Multilingual
背景色
文字サイズ
ペットボトルはつぶしてから出しましょう
ペットボトルはつぶしてから出しましょう 

 暑い夏を迎え、ペットボトル飲料等の消費とともにペットボトル(資源ごみ)の排出も大変多くなってきています。各ごみ集積所では、ペットボトルの増加により回収用のネット袋が足らなくなったりしています。
 
ペットボトルを排出するときは、つぶしてから出しましょう。
 
つぶすことでたくさんのペットボトルが運べます。
 
皆さんのご協力をお願いいたします。PETマーク

ペットボトルは、このペットマークがついている飲料等のペットボトルです。
◎ジュース・お茶・スポーツドリンク・酒・みりん・しょうゆなど。(たばこの吸い殻、飲み残しなど中身が入っているものは回収できません。)

 出し方
・ペットボトルは、キャップ・ラベルをとって、中は軽くすすいでくださ
 い。(キャップとラベルは、「その他プラ」として出してください。)
・つぶしてください。(つぶすことでたくさんのペットボトルが運べます。)
・集積所の緑のネット袋にペットボトルだけ入れてください。 

◎ごみの分別方法は、こちら をクリックしてください。

 
                    担当:環境課廃棄物資源担当
                    電話:38-0401 
  
更新日:2014年07月02日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ