Multilingual
背景色
文字サイズ
会議録(平成25年2月12日)
 

会  議  録

審議会名

杉戸町情報公開・個人情報保護審議会

開催日時

平成25年2月12日(火)午後3:15~3:40

開催場所

杉戸町役場 本庁舎3階第1会議室

会議の議題

・埼玉東部消防組合への住民票(本籍記載の無いもの)の外部提供について

公開・非公開の別

公開 ・ 非公開(公開の場合傍聴者数   1人)

(非公開の場合理由)

出席委員氏名

・飯塚  肇 ・稲葉 光男 ・木村 幸市 ・城野 正隆 

・川田 妙悦 ・遠山 幸宏 ・三谷 佳子 ・永松美智子

審議の概要

1 審議事項

・埼玉東部消防組合への住民票(本籍記載の無いもの)の外部提供について

2 主な意見(質問)

問題なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 審議結果

 審議事項について、了承された。








杉戸町情報公開・個人情報保護審議会会議録


1 日 時  平成25年2月12日(火) 午後3時15分から午後3時40分まで


2 場 所  杉戸町役場本庁舎3階第1会議室


3 出席者  飯塚委員、稲葉委員、木村委員、城野委員、川田委員、遠山委員、三谷委員、永松委員


4 傍聴人  1人


5 概要

  (1)開 会

(2)あいさつ

  (3)会議録署名人の指名

     遠山委員、城野委員


6 議 事

・埼玉東部消防組合への住民票(本籍記載の無いもの)の外部提供につい
  て

 

  <町民課の説明>

    個人情報保護条例に関する諮問事項につきまして、ご説明申し上げま
   す。

現在、杉戸町消防本部では、火災等が発生した場合、住民基本台帳の世帯情報等を確認し、緊急事態に対応しているところでございます。

しかし、消防事務の広域化によりまして、本年4月1日から埼玉東部消防組合が新たに設置されることとなっており、この組織の変更に伴いまして組合化されることとなり、全住民リストの使用については外部提供となる事から、諮問をさせていただくものでございます。

「1.諮問事項」でございますが、消防緊急通信指令業務に関する個人情報の外部提供でございます。

「2.個人情報保護条例」として、目的外利用又は外部提供の制限ということで、第9条第2項第4号に該当するものでございます。

「3.諮問の理由」についてでございますが、現状では火災などの発生に際しては、住民基本台帳により世帯情報等を確認し、迅速かつ適切な対応ができるようしているところでございます。

    しかしながら、4月1日からの消防広域化によりまして、4市2町、加須市・久喜市・幸手市・白岡市・宮代町・杉戸町で構成される埼玉東部消防組合が設置されます。この組織変更によりまして、実施機関以外の組織となることから、全住民リストの使用については外部提供となり、諮問するものでございます。

    「4.外部提供の必要性」でございますが、消防緊急通信指令システムに住民基本台帳データを取り込むことによりまして、緊急通報時おける対応の正確性及び迅速化を促進し、火災等から住民の生命、身体及び財産を保護するとともに、被害の軽減と救命率の向上を図るものでございます。

「5.外部提供先及び提供する個人情報」についてでございますが、(1)として提供先につきましては埼玉東部消防組合。これは久喜市になります。(2)として提供する個人情報でございますが、住所・氏名・世帯主名・性別・生年月日・続柄でございます。

この実施じきでございますが、組合化に伴います関係から平成25年41日からとなるものでございます。

 

<会長>

  ただ今、担当の方から説明がありましたが、ご質問等ございますでしょうか。

  <委員>

    今回、新たに4月1日から埼玉東部消防組合が設立されるということですが、現在3月末までの今の状況と広域化について詳しいことまで説明していただけますか?

 

  <町民課>

    3月末までの情報提供についてでございますが、紙ベースで住基情報のリストを消防本部に提供しています。現時点では、消防本部も実施機関、杉戸町内部の機関であり、外部ではございませんので、現時点は年1回の情報提供しております。消防事務組合になってからは、年4回の情報提供を行います。

 

  <消防本部>

消防広域化につきましては、平成28年5月1日より消防無線のデジタル化に移行されることになっております。このデジタル化と消防指令センターの共同化が推し進められるため、4市2町と昨年度までは、羽生市・蓮田市も一緒に進めてきましたが、2市が脱退したため、4市2町で構成されることになりました。指令センターのデジタル化を平成28年度までに行わないと今のアナログ無線が使えなくなるため、デジタル無線に移行するにあたりまして、費用等を考えた場合に広域や統合が必要だということで推し進められてきました。

今回、平成25年41日より埼玉東部消防組合となります。


  <会長>

    はい、今の説明いかがですか。関連してご質問ございますか。

    私から伺います。今度、埼玉東部消防組合という組織が今年の41日から新たに発足しますが、この組合は、どういった性格の組織になるのでしょうか。

 

  <消防本部>

    4市2町で事務を共同処理いたします。地方自治法に規定された一部事務組合であり、特別地方公共団体となります。

 

<会長>

    そうしますと、各4市2町の今まである消防本部は無くなってしまうわけですか。


 <消防本部>

    解散という形になります。

 

  <会長>

    全部の機能がこちらの組合に集約されるわけですね。

 

 <消防本部>

    そうです。

 

  <会長>

    他に何かご質問ございますでしょうか。

 

  <委員>

    各地域の消防署員は、今までどおりなのでしょうか。

 

 <消防本部>

    消防職員につきましては、現在の活動隊、消防活動や救急活動のような現場で活動する人数には変更はありません。

    消防本部の事務系の者については、久喜市にできます消防局の本部に数名異動する予定です。

 

  <会長>

    他には、ご質問はございますでしょうか。

 

  <委員>

    119番通報は、久喜の方で受け付けるようになるのでしょうか。

 

 <消防本部>

    平成26年度末で杉戸町の指令室の指令業務は終了いたします。平成25・26年度につきましては、まだ指令センターのシステムが構築できませんので、今現在の杉戸町で受付業務を継続いたします。

 

  <会長>

    他には、ご質問はございますでしょうか。

    今後の情報管理はどこが、どのように管理するのでしょうか。

 

  <消防本部>

    現在の消防本部では、指令室で一括管理しております。管理状況については、施錠を行い、必要な時意外は情報を出さないように管理しています。

    今後につきましては、久喜に新しくできます指令センターの方で、一括管理をいたします。

 

   <会長>

    管理についてご報告いただきました。

その他には、何かご質問はございますでしょうか。

 

 <委員>

    消防団への指示その他は、しばらく現状のまま杉戸消防署の方から行くのですか。

 

   <消防本部>

    消防団への要請は、新しい指令センターができるまでは、今までどおりに行政無線でやる予定でおります。平成27年度以降は、指令センターから一括で指示ができるか、現在検討中です。

 

  <会長>

特にご質問がなければ質疑を終了させていただきます。

委員の皆様からこの件に関してご意見ございますか。

    それでは、諮問のとおり異議が無いということでよろしいですか。

 

  <委員全員> 

    はい。

 

  <会長>

 全員からの承認いただきました。ありがとうございました。

  

7 その他

  なし


8 閉 会

音声ファイル:再生する
更新日:2014年04月29日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ