Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
よくある質問
◆杉戸町議会 自主解散へ◆
    杉戸町議会 自主解散へ
  
   ~埼玉県知事選挙と
同時選挙に向けて~

 杉戸町議会(議長:濵田章一【はまだしょういち】)は、6月9日(火)の全員協議会で、既に選挙日程が決定している埼玉県知事選挙(8月9日執行)に併せて、杉戸町議会議員一般選挙も執行できるよう「7月6日(月)付けで、杉戸町議会を自主解散し、同時選挙を行う」ことを協議した結果、全議員一致で確認しました。

1.概要
■杉戸町議会の考え
 
□杉戸町議会議員の任期満了日:平成27年9月10日(木)
 
□杉戸町議会議員一般選挙:平成27年8月30日(日)執行(5/12選管決定)
 上記、任期満了日を待たず、「地方公共団体の議会の解散に関する特例法」に基づき、議会を自主解散することにより、8月9日執行の埼玉県知事選挙と、杉戸町議会議員一般選挙が併せて執行できるようにするものです。

 
※選挙日程の決定の権限は、選挙管理委員会に属するものであり、
  議会の自主解散を受け、選挙管理委員会では改めて同時選挙と
  するため選挙日程を決定することとなります。

■自主解散のメリット
 杉戸町議会議員一般選挙と埼玉県知事選挙を同時選挙として執行することにより、町議選挙に係る選挙執行経費や議会費が節減できるとともに、投票者の利便性や、相乗効果による投票率アップにもつながることが見込まれます。
 
 ※節減額 約1,300万円
  
内訳)選挙執行経費:約1,300万円の内、約600万円が節減額
     
議会費(報酬・期末手当):約700万円が不用額

■今後の予定
 
□臨時会開会日:7月6日(月)午前11時~
 上記、臨時会を開催し、「解散に関する決議案」を審議、議決することにより、任期満了日を待たず、その日に「自主解散」となります。
 
 ※地方公共団体の議会の解散に関する特例法
  
第2条第2項…議員数の4分の3以上の者が出席し、
         その5分の4以上の者の同意
  
【現在の議員数14人(1人欠員)→11人以上の出席が必要】

  【14人出席→12人賛成、13人→11人、12人→10人、11人→9人】

※議会の自主解散を受け、選挙管理委員会では、改めて選挙管理委
 員会を開き、8月9日(日)に杉
戸町議会議員一般選挙を行うこ
 とを再度決定する。


2.コメント
■濵田章一(はまだしょういち)議長
 
任期満了前ではあるが、町民の皆さまの利便性等を考慮し、『自主解散』という英断を各議員が下しました。
 
理由のひとつに、最近の同時選挙の動き(※①)があることと、8月の暑い時期に2回投票するところを1回で済むことによる投票者の利便性への配慮、及びそれぞれの選挙の相乗効果による投票率アップにもつながることが期待されます。
 
また、4月から施行している議会基本条例では、更なる議会改革の推進や、豊かな杉戸町の実現に寄与すると規定してあります。私たち議員自らが、こういった議会改革を断行し、町民のためを想い行動しなければならないと考えています。

※①
H26.10.26 草加市長・市議会議員選挙(公選法第34条の290日特例)
H27.4.26 毛呂山町長・町議会議員選挙(解散特例法)
H27.5.31 蕨市長・市議会議員選挙(公選法第34条の290日特例)

H27.8.9 埼玉県知事選挙・小川町議会議員一般選挙(任期満了に因る選挙)

更新日:2015年06月09日

この情報はお役に立ちましたか?

  

返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


アクセスカウンタ