Multilingual
背景色
文字サイズ
よくある質問
    都市公園内における使用禁止遊具の状況について

    1 経緯
     「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」(国土交通省)及び「遊具の安全に関する基準」((一社)日本公園施設業協会)に基づき実施した遊具点検にて、ハザードレベル3の遊具の存在を確認しました。
     平成31年4月1日付で、国土交通省 都市局 公園緑地・景観課長より「都市公園における安全確保について」が各都道府県及び指定都市 都市公園管理課担当部局長あてに通知され、使用不可と判定された遊具について適切な措置を迅速に講じること等の周知徹底がなされたため、以下の方針で対応します。

    2 対応方針
     ・ハザードレベル3の遊具については、速やかに使用禁止の措置を講じます。
     ・使用禁止後、修繕可能な遊具は順次修繕を行います。
     ・修繕不可能な遊具については、更新を含め対応を検討しております。

    【参考】
     ハザードとは
    ⇒子供の遊びに内在する危険性のうち、遊びの価値とは関係ないところで事故を発生させる恐れのある危険性、あるいは子供が予測できず、どのように対処すればよいかの判断が不可能な危険性のことです。例:基礎部分の不適切な露出、隙間、突起、接地面の凸凹、高低差など。

     ハザードレベル3とは
    ⇒遊具の点検結果によって判定されたハザードのレベルのうち、最も重い、生命にかかわる危険があるか、重度の障害あるいは恒久的な障害をもたらすハザードがある状態のことです。

     遊具の使用不可の判断について
    ⇒ハザードレベル3の遊具については、「公園施設の定期点検に関する規準」((一社)日本公園施設業協会)により使用不可とされています。

    【危険箇所の例】

    危険箇所の例

     

     

     



    (左/基礎コンクリートの露出箇所、右/頭や首が挟み込まれる恐れのある箇所)

    使用禁止遊具状況(PDF)【10月4日更新】
     ※一部遊具について修繕を完了しました。

    音声ファイル:再生する
    更新日:2019年10月04日

    この情報はお役に立ちましたか?

      

    返信が必要なご意見の場合は、別ページの「お問い合わせ相談窓口」からお願いします。


    アクセスカウンタ