Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    子どもを事故から守ろう
    子どもを事故から守りましょう。 

    日本では、1年間に0歳の子どもの4人に1人、1~4歳では3人に1人が病院へかかるような事故にあっています。
    また、事故により亡くなる子どもが、病気で亡くなる子どもよりも多いという状態が続いています。
    事故を経験した保護者の80%以上が、「少しの気配りをすることで、事故を防ぐことができた」とアンケートで回答しています。
    子どもの事故は、大人が少しの気配りをすることで未然に防ぐことができます。そのために、私たち大人が「事故防止の認識」を深めて、子どもたちを事故から守りましょう。  

    以下のリンク先およびPDFファイルで事故防止のリーフレット等を見ることができます。

    消費者庁国民生活センター
    「乳幼児(特に1歳以下)のボタン電池の誤飲に注意!」


    公益財団法人日本中毒情報センター
    「大変危険です。子どもの誤飲!!」
    更新日:2015年03月09日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ