Multilingual
背景色
文字サイズ
任意的公開制度及び手続きについて
 実施機関が保有する情報の公開を請求したいと考えるのは町民に限られるものではないことから、請求者以外の方、又は平成11年4月1日以前に作成、又は取得したものについても、実施機関はこれに対して誠意をもって応えるよう実施機関の努力義務を定めています。なお、任意的公開は申出であるため請求と違い行政不服審査法に基づく不服申立はできません。 
 
■申出の受付窓口
 申出されるときは、所定の申出書を総務課議会法務文書担当まで提出してください。郵送やFAXによる請求もできます。

■申出に対する決定
 実施機関は、請求を受けた日から15日以内に決定し速やかに通知します。ただし、やむを得ない理由によりこの期間内に決定できないときは、期間の延長をすることがあります。

■公開方法と費用
 決定通知に記載されている指定日時・場所において、閲覧、視聴又は写しの交付を行います。なお、閲覧・視聴については無料ですが、写しの交付や郵送を希望されるときは、その実費を負担していただきます。(写しはA3まで1枚10円です)
 
◆様式ダウンロード(PDFファイル)

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」のインストールが必要です。
「Adobe Reader」のダウンロードページへ
Adobe Readerのダウンロードページへ


公文書任意的公開申出書【様式第6号(第9条関係)】(PDFファイル 25.9KB)

音声ファイル:再生する
更新日:2015年10月05日
担当:総務課 議会法務担当
電話(内線):0480-33-1111(内線214・215)

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ