Multilingual
背景色
文字サイズ
新「とねっと」がはじまりました!

 「とねっと」は昨年度にシステム更新を行い、新「とねっと」として生まれ変わりました。

 また、新たに歯科医療機関、調剤薬局にも参加していただき、幅広い医療連携を行っていきます。

 

新たな機能改善項目

 

1.在宅医療介護連携への活用

往診医の先生が「とねっと」に登録されている情報の中から、介護に携わっている訪問看護師やケアマネジャー等が必要としている情報を在宅医療介護連携システム(MCS)へ書き込み、一方、MCSに書き込まれている内容を「とねっと」に取り込むことで、医療・介護の現場で多職種による連携が可能となり、より質の高い医療・介護サービスを受けることができます。

※MCSとは・・・在宅患者に関わる医師・歯科医師・薬剤師・看護師・ケアマネジャーなどの多職種がグループを作り、情報交換ができるコミュニケーションツールです。

 

2.中核病院とかかりつけ医との医療情報の双方向化

 これまでのシステムでは、東埼玉総合病院などの中核病院が登録した医療情報をかかりつけ医の先生が参照して治療に役立てる医療連携でしたが、これからは、かかりつけ医からも調剤薬局や検査会社を通じて医療情報を提供できるようになるため、中核病院とかかりつけ医の医療連携がさらに深まり、より安全な治療を受けることができます。

 

3.かかりつけ医カードのICチップ化

 カードをICチップ化することで、救急時に救急隊の「とねっと」システムへのアクセススピードがより速くなり、救急搬送時間が短縮されます。

 

4.健康記録機能の充実

 血圧や体重、血糖値などを「とねっと」健康記録に日々登録することで、医療機関を受診した際に、医師にその記録を見てもらい、アドバイスをいただくことができます。また、例えば旅先での体調不良の時、県外の救急医療機関を受診した際も自身のスマートフォンに登録内容を表示し、提示することでスムーズな治療を受けることができます。

 新健康記録URL:http://www.tonet.phrdb.jp/

 上記のほか、小児のアレルギー情報を「とねっと」へ登録しておくことで、救急時に救急隊がアレルギー情報を事前に搬送先の医療機関に伝達でき、迅速な救急搬送にも役立っております。

 

 新「とねっと」の概要