Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    申請書等への個人番号(マイナンバー)の記入について
     

     

    ~申請書等への個人番号(マイナンバー)の記入について~

     後期高齢者医療制度の手続きにおいて、個人番号を記載していただく際には、記載された個人番号が正しいことを確認できるものと、個人番号の持ち主であることを確認できるものをご提示ください。


    【窓口で提示していただくもの】

    1 被保険者本人が窓口で申請する場合

     

    (1)個人番号が確認できるもの


    個人番号カード、通知カード、住民票(個人番号付)の

    いずれか"1つ"をご提示ください。


    (2)身元確認ができるもの


    下記の書類では、"1つ"ご提示ください。

     ※官公署が発行した写真付きの身分証明書もしくは資格証明書

    個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳)、在留カード、特別永住者証明書 等

    下記の書類では、"2つ"ご提示ください。

     ※官公署が発行・発給した書類(氏名、生年月日又は住所が記載されているもの)

    公的医療保険の被保険者証(後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証 等)、年金手帳、年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書 等



    2 代理人が窓口で申請する場合


    •(1)代理権が確認できるもの


    代 理 人

    提 出 書 類

    法定代理人(成年後見人等)

    「登記事項証明書」の写し

    任意代理人

    委任状 


    •(2)代理人の身元確認ができるもの

     

    個人の場合

    「1の(2)身元確認ができるもの」をご参照ください。

    法人の場合

    ア・イ・ウのいずれか"1つ"をご提示ください。

    (アとイは、その写しでも可)

    ア.会社・法人の登記簿謄抄本又は登記事項証明書

    イ.法人事業届出済証明書(営業証明書、所在証明書)

    ウ.会社名、所在地、代表者が確認できる資料

    (会社の概要書Webサイトを印刷したもの 等)


    •(3)被保険者本人の個人番号が確認できるもの

      

    被保険者本人の個人番号カード、通知カード、住民票(個人番号付)の

    いずれか"1つ"(それぞれ写しでも可)をご提示ください。

      


    ○個人番号(マイナンバー)の記載が必要な主な手続き

      

    注)郵送による手続きの場合は、申請書等に個人番号を記入しないで

    ください。


    No.

    手 続 き の 内 容

    住所変更の届出(転出・転入・町内転居等)

    被保険者証の再交付申請

    障がい認定の資格を取得(喪失)する手続き

    基準収入額適用申請

    限度額適用・標準負担額減額認定の申請

    限度額適用・標準負担額減額認定証の再交付申請

    特定疾病認定の申請

    特定疾病療養受療証の再交付申請

    移送費の支給申請

    10

    食事・生活療養費差額支給申請


            

    更新日:2016年01月01日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ