業(二次救急)の実施

    3病院にて、休日の昼間と毎日の夜間実施
    東部第一地区病院群輪番制運営事業(3市9町)による小児救急医療支援事業(二次救急)の実施

    3病院にて、休日の昼間と毎日の夜間実施
    2-43.小児休日診療保健センター継続実施していきます。杉戸町・幸手市両医師会協力のもと、休日診療の実施

    9医療機関で12月~3月実施、日曜・祝祭日(1月1日・2日・3日は除く)各午前
    杉戸町・幸手市両医師会協力のもと、休日診療の実施

    9医療機関で12月~3月実施、日曜・祝祭日(1月1日・2日・3日は除く)各午前
    3-11.次代の親の育成推進社会教育課学習機会の提供人権・女性政策担当と連携し、学習機会の場を提供
    (生涯学習準備室)
    生涯学習まちづくり出前講習会「まなびっちゃすぎと塾」にて実施
    人権・女性政策担当情報紙を発行
    年2回の発行で実施していきます。
    昨年度と同様(年1回)に実施予定。(人権・女性政策担当)情報紙G・F(ジェンダーフリー)平成18年3月発行予定
    3-12.ママパパ教室(再掲)保健センター平日クラス年4回(1コース5日間)を実施していきます。
    日曜クラス年4回で実施していきます。
    平日クラス 
      年4回実施
    日曜クラス 
      年4回実施
    平日クラス 年4回実施
    日曜クラス 年4回実施
    3-13.幼児とのふれあい機会の設定学校教育課家庭科・特別活動を実施していきます。中学生社会体験チャレンジ事業において、幼稚園や保育園等で幼児とのふれあいの機会の設定中学生社会体験チャレンジ事業において、幼稚園や保育園等で幼児とのふれあいを実施
    3-14.すぎの子憲章の啓発福祉課すぎの子憲章を啓発する事業を実施していきます。すぎの子意見発表会の実施「こどもまつり」(5月14日(土)開催)
    「いきいきまつり」(10月16日(日)開催)にて「すぎの子意見発表会」を開催
    3-21.子どもの個性を認め、よさを生かす教育活動の充実学校教育課指導方法の工夫、少人数指導の実施、研究委嘱を充実させていきます。指導方法の工夫・改善、少人数指導の実施、研究委嘱等を通して充実すべての学校で指導方法の工夫・改善、少人数指導を実施
    3-22.豊かな心を育てる教育の推進学校教育課道徳の授業、社会体験チャレンジ事業、5つのふれあいを実施していきます。道徳の授業、体験を通した活動等の充実道徳の授業、体験活動を通し豊かな心を育てる取組を実施
    3-23.体力づくりの推進学校教育課体育の授業、体育的行事を実施していきます。新体力テストにおいて埼玉県体力標準値が超えられるよう努力埼玉県体力標準値を超えた種目もある。
    3-24.地域に信頼された開かれた学校づくり学校教育課特色ある学校づくり、学校評価の実施、外部評価を実施していきます。特色ある学校づくり、学校評価の実施、外部評価を実施各校による特色ある学校づくりの取り組み。学校評価の実施
    3-25.時代のニーズに対応する教育に関する研究の推進学校教育課年1回実施を実施していきます。年1回の実施杉戸小学校に研究委嘱をし、1月20日(金)に66名の参観者を集め研究発表会を実施
    3-26.施設・設備の充実教育総務課耐震化率90%を目指し、建築後20年以上経過した建物の老朽化に伴う改修及び耐震補強等整備に努めていきます。杉戸小学校の調査調査に向けて協議を実施し、来年度調査を実施
    3-27.就学前教育の充実幼保一元化推進室幼児教育、保育の質的向上と子育て支援を推進していきます。幼児教育、保育の質的向上と子育て支援を推進幼稚園、保育園職員の研修会を7月、12月に実施
    3-31.教育相談、障がい児就学支援委員会学校教育課各小・中学校、教育相談所で対応していきます。障害児就学指導委員会を開催していきます。さわやか相談室、教育相談所等で連携し対応する。障害児就学指導委員会を開催さわやか相談室、教育相談所等との連携で教育相談の実施
    3-32.気軽に相談できる体制・ネットワーク整備福祉課相談体制のネットワーク化を図り効果的な相談体制づくりを進めていきます。子育て相談ダイヤル(保育園、児童館)
    ひとり親家庭等の相談(福祉課、福祉保健総合センター等)
    民間施設(子育てアドバイザー)
    子育て相談について周知を図るため、利用案内を作成し配付
    子育て相談ダイヤル(保育園、児童館)
    ひとり親家庭等の相談(福祉課、福祉保健総合センター等)
    民間施設(子育てアドバイザー)
    3-33.国体記念運動広場整備社会教育課利用団体数の拡充を図ります。利用者増加を図るグラウンド開放運営委員会を設立
    3-34.指導者・母集団研修社会教育課年1回参加人数50人で実施していきます。参加者の増加を図る7月3日に48名の参加で実施
    3-35.学校施設開放社会教育課利用団体数 80団体で実施していきます。利用者増加を図る平成17年度 72団体登録
    3-36.小学生国内交流事業、中学生海外交流事業学校教育課国内交流…富岡町派遣・杉戸町受け入れを実施していきます。
    海外交流…15人派遣・受け入れを実施していきます。
    昨年度同様に実施海外交流・・・15人派遣、18人受け入れ
    国内交流・・・12名の児童を受け入れ
    3-37.市民緑地の設置都市整備課下野の町有地をモデル事業として整備(約3,300㎡) していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    3-38.上下流交流植林産業課森林整備の推進、森林資源の有効活用、上下流交流の推進及び啓発活動を実施していきます。樹木の植栽、樹木名版の設置、ベンチの設置等の整備神泉村、埼玉県農林公社、杉戸町で契約締結
    3-39.あいさつ呼びかけ運動住民参加推進課小中学校 年1回で実施していきます。昨年度と同様に9月に実施予定各小中学校PTA等と共催で9月に実施
    3-310.空き缶・空き瓶拾い事業住民参加推進課町内全域一斉 年1回で実施していきます。昨年度と同様に12月に実施予定地元区長の協力により12月に実施
    3-41.青少年育成推進員悪書回収事業福祉課埼玉県青少年健全育成条例の啓発、悪書回収事業を実施していきます埼玉県青少年健全育成条例の啓発
    悪書回収事業は、テロ対策のため休止中
    青少年育成推進員によるレンタルビデオ店等を訪問し、埼玉県青少年健全育成条例の啓発を実施
    4-11.住宅管理事業建築課75戸を維持管理していきます。 適切に維持管理の実施継続して維持管理を実施
    4-12.住宅管理事務(町営住宅申告登録制度)建築課町営住宅の優先登録制度を継続していきます。昨年度同様、申告登録制度により母子世帯等を優先的に登録7月号町広報紙に掲載
    4-13.住宅確保に資する情報提供住民参加推進課広報紙において子育て世帯向き住宅情報を提供していきます。町営住宅について、子育て世帯に有益な情報が発生次第、広報紙において情報提供予定(住民参加推進課)7月号町広報紙に掲載(町営住宅)
    4-21.市街地再開発事業都市整備課東武動物公園駅東口通り線の再開発事業を検討していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    4-22.建築確認審査業務建築課建築確認申請において随時チェックしていきます。建築確認申請における審査において随時チェック建築確認申請における審査において随時チェック
    4-23.生垣設置奨励補助金建築課一定の要件に合致した生垣について補助金を交付していきます。一定の要件に合致した生垣の設置について補助金を交付一定の要件に合致した生垣の設置について補助金を交付
    4-31.人にやさしい道づくりの推進道路河川課継続的に実施していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    4-32.幹線道路の整備道路河川課継続的に実施していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    4-33.車止め及び道路標識等の設置住民参加推進課継続的に実施していきます。現地調査を実施予定現地調査実施済
    4-34.東武動物公園駅東口通り線整備事業(第Ⅰ・Ⅱ期分)都市整備課第Ⅲ期分の歩道幅員は4.5mで整備していきます。財政事情により休止財政事情により休止
    4-41.公共施設トイレのバリアフリ―推進福祉課施設の新設・増改築に合わせて実施します。施設の新設・増改築に合わせて実施するよう啓発を実施(仮称)生涯学習センターにて実施
    4-42.公共施設ユニバーサルデザイン化の推進教育総務課埼玉県福祉のまちづくり条例整備基準を満たす施設整備を推進していきます。
    継続的に実施していきます。
    杉戸小学校施設の調査(教育総務課)

    調査終了(教育総務課)
    道路河川課継続的に実施していきます。財政事情により休止(道路河川課)財政事情により休止(道路河川課)
    生涯学習施設建設準備室(仮称)生涯学習センターにおいて実施します。(仮称)生涯学習センターの建設において実施(生涯学習施設建設準備室)(仮称)生涯学習センターの建設において実施
    (生涯学習施設建設準備室)
    都市整備課継続的に実施していきます。財政事情により休止(都市整備課)財政事情により休止(都市整備課)
    4-43.東武動物公園駅東口通り線整備事業・南側整備事業都市整備課継続して歩道のバリアフリー化に努めます。財政事情により休止財政事情により休止
    4-44.都市公園管理事業都市整備課設置トイレの適切な維持管理に努めます。既存トイレの適切な維持管理(都市整備課)トイレ維持管理の実施(都市整備課)
    産業課施設維持管理に努める(産業課)都市整備課に協力(産業課)
    4-45.ガイドマップの作成住民参加推進課継続的に実施していきます。18年度作成に向け内容等を検討18年度作成に向け検討中
    4-46.すくすくマップ作成、配付保健センター関係各課と協議のうえ継続的に実施していきます。すくすくマップ(子育て情報マップ)を母子手帳交付時と転入者に配布すくすくマップ(子育て情報マップ)を転入者に配布
    4-51.防犯灯の設置住民参加推進課3,400基まで整備します。昨年度と同様に実施予定防犯灯 3529基設置
    4-52.都市公園管理事業都市整備課園内灯の機能を損なわないよう樹木の剪定を行っていきます。園内灯の機能を損なわないように樹木の選定を実施樹木剪定の実施
    4-53.人にやさしい道づくりの推進住民参加推進課継続的に実施していきます。
    道路照明灯の維持管理道路照明灯の維持管理・・・355基
    道路河川課放置自転車が無くなるまで継続的に実施していきます。継続的に実施(道路河川課)立哨指導により放置自転車が減少(道路河川課)
    5-11.他課・局との連携産業課未就業者の雇用の促進を図ります。雇用促進のための情報提供雇用情報の提供
    5-12.男女共同参画講座人権・女性政策担当隔年実施していきます。事業所に対する講座を開催していきます。男女共同参画講座を開催予定
    (全4回)
    女性のための年金講座 全3回 延べ39人参加(住民対象)
    男女共同参画職員研修会(平成18年2月15日開催)
    5-13.職員研修事業総務課職場のコミュニケーション(セクハラ対応)研修 
    年1回実施 30人、延べ参加者数 150人で実施していきます。
    対象・主査職 30名主査職  26名参加
    5-21.ファミリー・サポート事業(再掲)福祉課会員の拡大に取り組みます。(特に提供会員)会員の拡大に取り組む
    ・依頼会員140人
    ・提供会員 50人
    ・両方会員 20人 合計210人
    ファミリー・サポート・センターの周知を図るため、利用案内を作成し配付
    また、保健センターの乳幼児健診時にPR活動を実施
    平成18年3月末の会員数見込み
    ・依頼会員 140人
    ・提供会員  46人
    ・両方会員  14人  合計200人
    5-22.放課後児童健全育成事業(再掲)福祉課すべての小学校への施設設置と4年生まで拡充します。その後、全学年の受け入れ体制を検討します。放課後児童クラブ(学童保育所)公設公営5か所1年生から3年生まで実施
    今年度泉児館内の泉学童保育所を泉小余裕教室へ移転 
    泉放課後児童クラブの泉小学校余裕教室へ移転 
    5-23.保育園(延長・休日)(再掲)福祉課全保育園のうち1か所について、午後8時までの延長保育を検討します。
    1か所 定員10人で実施を検討します。
    延長保育全保育園で午前7時から午後7時まで実施
    休日保育 未実施
    ・延長保育全保育園で午前7時から午後7時まで実施
    ・11月号町広報紙に保育園の入所案内とあわせ開所時間を掲載
    ・休日保育について調査・検討中
    5-24.病後児保育(再掲)福祉課定員を1日6人まで拡充を検討します。民間医療機関に委託して実施1日定員4人、定員増について、委託先と調査・検討病後児保育室「とんことり」の周知を図るため、利用案内を作成し配付            
    民間医療機関と増員に向けて調整中
    5-25.広報・啓発、情報提供福祉課広報・啓発、情報提供を整備し、積極的に推進します。広報紙で不定期に掲載し情報提供病後児保育室「とんことり」、一時的保育事業、ファミリー・サポート・センター事業、子育て相談の窓口等の周知を図るため、利用案内を作成し配付
    11月号町広報紙に保育園、放課後児童クラブの入所案内を掲載
    6-11.交通安全教室住民参加推進課継続的に実施していきます。昨年度と同様に実施予定交通指導員による安全教室を実施中
    6-12.交通安全教育の推進福祉課園児及び保護者の意識啓発を推進していきます。交通安全指導の推進杉戸警察署の指導により各保育園にて実施
    6-13.広報紙の活用住民参加推進課継続的に実施していきます。交通安全について、広報紙及びホームページにて情報提供交通安全について、広報紙、ホームページに掲載
    6-14.チャイルドシート等の再利用活動住民参加推進課調査研究を進めていきます。昨年度と同様に調査・研究を実施予定社会福祉協議会からの情報提供等
    6-21.防犯協議会及び暴力排除推進協議会事業住民参加推進課継続的に実施していきます。昨年度と同様に実施予定防犯推進員による定期パトロールを実施中                    防犯協議会・暴力排除推進協議会に町補助金を交付し、各団体による防犯対策会議を開催
    6-22.インターネット及び防災無線の活用住民参加推進課継続的に実施していきます。随時掲載予定警察が自主防犯対策の参考にしてもらおうと随時発行する「ふるとね瓦版」の町ホームページ掲載について、杉戸警察署と協議済み
    6-23.児童福祉対策事業(再掲)福祉課児童虐待の発生予防の観点を重点的に踏まえ、体制の充実に努めていきます。要保護児童地域協議会の設置し体制の強化要保護児童地域協議会を設置
    代表者会議、実務者会議、個別ケース会議を開催
    6-24.青少年非行防止パトロール福祉課夏休み期間中の夏祭りや流灯まつりにパトロールを実施していきます。パトロール回数の増やしていきます。夏休み期間中の夏祭りや流灯まつりにパトロールの実施夏祭り及び流灯まつり開催時に青少年育成推進員によるパトロールを実施
    6-25.児童生徒等の健康安全学校教育課2年間の委嘱期間を更新し、継続していきます。杉戸町ホッとハウスに373名を委嘱本年度末で委嘱期間が切れるため、次年度からの2年間の委嘱に向けて準備を進めている
    6-31.一人ひとりの子どもに応じた学校教育相談活動の推進学校教育課各小・中学校で随時実施していきます。スクールカウンセラーの活用を図ります。全中学に配置したスクールカウンセラーの活用を図り、教育相談活動を推進全中学に配置したスクールカウンセラーの活用を図り、教育相談活動を推進している
    6-32.杉戸町・宮代町犯罪被害者支援推進協議会福祉課杉戸町・宮代町犯罪被害者支援推進協議会の体制を強化していきます。被害者支援の情報交換・調査研究・広報活動等の実施支援対象者への付添い及び教示・助言をし、被害者対策に関するPRの実施
    6-33.保育園の対応福祉課被害者のニーズに即した専門知識の習得を進めていきます。必要に応じ面接・助言問題行動のある児童に対する全体研修会の開催及び児童虐待防止等の研修会に参加
    6-34.児童虐待防止ネットワーク会議福祉課関係機関との連携と相互協力を進めていきます。要保護児童地域協議会の設置し体制の強化要保護児童地域協議会を設置し、体制を強化
    7-11.児童福祉対策事業福祉課専任の職員若しくはケースワーカーを配置し、発生予防、虐待の早期発見、早期対応、保護支援など総合的な取り組みができる組織体制について検討していきます。要保護児童地域協議会の設置及び職員1名増福祉課児童福祉担当に1名職員を増員し、要保護児童地域協議会を設置
    7-12.児童虐待防止ネットワーク福祉課体制の強化を図ります。要保護児童地域協議会の設置及び職員1名増福祉課児童福祉担当に1名職員を増員し、要保護児童地域協議会を設置
    7-13.相談体制の充実保健センター各種相談事業の拡充を図ります。各事業において実施母と子のつどい(愛育会)
    心理相談 34回
    言語相談 34回
    各乳幼児健診時個別相談健診時に実施
    7-21.児童扶養手当事務取扱事業福祉課広報紙やホームページ等で周知を行い、該当者の制度利用を推進していきます。広報紙やホームページ等で周知5月号町広報紙やホームページ等で周知
    7-22.母子家庭等就業・自立支援センター事業/教育訓練給付金/高等技能訓練促進費福祉課広報紙やホームページ等で周知を行い、該当者の制度利用を推進していきます。広報紙やホームページ等で周知児童扶養手当の資格証送付時にパンレットを該当者に送付。5月号広報紙やホームページ等で周知
    7-23.母子及び寡婦福祉資金貸付制度/ひとり親家庭児童就学支度金支給制度福祉課広報紙やホームページ等で周知を行い、該当者の制度利用を推進していきます。広報紙やホームページ等で周知11月号町広報紙にて周知、また該当者に個別通知を実施
    7-24.母子家庭等就業・自立支援センター事業(再掲)福祉課広報紙やホームページ等で制度の周知を行います。相談を受けた場合は関係機関と連携をとり適切な機関に相談を指導していきます。広報紙やホームページ等で周知児童扶養手当の資格証送付時にパンレットを該当者に送付
    5月号町広報紙やホームページ等で周知
    7-25.商工会、ハローワーク等との連携産業課未就業者の雇用を促進していきます。雇用促進のための情報提供を行う。雇用情報の提供
    7-26.女性相談窓口人権・女性政策担当月2回の相談 1日5枠の相談(午前・午後)を実施していきます。昨年度と同様(月1回・3枠)に実施予定。相談件数の増加に応じて相談日の増設を検討月1回・3枠(毎月第3水曜日 13時~16時)実施
    7-31.乳幼児健康診査(再掲)保健センター各健診ともに受診率の向上と未受診児の全数把握を図り、受診率の向上に努めます。各健診月1回実施各健診月1回
    受診率 
    3~4か月児  98.5%
    9~10か月児 98.0%
    1歳6か月児  98.3%
    3歳児     90.0%
    7-32.乳幼児健全発達支援相談指導事業(再掲)保健センター<個別相談>
    ・言語相談年42回
    ・療育相談年12回
    ・心理相談年36回
    <集団指導>
    ・ラッコ教室年3回(1コース5日間)
    ・杉の子教室年3回(1コース6日間)
    <親の会>継続して実施していきます。
    (個別相談)
    言語相談 
     年42回実施

    療育相談 
     年12回実施

    心理相談 
     年36回実施

    (集団指導)
    ラッコ教室  
         年3回

    杉の子教室        年3回

    (親の会)  
      年5回実施
    (個別相談)
    言語相談 年42回実施 

    療育相談 年12回実施 

    心理相談 年36回実施 

    (集団指導)
    ラッコ教室  年3回 

    杉の子教室  年3回 

    (親の会)  年5回
    7-33.障害児デイサービス事業福祉課利用者5人で実施していきます。利用者拡大に努む該当児に対し周知したがデイサービスの利用はなく、生活サポート等の別のサービスを利用
    7-34.放課後児童健全育成事業福祉課専門機関との連携を図り受け入れ体制の拡充を図ります。専門機関との連携を図り受け入れ体制の拡充障がい児2名入所、加配職員配置し対応
    7-35.保育所管理運営事業福祉課保健センターや専門機関との連携を図り受け入れ体制の拡充を図ります。保健センターや専門機関との連携を図り受け入れ体制の拡充障がい児2名入所、加配職員配置し対応
           
    ※平成17年度実施計画達成度について
    1)各課の平成17年度実施計画に対する達成度(単年度)を評価した。
    2)達成度は以下の区分により評価した。
    平成17年度の単年度達成度
    A・・・80%~100% 93
    B・・・60%~80%未満17
    C・・・40%~60%未満12
    D・・・20%~40%未満1
    E・・・ 0%~20%未満12
    (評価総数)135
    更新日:2013年08月09日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ