Multilingual
背景色
文字サイズ
社会保障・税番号制度

社会保障・税番号制度(マイナンバー)について

重要なお知らせ
通知カード・個人番号カードのお知らせはこちらをご覧ください。
http://www.town.sugito.lg.jp/cms/page8759.html

マイナンバー制度に便乗した詐欺に注意してください。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/shinsen235.pdf

事業者の皆様はこちらをご覧ください。
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/corp/



 マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する 個人の情報が同一人の 情報であることを確認するために活用されるものです。
 マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する 社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。


 1つめは、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを 防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。(公平・公正な社会の実現)

 2つめは、添付書類の削減など、行政手続が簡素化さ れ、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。(国民 の利便性の向上)

 3つめは、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での 連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。(行政の効率化)


今後のスケジュールについて

平成27年10月から
 住民票を 有するすべての方に12桁の個人番号が付番された「通知カード」が郵送されます。

平成28年1月から
 希望者に「個人番号カード」の発行が開始されます。

平成29年1月から
 国の機関で情報の照会提供が始まります。

平成29年7月から
 地方自治体間での情報の照会提供が始まります。



制度の詳細について

制度の詳細については以下の内閣官房ホームページをご覧ください。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

番号制度の概要について
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/pdf/h2702_gaiyou_siryou.pdf

マイナちゃんのマイナンバー解説
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

音声ファイル:再生する
更新日:2015年11月23日
担当:総務課 情報統計担当
電話(内線):0480-33-1111(内線208)

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ