Multilingual
背景色
文字サイズ
新着トピックス
よくある質問
    配偶者控除および配偶者特別控除が改正されます

     平成29年度税制改正により配偶者控除および配偶者特別控除が見直され、次のとおり改正されることとなりました。                
                               
    改正が適用される時期                        
     平成30年分以降の所得に適用され、令和元年度の町県民税から適用になります。                  
                               
    改正内容                          
    1.配偶者控除について、納税義務者(扶養する人)に所得制限が設けられました。合計所得金額が900万円(給与収入のみの場合は給与収入が1,120万円)を超えると控除額が減少し、1,000万円(給与収入のみの場合は給与収入が1,220万円)を超えると控除適用外となります。                 
                             
    2.配偶者特別控除について、配偶者の合計所得金額の上限が123万円(給与収入のみの場合は給与収入が201万6千円未満)まで拡大され、それに合わせて控除額が変更されます。また、納税義務者の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超えると従来どおり控除適用外となります。
                    
     令和元年度以降の配偶者控除額及び配偶者特別控除額                 
                               

    注意点                         
    1.配偶者の町県民税について                        
     町県民税は個人の所得に応じて課税されるため、今回の改正に関わらず、従来どおり計算されます。このため、配偶者の合計所得金額が28万円(給与のみの場合は給与収入が93万円)を 超えると、配偶者自身にも町県民税が課税されることがあります。
                                           
    2.扶養の判定について                         
      配偶者の合計所得金額が38万円(給与収入のみの場合は給与収入が103万円)を超えると、税法 上の扶養人数には含まれなくなるため、以下の算定対象から外れることとなります。

     ・納税義務者の非課税判定の際に用いられる扶養人数
     ・配偶者が障がい者の場合の障害者控除
                
    ※納税義務者の合計所得金額が1,000万円超で配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合には、配偶者控除の適用はありませんが、「同一生計配偶者」として扶養の人数に含まれます。 また、その配偶者が障がい者である場合は、障害者控除の対象になります。  

             
    3.社会保険の扶
    養の判定基準について                      
     社会保険における被扶養者の認定等については、各健康保険組合に確認してください。

    音声ファイル:再生する
    更新日:2019年05月09日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ