Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    高齢期の健康づくり
    フレイルを防いで健康長寿を目指しましょう

     「フレイル」ってなに?

      歳を重ね、気力や体力など心身の活力が低下した状態を「フレイル」といいます。

     食習慣や運動習慣、社会参加などによってフレイルを予防・改善できるかが、高齢期

     の健康づくりに大きく影響します。

     

     【フレイルの要因】

      フレイルが進行する要因として、高血圧や糖尿病などの「生活習慣病の重症化」や

     心身の機能(見る、聞く、食べる、動く、考える)の衰えがあります。

     

     【フレイルの予防】

      ◆社会参加・・・1日1回は外出して交流の場を増やす

              買い物、通院、散歩、ボランティアなどからだを動かす

      ◆食生活・・・ 体重の減少に注意する

              栄養バランスのよい食事をとる(1日3食しっかり食べる)

      ◆口腔ケア・・・口の中をきれいに保つ

              定期的な歯科健診

      ◆運動・・・  ウォーキング、足腰の筋肉をトレーニングできたえる

      ◆定期健診・・・年に1度は健診(体重、血圧の管理など)

      ◆適切な服薬・・・かかりつけの薬局で薬を管理、正しく使用

     

      「フレイル」を防いで、健康な日常生活をおくりましょう

     

      ***フレイルチェック***

      1.1年で体重が4~5Kg減った

      2.疲れやすくなった

      3.筋力や握力が低下した

      4.歩くのが遅くなった

      5.身体の活動量が減った

        あてはまる項目が多いほどフレイルが高まるため注意が必要です

     

     

     

    更新日:2018年05月30日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ