Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    法人町民税法人税割の税率が変わります

     平成26年度税制改正により、地域間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るため、法人住民税法人税割の一部が国税化され、その税収全額を地方交付税に原資化することになりました。
     この改正を踏まえ、杉戸町の法人町民税法人税割の税率を下記のとおり引き下げます。
     なお、改正後の税率は、平成26年10月1日以後に開始する事業年度から適用されます。また、今回の税率改正に伴い、予定申告に係る経過措置が設けられていますのでご注意ください


    法人町民税法人税割の税率

    平成26年9月30日までに
    開始した事業年度の税率
    平成26年10月1日以後に
    開始する事業年度の税率
    13.1%
    10.5%


    予定申告における経過措置

     
     平成26年10月1日以後に開始する最初の事業年度(または連結事業年度)
    予定申告に係る法人税割額は、次の算式で求めた金額になります。
    (均等割額については変更はございません)   ※均等割の税率についてはこちら

    平成26年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告
    法人税割額 = 前事業年度の法人税割額 × 4.7 ÷ 前事業年度の月数


    地方法人税(国税)の創設
     
     法人住民税の法人税割税率引き下げ分を地方交付税の財源とするため、税率引き下げ分を規模とする地方法人税(税率4.4%)が創設されます。地方法人税は国税であり、国(税務署)に申告納付を行います。
     地方法人税の詳細については管轄の税務署へお問い合わせください。





    更新日:2014年09月12日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ