Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    平成16年度一般会計上半期の状況一般会計
    平成16年度一般会計予算の4月1日から9月30日までの概要は、当初予算額が歳入・歳出それぞれ128億7千万円で、6月及び9月に1億3,600万円を増額補正し、9月末現在の予算額は、130億600万円となっています。前年度同期と比較すると、8億2,969万5千円(6.8%)の増加となっています。
     補正の主な内容は、歳入では、地方交付税8,282万1千円の減額、国・県支出金6,651万6千円、繰越金1億7,721万4千円の増額などです。
     歳出では、町内巡回バス運営費や統計経費などの総務費で283万7千円の減、保育所運営費や児童手当・各種医療費助成費などの民生費で6,740万5千円、環境センター管理費やリサイクル推進経費などの衛生費で3,858万3千円の減、道路維持補修費や道路改良事業費などの土木費で2,430万9千円の増、教育に関する教育費で3,100万5千円の増などを補正しました。



    平成16年度歳入の状況等(PDF 39KB)

    ●歳入の状況
    ●財産上半期の状況
    ●歳出の状況
    ●町債等借入金現在高上半期の状況
    ●町税収入及び町民の負担状況
    ●各特別会計上半期の状況
    ●町債借入金現在高

    ●基金現在高


    更新日:2007年09月20日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ